映画:スマホ拾っただけなのに

「スマホ拾っただけなのに」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

スマホ拾っただけなのにの紹介:2019年製作の日本映画。あるスマホを拾ってしまった、若者たちの体験を描いたホラーサスペンス&コメディ映画。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

スマホ拾っただけなのにの主な出演者

ユウカ〔アミ〕(冨手麻妙・一人二役)、サイトー(齊藤友暁)、スズキ(茶谷優太)、アオヤマ(キャッチャー中澤)、チェーンソーじじい・高橋ケイゾウ(古川慎)、鎌ばばあ・高橋トヨコ(美谷和枝)、襲われた女性・高橋ミユ(神田美優)、アミのカレシ(ウメモトジンギ)、アミの後輩(安田ユウ)、警官(大迫茂生)、ナナミ(向後桃)、写真の女性(田中聖樹子)、写真の男性(上ノ町優仁)

スマホ拾っただけなのにのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①群馬県桐生市に卒業旅行に来たサイトー、アオヤマ、スズキ。拾ったスマホを持ち主の美女・ユウカに渡してユウカと行動を共にしたところ、山の中の古民家で殺人鬼の夫妻に遭遇。殺人鬼は誤解で、人のいいご老人だった。 ②ユウカは偽者で資産家を狙う強盗、正体に気づいたサイトーたちが返り討ちにし、ユウカ(本名:アミ)たちは逮捕された。

【起】- スマホ拾っただけなのにのあらすじ1

スマホ拾っただけなのにのシーン1 サイトー、アオヤマ、スズキの3人は、血まみれのナイフを前にして、怯えていました。
サイトーはナイフを見ながら「俺たち、スマホ拾っただけなのに…」と思います…。
(このシーンは後に出てくる)


黒縁眼鏡をかけた大学4年生のサイトーは、ナナミという女性に片思いをしていました。
サイトーは勇気を振り絞って、ラインでナナミに告白のメッセージを送信します。

…完璧な文章を送ったと悦に入ったサイトーは、ナナミからの返信が色よいものだったので、有頂天になります。
さらに、ナナミが部屋を訪問し、「告白してくれてうれしかった。私もサイトーくんのこと、大好きなの」とサイトーに言います…。

そんな妄想をしていたサイトーですが、実際のラインの返信は「ごめんね…」と断る内容で、サイトーは落胆します。
サイトーは妄想するのが好きな人間で、よく妄想が暴走します。


サイトーは、城南大学映画研究会に所属しています。
大学の卒業旅行をしようと思ったサイトーは、群馬県の桐生市に車でドライブしました。
メンバーは、小太りで赤い縁の眼鏡のアオヤマと、サングラスをかけたスズキです。

うどん店「雪の屋」へ入ったサイトーたちは、駐車場でスズキを撮影します。
スマホを見ていて、注意が散漫になったサイトーは、白い軽トラに乗る初老の男性・高橋ケイゾウに叱られました。
ケイゾウは、後ろを見ずにあとずさりしたサイトーを、トラックで引きそうになっており、怒ります。

…ケイゾウを見たサイトーは、ケイゾウが荷台に置いてあるチェーンソーを持ち、襲ってきそうだと妄想しました。

実際は注意だけして去ったのですが、トラックの荷台から血が垂れているのが見えて、サイトーは気になります。


うどん店で食事をしながら、サイトーたちはどうするか話し合います。
スズキは、こんな田舎で暮らしている人は、何が楽しくて生きているのかとぼやきました。
サイトーはご飯を食べながら、まだナナミのことを引きずっています。
スズキとアオヤマは、サイトーからナナミの一件を聞いていました。
ラインのメッセージで告白するのは味気ない、実際に会って伝えるべきだったと言います。


どこに行くかと聞かれたサイトーは、桐生市をネットで検索し、観光名所がないか探しました。
出てきた検索結果には、「75歳の男性が、3年ぶりに書道の個展を開いていること」「資産家の男性が行方不明であること」「ファッション業界で成功を収めた若い女性の記事」が出てきていました。
(注:この検索結果が大事!!)

ネットで検索していたサイトーは、ホテルを予約することを忘れていたと言います。
アオヤマとスズキは、声を上げました。野宿や車で寝るなど、したくないと不満を言います。
どうしようかと言いながら店を出たサイトーは、歩道にかわいらしいスマホカバーがついたスマホが、落ちているのを見つけます。

カバーからして女性だろうと言っていると、そのスマホに非通知設定で電話がかかりました。
サイトーが出ると、相手は女性の声です。
かけてきた相手は、スマホの持ち主・ユウカでした。
電話の受け渡しをするために、桐生駅で待ち合わせをしたサイトーたちは、うきうきします。

【承】- スマホ拾っただけなのにのあらすじ2

スマホ拾っただけなのにのシーン2 現れたのは、若くてかわいい女性・ユウカでした。
迎えたサイトーたちは、テンションが上がります。
ダメモトでスズキがお茶に誘うと、ユウカは時間があると言って、一緒に遊ぼうと言いました。
先ほどのうどん屋に引き返すことになりますが、それでもユウカと一緒にいられることで、サイトーたちはうれしい気持ちです。

