「ステップフォード・ワイフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

「ステップフォード・ワイフ」は1975年制作の「ステップフォードの妻たち」のリメイク作品で制作は「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダの声でも知られているフランク・オズ監督の作品で、主演はニコール・キッドマンです。敏腕プロデューサだったジョアンナは、新しく作った番組で不祥事が起き、責任を取らせられクビにされてしまう。そんなジョアンナを気づかい夫ウォルターは家族で郊外に引っ越す事を決める。引っ越した先は「ステップフォード」という美しい町だったが、そこに住む女性たちは、誰もが美しく夫に従順ないわいる完璧な妻たちだった。そんな異様な様子を不気味に思ったジョアンナ。ステップフォードには信じられない秘密が隠されていた…。  

あらすじ動画

ステップフォード・ワイフの主な出演者

ジョアンナ(ニコール・キッドマン)、ウォルター(マシュー・ブロデリック)、ボビー(ベット・ミドラー)、クレア(グレン・クローズ)、マイク(クリストファー・ウォーケン)、サラ(フェイス・ヒル)

ステップフォード・ワイフのネタバレあらすじ

【起】– ステップフォード・ワイフのあらすじ1

ステップフォード・ワイフのシーン1

画像引用元:YouTube / ステップフォード・ワイフトレーラー映像

敏腕プロデューサーのジョアンナはテレビ業界で大活躍していました。しかし、新たに制作した恋愛リアリティ番組「私はもっと良くなれる」で番組の中で妻に捨てられた夫が、妻と愛人たちを銃で襲撃し、さらに番組の新作発表会に乱入、ジョアンナにも発砲するという事件を起こしてしまいました。その事件の責任を取らされジョアンナは解雇されてしまいます。

ジョアンナはショックを受け、神経が衰弱し鬱状態になってしまいます。その身を案じた夫のウォルターは共に勤めていたテレビ局を辞職し、家族で郊外に引っ越し新しい人生を始めようと2人で決めました。

そして、夫婦と2人の子供たちとでコネチカット州のステップフォードに引っ越します。ステップフォードに着くと家を手配してくれたクレアに家の中を案内して貰います。引っ越す家はとても大きな立派な家で、家の中にはボタン一つで何でもコントロールできるモニター機器が付いており、ロボット犬までいました。

次の日の朝、ジョアンナはクレアに連れられて町を案内して貰います。この町「ステップフォード」はジョージ・ワシントン夫妻がつくた町で、クレアいわく「犯罪も貧困も競争もなく地上の楽園」だと言います。

町には、夫たちが女性抜きで集まって息抜きする男性協会といわれる建物があり、女性たちはにはスパがあるそうです。そしてスパに案内されたジョアンナ、中に入ると町の女性たちが集まっていました。女性たちは皆カラフルでキレイなワンピースを着ており、髪もメイクも完璧で、その光景に驚くジョアンナ。クレアは「夫にぶざまな姿を見せるわけにはいかない、何をする時もおしゃれでなくちゃ」と言い、女性たちはワンピースとハイヒール姿のままエクササイズを始めます。その異様な様子に不気味さを覚えるジョアンナでした。その頃、ウォルターは男性協会へ足を運びます。街には夫に仕える従順な妻たちばかりでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ステップフォード・ワイフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×