映画:ザギフト

「ザギフト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

サスペンス映画

ザ・ギフトの紹介:2015年製作のアメリカ映画。平穏な毎日を過ごしていた夫婦が、夫の旧友との再会を機に次々と届けられる贈り物に悩まされ、恐ろしい出来事に巻き込まれていく…。エドガートンが監督、製作・脚本を担当、さらに不気味な旧友ゴード役を怪演する。

あらすじ動画

ザギフトの主な出演者

サイモン(ジェイソン・ベイトマン)、ロビン・キャレム(レベッカ・ホール)、ゴード・モーズリー〔ゴードン〕(ジョエル・エドガートン)、ルーシー(アリソン・トルマン)、ケヴィン・キーラー(ティム・グリフィン)、ダフィー(ビジー・フィリップス)、ロン(アダム・ラザール=ホワイト)、ウォーカー刑事(ボー・ナップ)、ミルズ刑事(ウェンデル・ピアース)、ウェンディ・デール(ミラー・フォークス)、フランク・デール(ナッシュ・エドガートン)、グレッグ(デヴィッド・デンマン)、ジョーン(ケイティ・アセルトン)、ロンダ・ライアン(スーザン・メイ・プラット)、ダニー(P・J・バーン)、不動産屋・ケイシー(メリンダ・アレン)

ザギフトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1年前に流産したロビンとサイモン夫妻はシカゴからカリフォルニアに居を移す。サイモンの知人と名乗るゴードが夫婦に接触し、さまざまな「ギフト(贈り物)」をする。不気味に思ったサイモンはゴードに絶縁を言い渡した。 ②ゴードはサイモンに高校時代いじめられていた。サイモンに別の一面があると気づいたロビンは、サイモンに幻滅。最後の贈り物は「父がサイモンかゴードか分からない赤ちゃん」だった。

【起】– ザギフトのあらすじ1

ザギフトのシーン1

画像引用元:YouTube / ザギフトトレーラー映像

アメリカ・カリフォルニア州。

夫・サイモンと妻・ロビンは、1軒家を購入し、引っ越しました。

それまでは妻・ロビンの出身地であるシカゴに住んでいましたが、去年ロビンが流産したのを機に、気持ちを切り替えるためにカリフォルニアへの転居を決めたのです。

購入した1軒家があるカリフォルニアは、夫・サイモンが生まれ育った土地でもありました。

サイモンとロビンは40歳になっています。子どもはまだおらず、ロビンは切望していました。

引っ越した2人が家具を探しに店へ行くと、サイモンはフェアモント高校時代の同窓生という、ゴードという男に話しかけられました。25年ぶりの再会です。

ゴードはサイモンのことを詳しく覚えていますが、サイモンは相手に覚えがありませんでした。電話番号を受け取り「連絡する」と言って、適当に交わしたつもりでした。

帰宅して荷解きを開始した頃、隣家の住人が帰ってきます。サイモンとロビンは挨拶に行きました。

隣家の夫婦は夫・ロン、妻・ルーシーの夫婦で、ルーシーは赤ちゃんを産んだばかりで、産休を取っています。

「いつでも家にいるから、気軽に声をかけてね」というルーシーに、ロビンは好感を持ちました。以後、ロビンにはルーシーという頼もしい同性の親友ができます。

その夜、玄関の前に1本のラッピングされたワインが置かれていました。メッセージカードにはゴードの名前が記されています。

あまり覚えていない相手から届けられたプレゼントに、サイモンは戸惑いを隠せませんが、ロビンは素直に喜びます。

翌日、ゴードが昼間に家を訪問しました。ロビンは家にいますが、夫のサイモンはセキュリシティーシステムの会社の営業の仕事をしており、会社に出かけて留守です。

ゴードは「この家の近所の便利な業者のリスト」を持ってきてくれました。受け取ったロビンはゴードを家に上げ、家の中を案内して回ります。

子ども部屋におもちゃのモービルを見たゴードが「子どもがいるの?」と聞いたので、ロビンはいないと答えました。寂しさも手伝って、ロビンは「池に魚を入れようかしら」と付け足します。

サイモンとロビンの飼い犬がやってきました。ロビンは犬の名がボージャングルといい、ロビンの父が名付けたと言います。

ワインをプレゼントされたので、サイモンとロビンはゴードを夕食に招待しました。ゴードは喜んでやってきます。

食事の間にも、ロビンは「グレッグにはもう会ったか?」と声をかけるので、やはり同窓生ではあるようです。それでもサイモンはゴードに心当たりがありませんでした。

サイモンがセキュリティーシステムの会社に勤務していると知ると、ゴードが高校時代のエピソードをロビンに話します。

サイモンは高校時代に生徒会長で、権力を持っていました。サイモンの言うことはなんでも叶い、それを同級生たちは「Simon says(サイモンセッズ アメリカでの遊びのひとつで、サイモン役の者が言ったことに従うというゲーム。映画『ダイ・ハード3』でもこの話が出てくる)」と呼んでいました。

サイモンは話をゴードの仕事に切り替えようとします。ゴードは軍隊に入り、その後除隊したと言いましたが、それ以上触れませんでした。

ゴードはロビンに、先のサイモンセッズの話をしたうえで「だから子どもだってすぐできるさ」と言い、「悪い出来事も、自分への贈り物(ギフト)になる」と言います。

ロビンはこの言葉に、元気づけられました。ゴードをいい人だと思います。

しかし…サイモンは妙に親しげなゴードを警戒していました。「錯覚して、自分を友達だと思っているんだ」と言います。

ロビンはサイモンに連れられてパーティーに行きますが、シカゴでしていたデザイナーの仕事を再開したいと思います。サイモンは「君の好きなようにすればいい」と答えました。

帰宅すると、また玄関先にラッピングされた小さな筒の贈り物があります。

贈り主はゴードで、「夕食ありがとう。代わりに受け取ってほしい」と書かれていました。筒の中身は魚の餌です。

見ると、庭の池にはコイが放されていました。コイと餌がギフトです。

サイモンは無断で家に入られたと気を悪くしますが、悪気がないのよとロビンがフォローしました。

サイモンは「マヌケのサイモン、ブキミなゴード」と紙にマジックで文字を書いて、学生時代のあだ名を使って歌をうたい、ゴードが不気味な奴だと、ロビンが気分を害しない程度に茶化して悪態をつきます。

ロビンは朝、ジョギングするのが習慣でした。帰ってシャワーを浴び、パソコンを開いた時にゴードの訪問を受けます。

コイのお礼を言ったロビンは、ゴードにテレビの配線もお願いしました。ゴミを破棄しようとしたゴードは、冷蔵庫に貼られた「マヌケのサイモン、ブキミなゴード」という文字を読みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザギフト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×