「ザウォール」のネタバレあらすじと結末の感想

ザ・ウォールの紹介:2017年製作のアメリカ映画。『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督が、実在のスナイパーをモデルに描くサバイバルアクション。イラクの荒廃した村で戦うアメリカ軍狙撃兵・アイザックとマシューズ。足を撃たれたアイザックは、通信機で救助を呼び掛けるが…。

予告動画

ザウォールの主な出演者

アレン・アイザック軍曹〔アイズ〕(アーロン・テイラー=ジョンソン)、シェイン・マシューズ軍曹(ジョン・シナ)、ジューバ(ライス・ナクリ・声)

ザウォールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①マシューズとアイズはイラクの砂漠で、どこに狙撃手がいるか分からない状態。無線を取りに行ったマシューズが被弾、アイズも足を負傷する。無線で話しかけたアイズは、無線の相手がイラクの狙撃手・ジューバと見抜く。 ②なぜかジューバはアイズの話を聞きたがる。ジューバはアイズの振りをしてヘリを呼んだ。アイズは救援隊に知らせようとするがヘリは撃墜される。

【起】- ザウォールのあらすじ1

〝2007年末、イラク戦争は収束に向かう
ブッシュ大統領は勝利を宣言
治安の回復が進みつつある〟

2007年、イラクの砂漠地帯。
アメリカ兵のシェイン・マシューズ軍曹とアレン・アイザック軍曹(通称:アイズ)は、ともにパイプライン建設現場の調査のために派兵されました。小高い丘のようなところで、迷彩服に木切れなどをつけて隠れています。
現場には作業員らしき死体が6体と、護衛兵らしき死体が2体ありました。
どこから撃たれたのかは分かりません。

派兵されて20時間が経過していましたが、回収のヘリがやってくるのは、まだ20時間ほど先の話です。連絡しないかぎりは。
2人が見ている場所からは、壁らしきものがあります。高さ2m、幅6m、厚さ30cmほどの、レンガを積み重ねて作られたものです。
(『ザ・ウォール』=『壁』、このレンガを積み重ねて作られたものを指す)

もうかなりの時間、膠着状態が続いていました。
いつまでも隠れているわけにもいかないので、マシューズ軍曹が立ってみます。何も起こりません。
死体から無線を取って、帰ろうとマシューズは言いました。アイズが見張りを行ないます。

・マシューズ…ヘルメットをかぶって銃を持った兵士。腹部を撃たれて砂漠に横たわるので、途中までアイズは死んだと思っていた。中盤からまた少し活躍。
・アイザック、通称:アイズ…後方支援。望遠鏡で覗く。望遠鏡はディーンの遺品。ずうっと最初から最後まで、アイズのひとり芝居に近い。
・ジューバ…声のみの出演。イラク兵の狙撃手で、通称:死神と呼ばれる男。75人の米兵を狙撃したらしい。アイズのことをやたら知りたがる。
(あとは、転がった死体。当然、動かない)

アイズが見張りをしながら、マシューズが移動していました。
アイズが持つ望遠鏡はディーンの遺品で、ピントが合わない時もあります。
マシューズが死体に近づいて、事の異様さに気付きました。死体はすべて、頭部を1発の銃弾で撃ち抜かれて死んでいるのです。

【承】- ザウォールのあらすじ2

もし狙った者がいれば、それは相当な腕前だということをマシューズが指摘した時、マシューズは腹部を打たれました。
アイズは思わずマシューズに駆け寄ってしまい、右ひざを打たれました。慌てて、反対側の壁に移動します。

撃たれたマシューズは重傷のようでした。止血帯を使えとアイズがアドバイスしますが、マシューズは動けません。
アイズは戦線離脱を決断しました。ところが無線はアンテナを撃たれており、役に立ちません。
アイズは自分の足の止血をし、レンガに穴をあけて望遠鏡を差し込み、足に入った銃弾を抜き取って包帯を巻きました。
しばらく呆然とした後、無線で連絡を取ろうとします。
マシューズにも呼びかけてみましたが、マシューズは答えませんでした。マシューズは死んでしまったと、アイズは思い込みます。

ローカル無線に応答した相手は、オーティス・シモンズ大尉と名乗りました。
相手はIDや名前を確認した後、位置も聞きました。「WH-7203だ」と地域の暗号を答えます。
そうやってしばらく話をした後に、アイズは「おかしい」と思い始めました。
狙撃手がいて狙われるかもしれないのに「発煙筒を上空に向かって撃て」などと、敵にも居場所を教えるような行動ばかりを要求するのです。
英語になまりがあると気付いたアイズは、相手がアメリカ兵ではなく、イラクで有名な狙撃手のジューバだと見抜きました。
相手もイラク兵だと答えます。

ジューバは認めた後も、しきりにアイズと会話をしたがりました。
ジューバが何を狙っているのか、アイズは分かりかねます。
「お前のことをよく知りたい」と言われても、アイズはうかつに自分の情報を漏らすまいと警戒しました。
それと共に、傷口の入射角と、着弾と発砲音の差から、おおよそ1500m離れた場所から狙われたと計算します。
その間にも、ジューバは「なぜディーンの望遠鏡を使っている?」などと、詳しく聞きたがりました。どうやらマシューズとアイズの会話も聞いていたようです。
「ベイクする」という言葉の意味をジューバが知りたがったので、「日焼けする」とアイズは答えました。

