映画:スイミングプール

「スイミングプール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

スイミング・プールの紹介:2003年公開。別荘で出会った対照的な二人の女性の姿を描いた作品。監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。出演は「愛の嵐」のシャーロット・ランプリング、「ピーター・パン」のリュディヴィーヌ・サニエ、「エイリアン3」のチャールズ・ダンス。

あらすじ動画

スイミングプールの主な出演者

サラ・モートン(シャーロット・ランプリング)、ジュリー(リュディヴィーヌ・サニエ)、ジョン(チャールズ・ダンス)、フランク(ジャン=マリー・ラムール)、マルセル(マルク・ファヨール)、マルセルの娘(ミレーユ・モセ)

スイミングプールのネタバレあらすじ

【起】– スイミングプールのあらすじ1

推理作家のサラは、出版社のジョンと会います。新人作家の作品が良い様子で、サラは気分が良くありません。

ジョンは、サラに別荘を使ってよいと紹介します。後から来るのか聞くと、娘がいるからと言います。

南フランスにやってきたサラは、別荘の管理をしているマルセルと会います。彼に別荘まで車で送ってもらいます。

近くの村で食料を買って、店に入って長閑な時間を過ごします。別荘も広くて天国のようだとジョンに報告します。仕事も順調に進んでいきます。

夜になって、一台の車が止まってきます。どうやらジョンの娘のジュリーがきてしまったのです。

自由奔放な彼女に、サラは毛嫌いをします。ジョンに電話して、娘が来るなんて聞いてないと留守電に入れます。

翌日、別荘にあるプールにジュリーは入ります。サラは、細菌が多そうで入りませんでした。

サラは、ジュリーの騒がしくて片づけない性格にイラつきます。外でご飯を食べることにします。その店の店員のフランクと話しをして癒されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スイミングプール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