「シェルター 狂気の秘密」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

シェルター 狂気の秘密の紹介:2008年製作のカナダ映画。夫からの暴力が続く毎日に嫌気がさして町から出る決心をしたダーリーンは、12歳の娘ビクトリアを連れて田舎に行きます。紹介されたシェルターの管理人の女性・ビーは一見優しそうな女性でしたが、ダーリーンは次第に違和感を抱き始めます…。

シェルター 狂気の秘密の主な出演者

ビー(キャスリーン・クインラン) ダーリーン・フロスト(イングリッド・カヴェラルス) ビクトリア・フロスト(ハンナ・ロックナー) ルーク(ダニエル・ペトロニエヴィッチ) パム(アーリーン・マゼロール) マティ(クラウディア・ウィット)

シェルター 狂気の秘密のネタバレあらすじ

【起】– シェルター 狂気の秘密のあらすじ1

白い床にできた血だまりを、女性ダーリーン・フロストがスポンジで綺麗に掃除しています。床を綺麗にして水洗いしたあと、グラスに注いだ酒を飲みダーリーンは荷造りをして出かけました。

相談所の女性と話をするダーリーンの左の目には、殴られたアザがありました。伏し目がちのダーリーンに相談所の職員は「1箇所心当たりがある、でも遠い」と言いました。「遠いほうがいい」とダーリーンは返します。(映画タイトル)

12歳の娘・ビクトリアを助手席に乗せたダーリーンは、車を走らせていました。相談所の職員にダーリーンに、その避難シェルターは女性がひとりでやっているところで、名前を言わなくても迎えてくれると教えます。タバコを吸いながら運転するダーリーンは一刻も早くそこへ行きたいようで、トイレも店でせず車を止めて道ばたで済ませました。これから出かけるところに、しばらく滞在することになるとダーリーンはビクトリアに言います。

着いたところは、田舎の方にある農家でした。農場と畑がある屋敷です。ビクトリアはヤギを見て喜びますが、ダーリーンは「ヤギに触らないでね」と注意します。

ダーリーンは屋敷に行って、ドアチャイムを鳴らします。ビクトリアがヤギを見ていると、1匹のヤギが突然四肢を突っぱねたポーズで倒れました。驚いたビクトリアは悲鳴をあげ、ダーリーンは駆け付けます。

家の主の女性・ビーが出てくると、ビクトリアの悲鳴の理由を理解しました。「大丈夫、習性なの」と言い、見知らぬ人間を見たヤギが緊張のあまり硬直したのだとビクトリアとダーリーンに教えます。

ビーはダーリーンに「記録は残さない。名前も聞かない」と言いました。現在はほかに身を寄せている人もいないと話します。

家の中に案内したビーは、2人に食事を用意しようとします。ビクトリアに皿の用意を頼みながら、ビーは「男性は出入り禁止。好きなだけいていい。滞在費も徴集しない」と言い、この家でのルールを守ってくれればいいと言います。「1つ、毎日の農作業を手伝ってほしい」「2つ、フェンスから外に出ないでほしい。出るときはこの家を去るとき」「3つ、ここに依存性のあるものは持ち込まないで。タバコやお酒も禁止、薬物はもってのほか」と言いました。酒もタバコも好きなダーリーンはしぶい顔をしますが、ビーは「私の信条、ルールは守って」と言いました。

ビーは2人につきあって食事を取りましたが、すぐに席を立ちました。残したものは動物が食べるから外に捨てていると話します。

その夜、ダーリーンとビクトリアは「2人だけね」と喜んでいます。ビクトリアを寝かせたあと、ダーリーンは乗ってきた車を明日動かすとビーに言われます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シェルター 狂気の秘密」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×