ユウカは若く見えますが、群馬県太田市出身の、社会人だそうです。
友だちと会う約束をしていると言ったユウカは、まだ時間があるとして、サイトーたちと桐生市の街で遊びます。


近道をしようとして、ひとけのない山中で車がパンクしました。
近くに人家もなく、サイトーたち4人はおりて歩いて移動します。

少し歩くと、古くて広い一軒家を見つけました。
サイトー、スズキ、アオヤマ、ユウカは呼びかけますが、家にはカギがかかっておらず、応答がありません。
トイレを借りたいアオヤマが入っていき、用を足します。

そこへ家の住民が戻ってきました。
初老の女性・高橋トヨコが「お前ら、人んちで何やっとんじゃ!」と叱りつけると、サイトーたちを泥棒呼ばわりします。
問答無用で攻め寄ったトヨコは、サイトーたち4人の財布とスマホを取り上げました。

トヨコに驚いたサイトーたちですが、庭のほうから家の住民の男性が顔を出したので、さらに驚きます。
男性は町でサイトーをトラックで轢きそうになった、初老男性・ケイゾウでした。
ケイゾウは血まみれで立っており、血の付いた包丁を持っていたので、サイトーたちは絶句します。

ケイゾウがチェーンソーを持ってかかってくるので、サイトーたちは逃げます。
チェーンソーの電源は入れていません。
スマホを取り上げられているので、ユウカは家の固定電話を使って、通報しようとしました。
しかし平成生まれで黒電話を知らないユウカは、電話のかけかたが分かりません。

ユウカが乱暴に受話器を置いたので、腹を立てたトヨコは、ハンマーでアオヤマのスマホを壊します。
サイトーたちは逃げました。
男3人は母屋から出て庭に隠れ、ユウカは室内に隠れます。
サイトーたちが庭にいると、家の玄関にショートカットの若い女性・ミユがたたずみます。
ケイゾウが問答無用でミユの背後からはがいじめにし、家のなかに引きずり込んだのを見て、サイトーたちは怯えます。

白い軽トラのそばに移動したものの、オートマの免許や原付の免許しか持っていないので、ミッションである軽トラの運転ができません。

家の中から、ユウカの悲鳴が聞こえました。
サイトーは、颯爽と助けに行く妄想をしますが、ヘタレなので妄想だと分かっていました。
サイトーとアオヤマが家の中を覗くと、血まみれのケイゾウが吐いており、ゾンビのようでした。アオヤマは「化け物だ」とつぶやきます。

ユウカのところへ移動したサイトーは、助けてこっそり移動をします。
奥の和室の仏壇のところで、トヨコが骨壺から何かをむさぼり食っていました。

【転】- スマホ拾っただけなのにのあらすじ3

スマホ拾っただけなのにのシーン3 ケイゾウから逃げたサイトーとユウカが風呂場に隠れると、そこに包丁と血のついた布が置かれています。
サイトーは、風呂場で遺体が解体されたのかと想像し、弱音を吐きます。
ユウカがサイトーを励まし、サイトーとユウカはいい雰囲気になりました。

ふたりは風呂場から外に出て裏手に回ると、血まみれで倒れているスズキを見つけます。
スズキが死んだと思ったサイトーは、ショックを受けました。

ユウカが、自分がおとりになるからスマホを取り返してくれと、サイトーに言います。
サイトーは、「自分がおとりになる」と言いたいところですが、現実的には運動神経がないので、ユウカに任せました。
ユウカがケイゾウの注意を惹き、サイトーはトヨコの目を盗み、スマホを取り返します。

トイレに駆け込んだサイトーは、便器にスマホを落としてしまいます。
急いで拭いて警察に電話をかけますが、住所を聞かれて答えられず、困りました。
スマホのGPS機能で、地図表示を出そうとしますが、地図が反応悪く、場所が分かりません。
そこへトヨコが襲ってきました。

サイトーとユウカが絶体絶命のときに、アオヤマやスズキも家のなかに突入してきます。
トヨコとケイゾウは襲ってきたものの、サイトーたちに「こそ泥!」と責めていました。
さらに制服姿の警察官が、通報を受けてやってきます。

互いに互いを恐れている様子だと気づいたサイトーたちは、なにやら重大な勘違いをしているようだと、ようやく気づきました。


…ここで映像が早戻しになり、真相を教えてくれます…。


映像はずっとさかのぼり、サイトーが駐車場でケイゾウの車に轢かれそうになったところまで戻ります。
サイトーが見て驚いていた軽トラの血は、ケイゾウが山で仕留めたイノシシのものでした。
ケイゾウは害獣のイノシシを捕まえて帰宅すると、トヨコに「鍋にするぞ」と言っていました。

