映画:ストームシェルター

「ストームシェルター」のネタバレあらすじと結末

ストーム・シェルターの紹介:2010年に公開されたシチュエーションスリラー映画です。嵐によってレストランに避難した男女が、夫婦のいざこざに巻き込まれるというストーリーです。主演は「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」のサイコな演技で話題をさらったジョン・ジャラット氏です。本作でも凶悪な役どころを演じており、狂気めいた行動と表情が魅力的な点だと言えるでしょう。他にもオーストラリアを代表する俳優陣が出演しています。

あらすじ動画

ストームシェルターの主な出演者

モリー(クレイグ・マクラクラン)、ケイト(ジェシカ・ネピア)、フィル(ジョン・ジャラット)、スー(アンジェラ・パンチ=マグレガー)、ジャック(クリス・ヘイウッド)

ストームシェルターのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ストームシェルターのあらすじ1

ストームシェルターのシーン1 ウォンガ川レストランのオーナーであるモリーとその恋人ケイトは、嵐や洪水が来るのではないかと心配していました。
モリーはトラックに乗って、外へと出かけます。

大雨が降ってきました。サングラスをかけた男が車に乗り込みます。

サングラスの男から夫が出たという連絡を受け、妻スーは前払いで5万、実行後に5万を支払うと約束します。
スーは息子のダミアンを連れ、姉の家に泊めてもらうことにしました。

2人の女性ミッキーとシェイがウォンガ川レストランは、ハンバーガーが有名だと話をしています。

スーとダミアンが家を出た後、夫のフィルが戻ってきました。メモを見たフィルはスーの姉に連絡し、友人の振りをして、妻と息子の居場所を聞き出しました。

暴風・洪水警報が発令されます。フィルは洪水の危険性がある道を走っていました。

ウォンガ川レストランにミッキーとシェイがやってきます。店番をしていたケリーは、モリーから晩飯前には戻ると連絡を受けます。

スーとダミアンは洪水警報で橋が閉鎖されたことを知り、ひとまずレストランに避難します。
ダミアンはポーカーに誘われ、ミッキーやシェイと共に楽しみました。

モリーはトラックで、洪水によって増水している川を渡ります。フィルは乗用車で突っ込みますが、立ち往生しました。
モリーがフィルを助け、トラックに乗せます。

夜になり、モリーとフィルがレストランにたどり着きます。
フィルは妻の車を見つけ、レストランの中を覗きました。スーとダミアンは、フィルの存在に気づいていません。

【承】- ストームシェルターのあらすじ2

ストームシェルターのシーン2 フィルはレストランに入りました。サングラスの男ジャックと電話していたスーも夫の存在に気づきます。
フィルとスーは険悪な空気になりました。ケイトが静かにと一喝します。
2人は隅っこに座り、ひそひそ話をします。フィルはギャンブルで全財産を使い果たしていました。しかしフィルはネットバンクを調べ、妻が少なくとも10万ドル持っていることを確信しています。夫婦は財産問題で揉めていました。

戻ってきたモリーも事情を聞き、フィルに対して騒ぎは起こすなと釘を刺します。
フィルはカウンターに行き、お酒を飲み始めました。その隙を狙い、モリーがスーとダミアンに話しかけます。
スーは夫が来るのは予想外だと話し、フィルは正気ではないと言いました。そこにジャックがやってきて、フィルに掴みかかり、「貴様を逮捕する」と叫びます。
ジャックは刑事だと名乗り、モリーたちに高圧的な態度を取りました。モリーは雨が止んだら出て行けと言い、ジャックは最初からそのつもりだと答えます。
ジャックはフィルを痛めつけ、しまいには銃を取り出しました。モリーが助けに入ったことで、フィルが銃を手に入れます。
ジャックはもう1丁の拳銃を手にし、フィルと銃撃戦をおっぱじめました。2人は車に乗り、カーチェイスを始めます。
我慢の限界に達したモリーは、スーとダミアンを問い詰めました。フィルは暴力三昧の末、更生施設に入れられていたのです。

