「シャーク・ナイト」のネタバレあらすじと結末の感想

シャーク・ナイトの紹介:2011年制作のアメリカ、パニック・ホラー映画。PG-12指定。デヴィッド・R・エリスの最後の監督作品(遺作)にあたる。湖にバカンスに来た大学生が、棲息しているはずのないサメに次々に襲われる…。

予告動画

シャーク・ナイトの主な出演者

サラ(サラ・パクストン)、ニック(ダスティン・ミリガン)、デニス(クリス・カーマック)、ベス(キャサリン・マクフィー)、ゴードン(ジョエル・デヴィッド・ムーア)、グレッグ保安官(ドナル・ローグ)、レッド(ジョシュア・レナード)、マリク(シンカ・ウォールズ)

シャーク・ナイトのネタバレあらすじ

【起】- シャーク・ナイトのあらすじ1

大学生のサラは、同じ大学の同級生たちを誘って、総勢7名でバカンスに出かけます。行き先はクロスビー湖で、そこにはサラの家の別荘がありました。別荘がある湖の中の島は辺鄙な場所で、電気も通じていませんし、携帯電話の電波も入らない場所です。メンバーのひとり・ニックはサラにかねてから思いを寄せていましたが、内気さゆえに彼女に告白できずにいました。メンバーがふもとの町で食料品を買い込んでいるときに、サラはデニスと再会します。

【承】- シャーク・ナイトのあらすじ2

デニスは男前のマリンスポーツのインストラクターで、サラの昔の恋人でした。デニスは以前はその容姿で女性にもてたのですが、サラと海で事故に遭遇した折に顔に大きな傷を負い、サラを恨んでいます。そしてサラに暴力をふるい始めたので、サラはデニスと別れたのでした。会いたくなかった昔の恋人との遭遇で気落ちするサラをメンバーは励まし、別荘へ船を出します。その船を追ってきた警備艇がありました。グレッグ保安官です。グレッグは湖一帯をパトロールする役目を担っていました。彼は大学生たちに、無茶をするなと言い渡して去っていきます。

【転】- シャーク・ナイトのあらすじ3

別荘に渡った7人の大学生たちは、早速ウォータースポーツを楽しみました。しかし楽しみはすぐに終わります。メンバーの中で最も運動神経が発達しているマリクが何者かに襲われ、腕を食いちぎられました。更に大学生たちは次々に襲われます。それはどうやらサメの仕業のようでした。塩水湖とはいえ、以前にはクロスビー湖にサメはいません。サラは不可解な思いにとらわれます。その間にも仲間は次々にサメの餌食となりました。

【結】- シャーク・ナイトのあらすじ4

黒幕はデニスとグレッグ保安官でした。元来サディスティックな一面を持つデニスと、呑気にバカンスにやってくる裕福な大学生が憎いグレッグ保安官が手を組んで、湖で46種類ものサメを飼育していたのです。そして訪れる若者たちを襲わせて、その一部始終をビデオに撮影し、グロテスクな映像を求めるテレビ会社に売りこもうとしていたのでした。メンバーの中で生き残ったサラとニックは真相に気づきました。追ってくるデニスとグレッグをサメが飼育されている檻に落とすと、湖をあとにしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シャーク・ナイト」の商品はこちら

シャーク・ナイト [DVD]