映画:ジャッキー・ブラウン

「ジャッキー・ブラウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ジャッキー・ブラウンの紹介:1997年制作のアメリカ映画。クエンテイン・タランティーノ・監督&脚本作品。中年スチュワーデスが武器密売人と警察を向こうに回し、一獲千金の大博打に出る姿をコミカルに描いたサスペンス。

あらすじ動画

ジャッキー・ブラウンの主な出演者

ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)、オデール・ロビー(サミュエル・L・ジャクソン)、マックス・チェリー(ロバート・フォスター)、メラニー・ラルストン(ブリジット・フォンダ)、レイ・ニコレット(マイケル・キートン)、ルイス・ガーラ(ロバート・デ・ニーロ)

ジャッキー・ブラウンのネタバレあらすじ

【起】– ジャッキー・ブラウンのあらすじ1

ジャッキー・ブラウンはメキシコの航空会社に勤務する中年女性のスチュワーデスです。安い給料で生活が苦しいジャッキーは、裏ではNYの武器密売人・オデールの金の運び屋の仕事をしていました。

そのオデールは手下・ボーマンを保釈するため、釈放されたばかりで少しボケぎみの相棒・ルイスを連れて、保釈金融業者・マックスに依頼します。

保釈されたボーマンを殺したオデールは、ルイスに見せて逆らわないよう脅し、自分の愛人・メラニーを紹介してまるめこもうとしました。

ある日ジャッキーはとうとう裏稼業のことがばれ、空港で連邦保安官・レイとマークに逮捕されました。しかしレイとマークの本当の狙いは、オデールの逮捕です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャッキー・ブラウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×