映画:ゴールデンスランバー

「ゴールデンスランバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

サスペンス映画

映画「ゴールデンスランバー」の感想

ライターの感想

仙台が舞台の作品です。撮影は全て仙台市内で行われました。NHK大河ドラマ{真田丸」に主演する堺雅人が主人公、竹内結子がヒロインです。 宅配業のドライバー(堺雅人)は、首相のクルマを爆破し、暗殺したという無実の罪で警察に追われます。最後は、顔を整形してまで逃げ延びるといったストーリーです。 かつての「逃亡者」を思わせるような緊迫感のある作品です。2011年3月12日にテレビで地上波初放送される予定でしたが、前日の3月11日に東日本大震災が起こったため取りやめになりました。
  • ジャイ子さんの感想

    パレードからたった2日間の出来事なんですよね、あの原作を映画にしてくれるなんて…
    冒頭パパに抱かれた娘がママに向かって「押したよ」のジェスチャーしてるのを私は見逃しませんでしたよ~

  • ちーはーにっくさんの感想

    伊坂幸太郎の原作を読んでこれを実写化にするのは結構大変そうだなと思っていたら、本をそのまま映像にして様な仕上がりでとても面白い作品でした。何回見てもドキドキハラハラして楽しめる映画だと思います。
    何が面白いかっていうと、伏線の回収の仕方がばっちりで終わった後のモヤモヤがなかったです。
    この作品をきっかけに堺雅人さんと濱田岳さんのファンになりました。

  • 豊川稲荷さんの感想

    学生時代から放置されてた車がバッテリー替えただけで動く訳がない。
    この本で本屋大賞がろくでもないってわかりました。

  • fatigueさんの感想

    車で逃げてるシーンでちょっとだけ仙台市から出てるのが観る度に気になって仕方がない

1 2 3 4 5

「ゴールデンスランバー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×