「シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)のあらすじ3

シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)のシーン3

画像引用元:YouTube / シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)トレーラー映像

夜、自宅でアンソニーの迎えを待っていると、ザックがやってきました。ザックはブリジットと復縁したくて、ロサンゼルスに来たのです。アンソニーもやってきました。ブリジットがザックを嫌がっていると知ると、アンソニーは懐に隠した銃を見せて脅して追い払います。

アンソニーはブリジットと会食に行きました。ブリジットはクレメンスという初老の男性の隣に座らされ、クレメンスから手を握られます。アンソニーは注意するどころか、記念写真を撮ると言い出しました。ブリジットはアンソニーを呼んでどういうつもりか聞くうちに、月収1万ドルの意味が理解できました。女性秘書というのは名目で、取引相手のご機嫌を取るホステスのような役目を要求されているのだと気づきます。アンソニーはそれを認めて「決断してくれ」と言いました。

ブリジットは嫌だと思いましたが、「ブログのネタになる」と気づきました。そこで即座に引き受けます。アンソニーはブリジットの決断の速さを喜びます。

クレメンスへにこやかな対応をしたので、取引はうまくいきました。

翌日アンソニーはブリジットに電話をかけて、仕事が成功したご褒美にと若い男性マッサージ師を2人派遣したと告げました。リンジーが訪問したマッサージ師を見て、黄色い声を上げています。

それからのブリジットは、自らの体験談をブログに書いていきました。名前は変えていますが、自分の置かれた環境やアンソニーのこと、仕事相手との接待の話を綴ってはブログに上げて行きます。ブリジットのブログの人気に火が付き、回を重ねるごとに読者が増えていきました。ブリジットは手ごたえを感じます。

いっぽうで仕事を重ねるうちに、次第に危険な目にも遭い始めます。お酒の席で気分よくさせる相手だけで済めばいいのですが、あるときコークランという男性はブリジットに身体の関係を求めました。ブリジットはうまくかわしてその場を逃れますが、ひやっとします。

ブリジットは「一線は決して超えない」と決めていました。

ザックがブリジットの前に顔を出すと、「アンソニーは前科がある」と告げます。しかしブリジットはザックの言うことをきかずに無視しました。

ブリジットのブログは話題になり、読者が8万人に膨らみました。リンジーもブリジットのブログを読んでおり「読者は次の展開を期待していると思う」と助言しました。

アンソニーが自宅でパーティーを開くことになり、ブリジットだけでなくリンジーも招待されました。2人で出かけます。

アンソニーの屋敷は豪邸で、パーティーも豪華でした。副市長や地方検事も顔を出しており、アンソニーが力のある人物だと判ります。

パーティーを抜けて私室に移動したブリジットは、父・ローレンスの本が本棚にあることに気づきました。追ってきたアンソニーにそれを告げると、アンソニーは知らなかったらしく驚き喜びました。アンソニーとブリジットがいいムードになっていると思い、リンジーは気をきかせて話しかけませんでした。

母・ジョリーンがブリジットとリンジーの部屋にやってきます。高額な月給でブリジットたちは高級な家具を買っていました。それを見たジョリーンは何の仕事をしているのかと聞きます。リンジーも横から口添えしてくれるのですが、ジョリーンはブリジットの仕事を聞くと怒り、「利用されているのだ」と言って帰っていきました。

ブリジットも仕事に疲れてきました。地方検事のジムが、いつも以上になれなれしく接してくるのをかわしながら帰宅したブリジットは、疲れて眠っているところを自室で襲われます。大声をあげてリンジーを呼び、侵入者は去っていきました。ブリジットは通報します。

ジョンソン刑事がやってきて現場検証をし、今夜は別の家に避難すればどうかと助言しました。そこへ警察官僚から話を聞いたと言って、アンソニーがリンジーとブリジットに来いと誘います。ザックがやってきて危険だと話し、アンソニーが雇っていた秘書が不審死を遂げたとネットの記事を見せながら教えます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シュガー・ベイビー 愛欲の渦(SUGAR BABY MURDER)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×