映画:スノーロワイヤル

「スノーロワイヤル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年製作のアメリカ映画。マフィアに息子を殺された除雪作業員の壮絶なる復讐劇を描く、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション。犯罪小説で得た殺しの知識によって、たった1人でマフィアに立ち向かっていく男をニーソンが熱演。ノルウェーの鬼才と呼ばれるハンス・ペテル・モランド監督がステラン・スカルスガルド主演で映画化した自作をリメイク。

あらすじ動画

スノーロワイヤルの主な出演者

ネルソン・コックスマン〔ネルズ〕(リーアム・ニーソン)、バイキング(トム・ベイトマン)、ホワイトブル(トム・ジャクソン)、キム・ダッシュ(エミー・ロッサム)、グレース・コックスマン(ローラ・ダーン)、マスタング(ドメニク・ランバルドッツィ)、アヤ(ジュリア・ジョーンズ)、ギップ(ジョン・ドーマン)、オスガルド刑事(アレクス・ポーノヴィッチ)、ブロック・コックスマン〔ウィングマン〕(ウィリアム・フォーサイス)、ソープ(ラオール・トゥルヒージョ)、デクスター(ベンジャミン・ホリングスワース)、シヴ(クリストファー・ローガン)、スモーク(ナサニエル・アルカン)、ウィンデックス(ベン・コットン)

スノーロワイヤルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①除雪作業でキーホー市に貢献したネルズの息子・カイルが殺された。麻薬組織のバイキングが人間違いで殺害した。ネルズは怒って復讐を開始する。 ②麻薬組織のライバル、ホワイトブルの仕業だと思い込み、バイキングはホワイトブルと抗争を開始、バイキング側が壊滅。

【起】– スノーロワイヤルのあらすじ1

スノーロワイヤルのシーン1

画像引用元:YouTube / スノーロワイヤルトレーラー映像

〝ある者はどこに行っても 人を幸せにする

あるものは去ることで 人を幸せにする

   オスカー・ワイルド〟

アメリカ・コロラド州キーホー。

(注:キーホーは架空の土地です。実在しません)

ロッキー山脈の近くのリゾート地、キーホーで、ネルズ・コックスマンは長年、除雪車を運転していました。

キーホーの町とふもとの町・デンバーとを結ぶ道を除雪する、非常に貢献的な仕事です。

ネルズはキーホーの模範市民賞を受賞しました。

大々的に表彰され、ネルズは慣れないスピーチを人前で行ないます。

この際に、ネルズ・コックスマンという名前は、少し珍しい苗字ということも手伝って、知れ渡りました。

ネルズには長年連れ添った妻・グレースと、空港で働く息子・カイルがいます。

カイルはもうすっかり大人です。

同じ頃。息子のカイルが空港の従業員事務所に戻ると、男たちに襲われました。

いきなり拉致され、注射を打たれて、走行中の車から突き落とされます。

カイルはそのまま、亡くなりました。

〔カイル・コックスマン〕←このように、死んだ人の名前が劇中、字幕で出てくる

カイルを殺害したのは、その地域一体を仕切るギャングのリーダー、通称:バイキングと呼ばれる男性トレバー・カルコートの手下でした。

しかしネルズはまだ、そのことを知りません。

バイキングには息子・ライアンがいますが、離婚した妻と交替で育てています。

息子の死を知ったネルズは、納得いきませんでした。

死体安置所で、死因がヘロインの過剰摂取と聞いたネルズは「息子は麻薬をしない」と主張しますが、麻薬課の刑事たちは、「親はみんなそう言う」と信じません。

息子の葬儀を終えた後、ネルズは猟銃自殺を考えました。

職場で酒を飲み、猟銃をネルズが口にくわえたところで、息子・カイルの同僚・ダンテが駆け付けます。

ダンテは、スピードという人物がカイル殺害に関与していたと話しました。

ネルズは、息子の復讐を強く誓います。

町へ移動したネルズは、ダンスクラブで挑発的に近寄ってきた人物がスピードだと気づきます。

カイルのことを訊くと、スピードは知らないとしらばくれました。

ネルズはスピードの顔を殴り、ひきずって車中に連れ込むと、スピードのスマホを奪って、誰の命令だったかと質問します。

リンボーという名前を聞いたネルズは、スピードを殺害しました。

〔スティーブ・ミリナー 〝スピード〟〕

遺体は金網で包むと、近くの川に流します。川は勢いが強く、流れも豊かでした。

金網で包むと遺体が浮かぶこともなく、金網の隙間から魚が遺体をついばむので、隠匿には向いていると、ネルズは犯罪小説から得た知識を使います。

続けてリンボーに会いに高級服飾店へ行ったネルズは、タキシードを作りたいと嘘をつきました。

リンボーに訊くことで、ネルズは、息子のカイルが殺害された背景が見えてきます。

キーホー空港は、バイキングが牛耳る麻薬組織の取引場所でした。

コカインの取引を行なう場所として、空港が利用されていました。

カイルはその取引の手違い、人違いで殺害されたのです。

空港でコカインの取引をしている、サンタと呼ばれる男がいると聞いたネルズは、その場でリンボーを射殺しました。

遺体は持ち帰り、金網を巻いて川に流します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スノーロワイヤル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×