ケイゾウは妻のトヨコに、スマホを持った若者が飛び出してきて、事故に遭いそうになったことを話します。
トヨコはそれを聞いて、スマホに敵意を抱いていました。

イノシシを庭で捌くというケイゾウに、トヨコは賞味期限の切れたトマトジュースを渡します。
ケイゾウはイノシシを包丁で捌き、血まみれになりました。
その状態でトマトジュースを飲み、口の周りが赤くなります。


ところでこの日、ケイゾウとトヨコの孫のミユが、田舎にやってくる日でした。
ミユが最寄駅から電話をかけてきて、電話を取ったトヨコは、食べかけのジャイアントコーンを骨壺のような白いツボに突っ込みます。

サイトーたちが現れたとき、ケイゾウとトヨコは「泥棒」だと思いました。
勝手に入り込んで黒電話を使おうとし、受話器をたたきつけたのを見て、トヨコはスマホをハンマーで叩きます。

ケイゾウが家に引きずり込んだ女性・ミユは、ケイゾウたちの孫でした。
強盗がいるから警戒して、背後から引きずり込んだのです。
ケイゾウが吐いたのは、賞味期限が2009年のトマトジュースを飲んだからでした。
10年も前のものだったので、ケイゾウは腹の具合も悪くなっていました。

【結】- スマホ拾っただけなのにのあらすじ4

スマホ拾っただけなのにのシーン2 トヨコが骨壺から食べていたのは、ジャイアントコーンだと分かります。
スズキは逃げるときに慌てて転倒し、イノシシを捌いたあとの場所で血がついていただけでした。
サイトーがトイレで通報したときに、地図が表示できなかったのは、通信制限がかかっていたからでした…。


ケイゾウたちはサイトーのことを強盗だと思い、サイトーたちはケイゾウのことを人殺しだと思っていました。
すべての誤解がとけて、ケイゾウとサイトーたちは和解します。

意気投合したケイゾウは、サイトーたちに鍋を振舞い、泊まっていけと言います。
サイトーたちの壊れた車は、明日にでも直してやると言いました。
アオヤマやスズキは喜びます。


孫娘のミユが桐生に来たのには、事情がありました。
実はケイゾウは、有名な書道家でした。
このたび3年ぶりに個展を開いたので、孫のミユが見に来たのです。
(サイトーがネットで調べたときに、個展のことが載っていた)

ケイゾウとトヨコが強盗と思ったのは、彼らが金持ちだったからです。
家には金庫があり、大金が置かれているようでした。

食後、縁側でたたずむサイトーに、ケイゾウが話を聞きます。
ケイゾウは、振られてもトヨコに何度もアタックをし、恋を成就させたと言いました。
ちゃんと顔を見て告白をしろと言い、サイトーもそうしようと考えます。


真夜中。
ふと目覚めたサイトーは、隣の部屋で変な音がするのに気づきます。
覗いてみると、ユウカと見知らぬ若者2人が、ケイゾウ、トヨコ、ミユの首を絞め、殺害していました。
サイトーは驚きのあまり、声が出ません。

若者2人は、ユウカのカレシと後輩のようでした。
ユウカは彼らに、アミと呼ばれています。
ユウカは、カレシたちを引き込んで、金を奪おうとしていました。
金庫の暗証番号を言わないので、ケイゾウたちを殺害しました。

ユウカたちは、このところ群馬で資産家を狙って金を奪う事件の犯人でした。
(資産家の行方不明事件が、ネットの検索結果に出ていた)

ユウカのカレシは、サイトーたちも殺して家に火をつけて、逃げようと話しています。
ユウカのスマホを覗き見たサイトーは、本当のユウカはファッション業界の社長だと知り、目の前の女性が全くの別人だと気づきました。
ユウカと似ているだけで、目の前の女性はアミだったのです。

(正体が分かったので、以後はアミ表記で)

サイトーはアオヤマとスズキを起こし、逃げようと言います。
そこへアミがナイフを持って襲ってきました。
血まみれのナイフを見たサイトーは、「俺たち、スマホ拾っただけなのに…」と思います。
(ここがオープニング)


サイトーたちは、死に物狂いで抵抗します。
チェーンソーで切りかかられたサイトーは、左手首に傷を負いました。
スマホに手を伸ばしますが、あともう少しのところで届きません。
サイトーは痛みに苦しみながら、手首を切断し、その手を使ってスマホにアクセスします。

サイトーが通報をし、警察官は夕方のような間違いではないかといぶかりながら、また家にやってきました。
サイトーが着信音を鳴らし、警察官に知らせます…。


アミたちは逮捕され、サイトー、アオヤマ、スズキは助かりました。
後日、サイトーは勇気を出して、ナナミに告白をしに行きます。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

タイトルが『スマホを落としただけなのに』と似たものだが、よくできた作品。
内容的には『カメラを止めるな!』のような感じ。途中でからくりを説明してくれる。
前半パートだけに終わらず、後半にユウカが本当は悪かったという展開があり、工夫があってよかった。
期待せずに見ると、楽しい。
  • 北川景子さんの感想

    ページの画像が「スマホを落しただけなのに」の画像になっていますよ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「スマホ拾っただけなのに」の商品はこちら