映画:サイコ(1960年)

「サイコ(1960年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サイコ(1960年)の紹介:1960年公開のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・スリラー系のサスペンス映画で、ヒッチコック監督の作品で最も有名な映画。全編がモノクロ映像である。

サイコ(1960年)の主な出演者

ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)、マリオン・クレイン(ジャネット・リー)、ライラ・クレイン(ヴェラ・マイルズ)、サム・ルーミス(ジョン・ギャヴィン)、ミルトン・アーボガスト(マーティン・バルサム)、ノーマ・ベイツの声(バージニア・グレッグ&ポール・ジャスミン&ジャネット・ノーラン)

サイコ(1960年)のネタバレあらすじ

【起】– サイコ(1960年)のあらすじ1

サイコ(1960年)のシーン1

画像引用元:YouTube / サイコ(1960年)トレーラー映像

12月11日、金曜日の14時43分。

アメリカ、アリゾナ州のフェニックスのホテルの一室514号室で、カリフォルニア州に住む雑貨店経営者の男性・サムと、若い女性・マリオンは昼間の情事に耽っていました。15時がチェックアウトの時間なので、2人は急いで身支度を整えます。

サムは亡き父の借金返済と別れた妻の扶養料を支払わねばならず、金銭的な余裕がなくてマリオンとの結婚を渋りました。マリオンは今のあいまいな関係を嫌い、何とかしたいと思います。

情事を終えて勤続10年の不動産会社に戻ったマリオンは、社長と取引先の相手が昼食に出たまま、まだ会社に戻ってないのでほっとしました。

社長がその取引相手・キャシディと戻ってきます。

キャシディは娘の新居用にハリス通りの物件を購入すると決め、現金4万ドル(現在で日本円にすると2000万円強)を置いて帰りました。社長はマリオンを信頼してその金を渡し、銀行の貸金庫へ入れておいてくれと頼みます。社長は週明け、小切手に換金するつもりでした。

多額の現金に目がくらんだマリオンは、金さえあればサムと結婚できると考え、持ち逃げしようと企みます。家に帰宅すると急いで荷作りをして車に乗り込むと、サムのいるカリフォルニア州まで行こうとしました。

途中の信号待ちで、交差点を渡る社長と目が合ったマリオンは、金の持ち逃げが露見しないかとはらはらします。

車を路上脇に停車させて仮眠したマリオンは、警ら中の警官に職務質問されました。警官に免許証を提示して事なきを得たものの、金を持ち逃げしているマリオンには、誰も彼もが自分を疑っているように見えます。

急いでその足で中古車店に行き、カリフォルニアナンバーの車を購入して乗り換えました。700ドルを現金で支払います。

乗ってきた車はそのまま下取りに出し、新たな車を得ると逃げるように立ち去りました。

夜になり、雨が降り始めました。後ろめたいので国道ではなく旧道を走るマリオンには、運転が難しくなります。

一刻も早くサムの元へ行きたいと思いつつ、雨と暗闇で視界が悪く、危険なのでマリオンはホテルに宿泊することにしました。

ちょうど目に留まった『ベイツ・モーテル』に車を止めます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サイコ(1960年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