フィルは車を降りて、森の中に入りました。ジャックもまた森に入り、フィルを探します。

スーからフィルは危険な男だと聞き、怖くなったミッキーは外に出ます。その後をモリーとシェイが追いかけました。
シェイがミッキーを励まします。

戻ってきたモリーに、スーは助けを求めました。モリーは使ってない倉庫に身を潜めることを許可します。

シェイが同性愛者だったため、ミッキーは口説かれていると勘違いし、車の外に飛び出してしまいます。

スーとダミアンは車ごと倉庫に隠れました。2人は殺されるかもしれないと怯えています。

【転】- ストームシェルターのあらすじ3

ストームシェルターのシーン3 シェイがレストランに戻ってきます。ミッキーの姿はどこにもありません。
モリーはシェイを連れて、ミッキーを探しました。

フィルはジャックの背後を取り、引き金を引きます。ジャックは死にました。
フィルはジャックの死体を運び、携帯で撮影します。

シェイはレストランに戻ります。結局ミッキーは見つかりませんでした。

ミッキーはレストランに戻ろうとしますが、その前にフィルが立ちはだかります。フィルはレストランに向かい、妻と息子の居所を尋ねました。
フィルは妻こそが悪だと言います。彼は妻がジャックを雇い、自分を殺そうとしたと暴露しました。
フィルはモリーたちを殺したくないから、邪魔をしないでくれと口にします。彼は再度居場所を尋ねますが、モリーは出て行ったと嘘をつきました。フィルが刑事を殺したことに感づいたからです。

フィルはレストランの外に出ます。ミッキーが無線で助けを呼んでいるのに気づき、フィルは彼女の頭を掴んで大怪我を負わせました。
レストランに戻ったフィルはケイトとシェイに銃を突きつけ、ジャックの死体の写真を見せます。
妻と息子の居場所を吐かないことにイラついたフィルはシェイを殴り飛ばし、ケイトに銃を突きつけました。
ケイトはついに居場所を吐き、フィルを倉庫に案内します。

ミッキーを探していたモリーは、シェイを助け起こします。ケイトがいなくなったこと、ジャックが本当に殺されたことを知り、モリーはシェイと共に動き出しました。

ダミアンは外の様子を確かめようとします。スーがこぼした一言で、ダミアンは母親がジャックを呼んだことに気づきました。

モリーとシェイは重症のミッキーを発見し、レストランに連れ帰って治療します。
モリーはシェイに銃を渡し、ケイトを探しに行きました。

【結】- ストームシェルターのあらすじ4

ストームシェルターのシーン2 フィルはウォンガ川にケイトを連れて行きました。彼は川の中にある木にケイトを縛りつけ、去っていきます。

モリーはジャックが死んだことをスーとダミアンに伝え、倉庫を後にします。その直後、フィルがやってきて、倉庫の扉を破壊しました。
スーとダミアンは車に乗って逃げます。フィルは発砲し、スーは肩を負傷しました。
モリーがスーとダミアンを逃がし、フィルとの銃撃戦に挑みます。フィルを捕まえたモリーは、ケイトの居場所を聞きました。
モリーはバイクに乗って川に向かい、ケイトを救出します。

スーはシェイの治療を受け、ダミアンと共に銃を探しました。気絶から目を覚ましたフィルは起き上がり、レストランに向かいます。
フィルは拳銃を奪い、シェイに突きつけました。彼はスーが自分に生命保険をかけていることを明かします。
その後、スーとダミアンの気配を感じたフィルはその場を離れました。
弾を撃ちつくしたフィルの隙を突き、スーとダミアンは逃げますが、結局見つかってしまいます。
フィルは斧で扉を破壊しました。するとモリーが現れ、フィルをボコボコにします。
モリーはフィルを捕まえ、倉庫の中に閉じ込めました。

最悪の1日が終わり、朝を迎えます。フィルと長話をしたシェイは、スーを詰問します。スーはジャックに10万ドルを支払おうとしており、その一方でフィルに多額の生命保険をかけていたため、夫が死ねば、破産状態を乗り切れるのです。
モリーたちはスーのかばんを調べます。中には10万ドルが入っていました。すべてを知ったダミアンは項垂れ、父フィルのいる倉庫に向かいます。ダミアンは正気を失い、フィルの頭を水に沈め、殺してしまいました。
そこにスーがやってきて、「何とでもなる。大丈夫だから」と言い聞かせます。
その直後、モリーも来て、フィルが死んだことを知りました。
ダミアンは「落ちたのかも」と言い、スーは「最後にいたのはあなたよ」と口にし、微笑を浮かべます。

みんなの感想

ライターの感想

散々助けてもらっておきながら、恩を仇で返すような真似をするスーとダミアンがむかつきました。というかスーの最後のセリフはムリがあるような気がします。よくあれで大丈夫だと思えたものです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ストームシェルター」の商品はこちら