映画:ザドア交差する世界

「ザドア交差する世界」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ザ・ドア 交差する世界の紹介:2009年製作のドイツ映画。自分の不行き届きで娘を失ったことから妻とも離婚することになった男が、謎の扉の奥に別の世界(5年前の世界)を見つけ…。すべてを失った男の、過酷な運命を描くドイツ産SFサスペンス。特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2014(年)」にて上映。

あらすじ動画

ザドア交差する世界の主な出演者

ダビッド・アンデルナッハ(マッツ・ミケルセン)、マヤ・アンデルナッハ(ジェシカ・シュヴァルツ)、レオニー・アンデルナッハ(ヴァレリア・アイゼンバルト)、シギー(トーマス・ティーメ)、マックス(ティム・ザイフィ)、ジア(ハイケ・マカチュ)

ザドア交差する世界のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①画家・ダビッドが浮気の最中に娘・レオニーが事故死。それがきっかけで妻・マヤと離婚して孤独な生活を送る2008年のダビッドはある夜、不思議なドアを見つけた。ドアをくぐると2003年の事故の昼に戻り、レオニーを救えた。 ②2003年の自分を殺したダビッドは、この世界で生きて行くことを決意。周囲に仲間もいる。幸福に暮らし始めたダビッドだが、5年後のマヤが来たために、現在のマヤを殺せと要求される。 ③現在のマヤも大事で殺せないと思ったダビッドは、2003年のマヤと娘・レオニーを未来に送り、ドアを壊す。残ったダビッドとマヤには娘はいない…。

【起】– ザドア交差する世界のあらすじ1

2003年、ドイツ。

ダビッド・アンデルナッハは画家として成功して、妻・マヤと幼い娘・レオニーと何不自由ない暮らしをしていました。

ある日ダビッドは、妻のマヤが留守の間、娘のレオニーの面倒をみます。個展が近いのを言い訳にして、チョウチョを取ろうという娘・レオニーに「もう少ししたら母が戻るから、母と一緒にチョウチョ取りをしろ」と言いました。

そしてこっそり家を抜け出して、近所の愛人・ジアと情事にふけります。

ダビッドが帰宅すると電話が鳴っていましたが、途中で切れました(※)。

ダビッドが娘・レオニーを捜すと、レオニーはプールの中で溺死していました。ほどけたくつの紐がプールの排水口にひっかかり、自力で上がれなくなっていたのです。

…5年後、2008年。

レオニーが死んだことがきっかけで浮気がばれ、ダビッドは妻・マヤに離婚されました。

それでも復縁を願うダビッドですが、マヤはエドガーと一緒に住んでおり、「私の前から消えて」と言います。

もう君の邪魔はしないと後でマヤの留守電に入れ、レオニーが死んだプールに身を投げたダビッドですが、親友のマックスに助けられました。留守電のメッセージを聞いたマヤが、念のためマックスに知らせていたのです。

ダビッドとは対照的に、マックスはこの5年の間に結婚をし、今は3歳と4歳の息子・カスパーとフリードリヒの父になっています。

孤独に打ちひしがれたダビッドは、雪の中にチョウチョの死骸を見つけました。

死骸だと思った瞬間、チョウチョは生きており、飛びます。そのチョウに誘われるように郊外に行ったダビッドは、謎のトンネルを見つけました。

時間は夜なのにトンネルの向こう側が明るいので、不思議に思ったダビッドはドアを開けて向こう側に行きます。

すると、なんとそこは家のすぐ近所で、しかもレオニーが死んだ日でした。その日、隣人の初老男性・シギーが、レオニーの事故の直前に「うるさいぞ」と叫んでいたので確かです。

ダビッドは急いで自宅のプールに走りました。途中、トラックにはねられてケガをしますが、それでも走ってプールにダイビングし、娘・レオニーを助けます。

今度は娘・レオニーを助けられました。レオニーは「靴ひもを結ばなかったことをママに言わないで」と言います。

溺れかけたレオニーを寝かせつけると、ダビッドは娘を助けた喜びを噛みしめました。家の中で電話が鳴り始めますが、ダビッドは電話を取って切ります(※で音が消えたのは、もう1人のダビッドが切ったため。弱ったレオニーを寝かせようとした)。

筆立てを落として拾っていると、5年前の自分が愛人・ジアの家から戻ってきて襲ってきました。反射的にダビッドが払いのけると、持っていたペンが5年前の自分の首に刺さって、死にます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザドア交差する世界」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×