映画:ジョーカー・ゲーム

「ジョーカー・ゲーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ジョーカー・ゲームの紹介:2015年公開の日本映画。柳広司のミステリー小説を、亀梨和也・主演で映画化したスパイ・サスペンス。第二次世界大戦前夜の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡り、各国のスパイたちの戦いを描く。

あらすじ動画

ジョーカー・ゲームの主な出演者

嘉藤次郎(亀梨和也)、リン(深田恭子)、神永(小澤征悦)、三好(小出恵介)、小田切(山本浩司)、マークス(リチャード・シェルトン)、キャンベル(ジャスパー・バグ)、アーネスト・グラハム(リチャード・モス)、笹原大佐(光石研)、武野大佐(嶋田久作)、結城中佐(伊勢谷友介)

ジョーカー・ゲームのネタバレあらすじ

【起】– ジョーカー・ゲームのあらすじ1

第二次世界大戦前夜…。

上官の命に背き極刑を言い渡された青年は、結城中佐に救われます。結城中佐は〝D機関〟というスパイ組織を設立しており、青年はその一員として訓練を受けました。

ジョーカー・ゲームとはD機関の仲間内でただポーカーをするのではなく、誰を味方につけて相手の札を読みとるかという攻防を指します。

青年に指令が下りました。〝嘉藤次郎〟という偽名で、国際都市〝魔の都〟に行って機密文書〝ブラックノート〟を奪取しろというものです。

ブラックノートはユダヤ人が開発した新型武器の設計図をドイツ軍が暗号化して、カメラのフィルムに点字のように記した代物で、現在は米国大使・グラハムの手にありました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョーカー・ゲーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