映画:ザコール緊急通報指令室

「ザコール緊急通報指令室」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ザ・コール 緊急通報指令室の紹介:ジョーダンは911通報司令室のベテランオペレーター。ある日、少女レイリーから男が押し入ってきたと通報を受ける。この時にジョーダンはミスを犯してしまい、少女は遺体で発見されてしまう。心を病んでしまったジョーダンはオペレーターではなく教官として働くようになる。研修中に緊急通報がきたジョーダンは意を決して受けることに。911通報司令室の裏側を描いた作品。911はアメリカで全ての緊急通報用電話番号である。

あらすじ動画

ザコール緊急通報指令室の主な出演者

ジョーダン(ハル・ベリー)、ケイシー(アビゲイル・ブレスリン)、フィリップス巡査(モーリス・チェスナット)、マイケル・フォスター(マイケル・エクランド)、アラン(マイケル・インペリオリ)、マルコ(ホセ・ズニーガ)、マディ(ローマ・マーフィア)

ザコール緊急通報指令室のネタバレあらすじ

【起】– ザコール緊急通報指令室のあらすじ1

911通報司令室では毎日様々な緊急通報を受けていました。オペレーターが迅速に対応して警察や消防などに連絡します。オペレーターの責任は重大で仕事は過酷なものでした。

ベテランオペレーターのジョーダンは休憩が終わって、緊急通報の連絡を受けます。両親が留守中に男が押し入ってきたのです。連絡をしたのは少女レイリーでした。

ジョーダンは近くにいた警察に向かうように連絡します。しかし、男がガラスを割って侵入してきます。警官が到着するまで後10分もかかります。

2階にいたレイリーにベットの下に隠れて、窓を開けて靴を放り投げるようにジョーダンは指示します。外に逃げたと思った男は1階に降りていきます。安心すると電話が切れてしまいます。

ジョーダンは再度電話をかけてしまいます。それに気づいた男は2階に戻ってきてレイリーを連れて行きます。男はジョーダンに一言いいます。数日後、レイリーは遺体となって発見されます。

ジョーダンはレイリーの事件で心を病んでしまいます。精神安定剤を服用しながら仕事をします。オペレーターではなく、教官として働きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザコール緊急通報指令室」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×