【転】- ザウォールのあらすじ3

水を飲もうとしたアイズは、水筒に穴が開いていることに気付きました。
それを見越したように、ジューバは「水筒を狙った。アンテナも」と言います。
「お前の足の、膝窩(しっか)静脈を狙った。だから血が止まらないだろう。夜が来るまでに失血死するぞ」とジューバは言い募ります。
アイズが背にしている壁は、もとは学校の一部だったそうです。

アイズは摘出した弾がNATO弾だと気付き、相手の弾数の残数を見積もろうとしました。
ジューバの持つライフルの種類について、カマをかけてみますが、ジューバもなかなか答えません。

ジューバがガレキの山の中にいるのではないかと思ったアイズは、ヘルメットと上着でカカシを作り、壁から出してみました。
1回でも狙撃をすれば、狙撃の瞬間に銃口から光が出ます。
ガレキに見当をつけて見守ってみるのですが、相手のほうが上手(うわて)でした。カカシに撃ってきません。

アイズが我慢できずに他の死体の場所まで移動をし、水を確保しました。
壁のすぐ近くまで移動した時に、壁が撃たれます。
水を得たアイズは飲みました。ジューバは「お前と話がしたいだけなのに、なぜ命を縮める真似をした」と、移動したことを責めます。
狙撃の騒動で、望遠鏡が壊れてしまいました。

この銃撃騒動で、気絶していたマシューズが目覚めます。
マシューズはアイズに、小さなミラーの反射で知らせました。マシューズ生存を知ったアイズは喜びます。
マシューズとアイズは、声の届く範囲にいますので(数mほどの距離)地声で会話ができました。
アイズは、マシューズに「スナイパーは12時の方向の、ガレキの中にいる」と教えます。マシューズがマシンガンを持っているから、狙わせたいのです。
同時に、マシューズが生きていることを見抜かれたくないアイズは、ジューバの意識を惹きつけようと考えました。
なぜディーンの望遠鏡を使い続けているのか、話をすると言い出します。
マシューズは少しずつ手を伸ばし、マシンガンを取ろうとしました。

【結】- ザウォールのあらすじ4

ディーンが死んだのは自分のせいだと話し始めたアイズですが、マシューズがあせってマシンガンを取ろうとするので、つい「もっとゆっくりやれ」と言ってしまいます。
「誰に向けて話したんだ!?」とジューバも警戒しました。砂埃が舞う中、急いでマシューズが撃とうとしますが、やり返されました。マシューズは左腕を負傷します。
さらに匍匐前進で壁まで移動していたマシューズは、頭部を撃たれて死亡しました。
アイズは落胆します。

ジューバから応答がなくなりました。アイズは、おかしいと思います。
無線機をいじっていると、本部と繋がりました。
嬉しいと思った直後に、アイズは愕然とします。
なんとジューバは自分の名を騙り、上司のオルブライト大尉に「異常なし」と報告していたのでした。
「早く来てもらわないと『ベイク』してしまいますよ」と、ジューバは先ほど聞きかじった言葉を使い、上官と談笑していました。
しかも、オルブライト大尉らの乗ったヘリは、もうすぐ到着と言っています。
(異常なしと答えたのは、警戒心を解くため)

ジューバがアイズのことを聞きたがったのは「アイズになりすますため」でした。
そうやってヘリを呼んで狙撃し、さらにまた別のターゲットを狙う…ということを、ジューバが繰り返していたのだと、アイズは気付きます。

夕方。ヘリの回転翼の音がして、近づいてくる2機のヘリが見えます。
マシューズのライフルを手にしたアイズは、壁を壊して砂煙を作り、射撃しようとしました。ジューバがアイズを狙います。
やはりガレキの中から撃たれていました。発砲の時の光が見えます。

助けられたアイズは救急隊員に「ガレキに敵が」と訴えます。
しかし救急隊員は手当てに夢中で、話を聞いていませんでした。回転翼の音が大きくて聞こえない…という事情もあります。
ヘリはガレキの上を飛び、ジューバに狙撃されて2機とも撃墜されました。
アイズだけでなく、ヘリの乗務員は全員死にます。

…今度はバグダット本部に向けて、ジューバはヘリの操縦士の振りを装い、応援をおびき寄せています…。
(気持ち悪い、不気味な終わり方)

みんなの感想

ライターの感想

ユニークだった!
ワンシチュエーションでの、主に会話中心の内容…『ゼロ・グラビティ』に感じが似ている(さすがに言い過ぎ?)。
期待せずに見ると面白いかも。
なぜジューバが、アイズのことを聞きたがるのか、それもすごく些細な日常生活のことを。
それが判るとほんと面白いなと思う。
敵がどこにいるか判らないスリリングな展開、レンガの壁だけの防御壁。
水もない、血は流れ続ける、暑い、日差し強い。この終わり方も秀逸!

映画の感想を投稿する

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

映画「ザウォール」の商品はこちら