「サバービコン 仮面を被った街」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

2017年公開のアメリカ映画。ジョージ・クルーニーが監督、マット・デイモンが主演を務めたサスペンス作品。「クワイエット・プレイス」や「ハニーボーイ」など有名作品に出演し、今やハリウッドの十代の俳優の中で最も注目される一人、ノア・ジュープの子役としての出世作。閑静な新興住宅地、サバービコンである夜起きた強盗事件。母を殺された少年、ニッキーは、同じく被害者であるはずの父と叔母の、事件後の不可解な態度に困惑する。

あらすじ動画

サバービコン 仮面を被った街の主な出演者

ガードナー・ロッジ (マット・デイモン)、 ローズ / マーガレット ( ジュリアン・ムーア)、 ニッキー・ロッジ ( ノア・ジュープ)、 バド・クーパー ( オスカー・アイザック)、 アイラ・スローン( グレン・フレシュラ)、 ジューン (ミーガン・ファーガソン)、 ハイタワー ( ジャック・コンレイ)、 ミッチ ( ゲイリー・バサラバ)、 服役囚 (マイケル・D・コーエン)、 デイジー・マイヤーズ( カリマー・ウェストブルック)、 ウィリアム・マイヤーズ ( リース・バーク)、 アンディ・マイヤーズ (トニー・エスピノサ)

サバービコン 仮面を被った街のネタバレあらすじ

【起】– サバービコン 仮面を被った街のあらすじ1

サバービコン 仮面を被った街のシーン1

画像引用元:YouTube / サバービコン 仮面を被った街トレーラー映像

1959年、アメリカの新興住宅地であるサバービコンは、居住者のほぼ全てが白人という地域だった。そこへある日、黒人のマイヤーズ一家が引っ越してくる。黒人に対しての強い差別意識を持つ住民たちは、マイヤーズ一家の存在に激しい拒絶反応を示す。

ガードナー・ロッジは、自動車事故によって両脚の麻痺した妻ローズと、息子のニッキーの3人でサバービコンに住んでいる。ローズには双子の妹、マーガレットがおり、彼女もまた同じ地域に住んでいた。マイヤーズ一家は、そんなロッジ一家の隣に越してきたのである。

他の住民たちと異なり、博愛主義のローズはニッキーに、「お隣、あなたと同じくらいの男の子がいるみたいよ。ニッキー、あの子を野球に誘ってあげなさい」と、マイヤーズ家の少年アンディと仲良くなるよう促す。気乗りしないニッキーだったが、母に言われた通りアンディを誘い、少年たちはその後よく一緒に遊ぶようになる。

ある夜、ロッジ宅に二人の強盗、スローンとルイスが押し入り、マーガレットも含めた4人を縛り上げた上でクロロホルムを嗅がせて失神させる。

ニッキーが病院で目覚めた時、父ガードナーとマーガレットは無事だった。しかし母ローズはクロロホルムの過剰摂取により、再び目覚めることなくこの世を去ってしまう。

その後、強盗事件の容疑者と思われる人間が複数拘束され、ガードナーは警察から顔の照合のため警察署へ赴くよう求められる。警察署へ着いたガードナーは、そこにマーガレットとニッキーが来ていることに気付く。「この子の精神にとってトラウマになるから、この子には犯人の顔は見せたくない」とガードナーは強く主張し、ニッキーを残してマーガレットと二人、照合室へと入って行く。

しかし、父とマーガレットの背後からこっそりと照合室へ入ったニッキーは、そこにあの二人の強盗の姿が確かにあることに気付く。ところが、しっかり顔を見ていたはずのガードナーもマーガレットも、「この中に見覚えのある男はいない」と証言する。ニッキーが二人の男について何か言おうとした時、うっかり部屋の照明が点けられ、スローンはニッキーが来ていたことに気付く。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サバービコン 仮面を被った街」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×