映画:ストームシェルター

「ストームシェルター」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ストーム・シェルターの紹介:2010年に公開されたシチュエーションスリラー映画です。嵐によってレストランに避難した男女が、夫婦のいざこざに巻き込まれるというストーリーです。主演は「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」のサイコな演技で話題をさらったジョン・ジャラット氏です。本作でも凶悪な役どころを演じており、狂気めいた行動と表情が魅力的な点だと言えるでしょう。他にもオーストラリアを代表する俳優陣が出演しています。

あらすじ動画

ストームシェルターの主な出演者

モリー(クレイグ・マクラクラン)、ケイト(ジェシカ・ネピア)、フィル(ジョン・ジャラット)、スー(アンジェラ・パンチ=マグレガー)、ジャック(クリス・ヘイウッド)

ストームシェルターのネタバレあらすじ

【起】– ストームシェルターのあらすじ1

ストームシェルターのシーン1

画像引用元:YouTube / ストームシェルタートレーラー映像

ウォンガ川レストランのオーナーであるモリーとその恋人ケイトは、嵐や洪水が来るのではないかと心配していました。

モリーはトラックに乗って、外へと出かけます。

大雨が降ってきました。サングラスをかけた男が車に乗り込みます。

サングラスの男から夫が出たという連絡を受け、妻スーは前払いで5万、実行後に5万を支払うと約束します。

スーは息子のダミアンを連れ、姉の家に泊めてもらうことにしました。

2人の女性ミッキーとシェイがウォンガ川レストランは、ハンバーガーが有名だと話をしています。

スーとダミアンが家を出た後、夫のフィルが戻ってきました。メモを見たフィルはスーの姉に連絡し、友人の振りをして、妻と息子の居場所を聞き出しました。

暴風・洪水警報が発令されます。フィルは洪水の危険性がある道を走っていました。

ウォンガ川レストランにミッキーとシェイがやってきます。店番をしていたケリーは、モリーから晩飯前には戻ると連絡を受けます。

スーとダミアンは洪水警報で橋が閉鎖されたことを知り、ひとまずレストランに避難します。

ダミアンはポーカーに誘われ、ミッキーやシェイと共に楽しみました。

モリーはトラックで、洪水によって増水している川を渡ります。フィルは乗用車で突っ込みますが、立ち往生しました。

モリーがフィルを助け、トラックに乗せます。

夜になり、モリーとフィルがレストランにたどり着きます。

フィルは妻の車を見つけ、レストランの中を覗きました。スーとダミアンは、フィルの存在に気づいていません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ストームシェルター」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