「ザ・ハント」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ザ・ハントの紹介:2020年製作のアメリカ映画。富裕層が娯楽として人間狩りをおこなうという過激な内容から、全米で物議を醸したサバイバル・アクション。“狩られる側”として拉致される庶民に『僕のワンダフル・ジャーニー』のベティ・ギルピンや『なんちゃって家族』のエマ・ロバーツ、“狩る側”の黒幕をオスカー女優のヒラリー・スワンクが演じる。『インシディアス』、『パージ』など数々のホラーをヒットに導いてきたジェイソン・ブラムが製作を担当。

あらすじ動画

ザ・ハントの主な出演者

クリスタル・クリーシー(ベティ・ギルピン)、子供時代のクリスタル(チャーリー・スローター)、アシーナ・ストーン(ヒラリー・スワンク)、スタテン・アイランド(アイク・バリンホルツ)、ドン(ウェイン・デュヴァル)、ゲイリー(イーサン・サプリー)、ヨガ・パンツ(エマ・ロバーツ)、ターゲット(クリス・ベリー)、ヴァニラ・ナイス(スタージル・シンプソン)、ビッグ・レッド(ケイト・ノウリン)、マー(エイミー・マディガン)、ポップ(リード・バーニー)、リチャード(グレン・ハワートン)、トラッカー(ジャスティン・ハートリー)、デッド・セクシー(シルヴィア・グレース・クリム)、バンダナ・マン(ウォーカー・バビントン)、ランディ(ジェイソン・カークパトリック)、リバティ(テリー・ワイブル)、フォークソンヴォイ(メイコン・ブレア)、クライシス・マイク(ウスマン・アリー)、ポール(J・C・マッケンジー)、ドクター(スティーヴ・コールター)、マーティン(ディーン・ウェスト)、デール(スティーヴ・モケイト)、ケリー(ハンナ・アリン)、ニコール(タダセイ・ヤング)、オハラ(ジム・クロック)

ザ・ハントのネタバレあらすじ

【起】– ザ・ハントのあらすじ1

ザ・ハントのシーン1

画像引用元:YouTube / ザ・ハントトレーラー映像

イスに座った女性の後ろ姿が見えます。彼女は他の親しいメンバーとチャットをしていますが、そのうちのひとり、テッドが書き込んではならない情報を洩らしていました。慌ててこのチャットのスレッドを削除します…。(このシーンの説明は後で明らかになります)

テッドたちチャットのメンバーは、プライベートジェットに乗っていました。キャビンアテンダントにシャンパンがないかと聞いていると、そこへ奥からランディという男が起きてきました。何が起きているか分からないランディをなだめたテッドは、もう一度眠ろうと誘います。そしてランディの首にペンを刺しました。暴力を受けたランディは抵抗しますが、別の女性がハイヒールでランディの顔を殴打しました。かかとに刺さって眼球が出てしまい、ランディは瀕死状態で貨物室に運ばれます。死にゆくランディの横には、眠らされている女性がいました。

ヨガ・パンツが目覚めると、さるぐつわをされた状態で森のなかにいると気づきます。向こう側の湖の近くにクリスタル・メイ・クリーシーという女性を見つけたヨガ・パンツは、助けを呼ぼうとしますが、さるぐつわがあるために声が届きません。そうこうしているうちに、クリスタルはさるぐつわを外して去っていきました。

広い森の草原には、ほかにもヨガ・パンツ同様にさるぐつわをした男女がいました。ヨガ・パンツはここはどこなのか、どうやって来たのかもわかりませんが、それは他の人たちも同様でした。彼らはわらわらと草原を歩きます。うちひとりの男性が大きな木箱を見つけ、近づきました。別の人物が「開けるな、罠だ」と言いますが、帽子をかぶったその男性はバールで開けようとします。先に外したクリスタル以外、みんなさるぐつわをしていますが、さるぐつわをした状態でも互いの言葉はなんとなく分かります。

帽子の男性が箱を開けると、出てきたのはシャツを着た子豚でした。みんな拍子抜けします。木箱には銃や武器が並べられており、みんなそれを見て近寄ります。同じように近づいたヨガ・パンツは、足元にさるぐつわの鍵を見つけました。横にいた男性のさるぐつわを外してあげると、自分のも外してもらいます。

みんなで順番にさるぐつわを外してほっとしたのもつかの間、どこからか銃撃されました。彼らはなんとなく、自分たちが狩られる(ザ・ハント)ために集められているのだと悟ります。みんな武器を持ち、ちりぢりに隠れます。ヨガ・パンツも隠れたのですが、頭を撃たれて死にました。逃げた別の女性は罠に落ち、串刺しになります。それを見つけた小太りの男性が女性に請われて引き揚げますが、地雷でふたりとも吹き飛びました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・ハント」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×