「サブウェイ123 激突」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

サブウェイ123 激突の紹介:2009年製作のアメリカ映画。1974年、1998年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で3度めの映画化。地下鉄の乗客と引き換えに金を要求する犯人と地下鉄職員との頭脳戦が展開する。

あらすじ動画

サブウェイ123 激突の主な出演者

ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)、ライダー(ジョン・トラボルタ)、カモネッティ警部補(ジョン・タトゥーロ)、フィル・レイモス(ルイス・ガスマン)、ジョン・ジョンソン(マイケル・リスポリ)、市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)、デルガド(ラモン・ロドリゲス)、ジョージ(アレックス・カルジュスキー)、ウォレス(ベンガ・アキナベ)、ラサール(ザック・プール)、テレーズ・ガーバー(アーンジャニュー・エリス)、バシュキン(ヴィクター・ゴイチャイ)、モラン(J・バーナード・キャロウェイ)、ジェリー・ポラード(ゲイリー・バサラバ)

サブウェイ123 激突のネタバレあらすじ

【起】– サブウェイ123 激突のあらすじ1

サブウェイ123 激突のシーン1

画像引用元:YouTube / サブウェイ123 激突トレーラー映像

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。現在。

〔NY運行指令室〕

地下鉄の運行指令室では、巨大パネルの前で今日も喧騒が起きていました。複数入り乱れる路線、たくさんの運行便をさばいているのは、ウォルター・ガーバーという中年男性です。57丁目に赤信号で停車中の車両から問い合わせを受けたガーバーは、寒さのせいでレールにヒビができたため修理中であることを告げ、修理している作業員にも急いでくれと頼みます。

〔午後2時〕

駅に到着したペラム123便に乗り込んだ男たちは、午後1時59分に車両に乗り込むとすぐに運転士ジェリー・ポラードを銃で脅します。彼らはジェリーに要求し、ペラム123を駅と駅の中間地点で停車させました。

ペラム123が駅の中間で停車したことは、すぐにガーバーたちも気づきます。指令室の巨大パネルにはペラム123が停車したことがすぐに示され、ガーバーはジェリーに呼びかけますが、応答がありません。

ペラム123側では男たちが車両連結器を壊し、客車車両を切り離します。異常に気付いてやってきた私服警官を射殺した犯人たちは、ネットワーク切断の操作を行なって乗客が外部と連絡を取れなくしました。乗客にはおとなしく座っているように命令した犯人たちは、女性の車掌・レジーナに「近くの駅まで乗客を連れていけ」と命令します。

犯人たちは先頭車両だけを人質に取り、あとの車両は残してレジーナに任せました。レジーナは乗客を避難誘導します。

指令室ではガーバーが無線連絡をした際に銃声を聞いたので、テロが起きていると気づいて通報しました。駆け付けた警察は、避難した客を保護します。

先頭車両に乗っていた犯人は、ガーバーに話しかけました。マシンガンや拳銃を持っていることを告げると、運転士を含む人質19人を解放する金1000万ドルをニューヨーク市長に用意させろと言います。今から1時間で用意しないと、遅れれば1分につき1人殺すと言った犯人は、ガーバーの名前を聞きました。

ニューヨーク市長は仕事で電車に乗っていましたが、すぐに連絡が伝わります。

ガーバーは犯人と話をし、犯人の人となりを探りました。名前を聞かれた犯人は「ライダー」と答えます。無線なのでガーバーは知りませんが、ライダーは運転室でインターネットの回線を復旧させると、しきりに何かを気にしていました。ネット回線が復旧したので、乗客の若者が恋人の女性とビデオチャットしていた接続が再開されます。

〔残り48分〕

警察が駆け付けました。ガーバーは人質救出班のカモネッティ警部補に引き継ぐと、犯人から受けた印象も伝えます。ガーバーは協力を申し出ましたが、カモネッティはガーバーに帰れと言いました。お払い箱になったガーバーは勤務時間も終了していたので、帰途に就こうとします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サブウェイ123 激突」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×