映画:スパイゲーム

「スパイゲーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

スパイ・ゲームの紹介:2001年公開のブラッド・ピットとロバート・レッドフォード共演で贈るスパイサスペンス映画。スパイの世界で、命を預け合う男と男の友情を描いた作品。監督は「トップガン」のトニー・スコット。出演は、「大いなる陰謀」のロバート・レッドフォード、「12モンキーズ」のブラッド・ピット、「愛の嵐」のシャーロット・ランプリング。

スパイゲームの主な出演者

ネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォード)、トム・ビショップ(ブラッド・ピット)、エリザベス・ハドレー(キャサリン・マッコーマック)、チャールズ・ハーカー(スティーヴン・J・ディレイン)、トロイ・フォルジャー(ラリー・ブリッグマン)、グラディス・ジェニップ(マリアンヌ・ジャン=バプティスト)、ハリー・ダンカン(デイヴィッド・ヘミングス)、アン・キャスカート大使夫人(シャーロット・ランプリング)

スパイゲームのネタバレあらすじ

【起】– スパイゲームのあらすじ1

スパイゲームのシーン1

画像引用元:YouTube / スパイゲームトレーラー映像

CIA工作員のトム・ビショップは蘇州刑務所に収容されている囚人を救出しに向かいます。刑務所ではコレラが発生して、トムは医師に扮して潜入を図ります。

感電して死んだふりをしたトムは、システムが感電で落ちている間に囚人のエリザベス・ハドレーを救出しに行きます。

途中で出会った囚人にガムをあげていて、トム達が脱出中に勘づかれてしまいます。トムは逮捕されて拷問されます。

後1日で引退で、トムの育ての親でもある伝説のCIA工作員ネイサン・ミュアーは、CIA香港支部のダンカンからトムについての連絡を受けます。

出勤したミュアーは、同僚のハーカーからトムの資料を渡すように言われます。いくつか抜き取って秘書に燃やさせます。

CIA副長官のトロイなどが出席する会議で、ミュアーはトムについて話しを始めます。彼らはトムについての資料を完璧にしようとしていました。トムが処刑されるまで、後24時間です。

ベトナム戦争時、ミュアーは将軍の暗殺を企てていました。腕利きのスナイパーが木端微塵になって、腕の立つ元ボーイスカウトのトムが抜擢されます。それがミュアーとトムとの出会いです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スパイゲーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×