映画:ジャッジ(裁かれる判事)

「ジャッジ(裁かれる判事)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

ジャッジ 裁かれる判事の紹介:2015年公開のアメリカ映画。ロバート・ダウニーJr.が弁護士に扮し、激しい法廷バトルが繰り広げられるサスペンス。裁判官の父親にかけられた殺人容疑を晴らそうとするうちに、父親の隠された秘密を知ってしまう弁護士の姿をスリリングに描く。主人公の父親を名優ロバート・デュバル、法廷で対立する検事をビリー・ボブ・ソーントンが演じる。

ジャッジ(裁かれる判事)の主な出演者

ヘンリー・パーマー〔ハンク〕(ロバート・ダウニー・Jr.)、ジョセフ・パーマー(ロバート・デュヴァル)、サマンサ・パウエル〔サム〕(ヴェラ・ファーミガ)、ドワイト・ディッカム(ビリー・ボブ・ソーントン)、グレン・パーマー(ヴィンセント・ドノフリオ)、デール・パーマー(ジェレミー・ストロング)、C.P.ケネディー(ダックス・シェパード)、カーラ・パウエル(レイトン・ミースター)、ウォレン判事(ケン・ハワード)、ローレン・パーマー(エマ・トレンブレイ)

ジャッジ(裁かれる判事)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①やり手弁護士・ハンクと確執のある父・ジョセフが、轢き逃げ容疑で逮捕される。被害者がジョセフと因縁ある仲だったために殺人罪を求刑されたジョセフに対し、ハンクが異議申し立てをし、裁判にもつれこんだ。 ②最大の争点は「事故当時ジョセフに記憶がないこと」。ジョセフは末期ガンでモルヒネ使用で記憶障害が出ていたのだが、ジョセフは22年の判事歴のプライドから病のことを隠そうとする。それをおして父の病を公にしたハンクは7か月の服役で済ませる。 ③ジョセフとハンクは和解し、ジョセフはハンクに看取られつつ亡くなる。後日、ジョセフのように地元の判事になることを決意したハンクがいた。

【起】– ジャッジ(裁かれる判事)のあらすじ1

アメリカ、イリノイ州・シカゴ。

ハンクことヘンリー・パーマーは金さえ積めばどんな裁判でも有利に動かす、やり手弁護士です。その日もハンクは、イリノイ州が立証できないことを取り上げて、本当は有罪の人物を無罪放免にしようと動いていました。

法廷に立ち、被告人の弁護をしようとした矢先に、ハンクに兄・グレンから電話がかかってきます。それを聞いたハンクはカーター判事に、裁判の延期を申し出ました。「母が死んだから」と告げます。

疑う検察官側を横目に、ハンクは携帯電話をカーター判事に渡しました。ハンクの母・メアリーが亡くなったのは事実でした。

裁判は延期され、ハンクは故郷に行く準備をします。

ハンクはシカゴの都会暮らしですが、故郷はインディアナ州の片田舎でした。ハンクは都会へ出て敏腕弁護士として活躍していますが、田舎の家族と喧嘩して以来、疎遠にしていました。

ハンクには妻・リサと娘・ローレンがいますが、ハンクとリサは現在離婚調停中です。ハンクが仕事で多忙すぎ、孤独だったリサがフェイスブックで元カレを見つけ、浮気したのが原因でした。

妻・リサはシュラブナーという弁護士を雇っていましたが、ハンクはローレンの養育権を得たいと思っています。

離婚予定の妻・サラがそれでも葬儀に出ようかと話を持ちかけますが、ハンクは丁寧に断ります。

飛行機に乗ったハンクはカーリンヴィル(イリノイ州とインディアナ州の境にある)のクレセント湖の近くにある葬儀場に行き、母・メアリーの通夜に参列しました。

母・メアリーは庭のアジサイの手入れをしている最中に、急に心臓が止まって亡くなったそうです。母・メアリーと軋轢がなかったハンクは、母の死を悲しみました。

さて家族との軋轢は、今年72歳になる父・ジョセフとありました。

父・ジョセフはこの田舎の山の町で、42年間判事を務める人間です。地元では超有名人物でした。

ジョセフとメアリーの間には、3人の息子がいます。長男・グレン、次男・ハンク、三男・デールです。

長男・グレンは幼い頃から野球が得意で、スカウトが来ているほどでした。父・ジョセフも期待を寄せていました。

一方の次男・ハンクは幼い頃からヤンチャを繰り返す問題児で、罪にはならないものの不良まがいの品行で、父・ジョセフは頭を抱えていました。しかし頭脳はハンクが最も優秀です。

三男のデールは穏やかな男性ですが、知的障害があります。

父・ジョセフと次男・ハンクの仲が悪くなった決定的事件があります。

それは将来野球選手として有望であった長男・グレンが、高校の時に事故で手を痛めて再起不能になったことでした。その時グレンは、ハンクが運転する車に乗っていたのです。

もちろんハンクは兄・グレンにこの件で負い目を持っています。長男・グレンは野球の道を閉ざされ、現在は自動車修理工をしている一児の父で妻との仲も良好ですが、「野球選手になれたかもしれないのに」という思いは、パーマー家の全員を落胆させました。

これがきっかけでハンクは逃げるように法科大学に進み、現在は弁護士として都会・シカゴで働いています。

そういうわけでハンクにとって実家は、非常に居心地の悪い場所でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャッジ(裁かれる判事)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×