「スリーリバーズ」のネタバレあらすじと結末の感想

スリー・リバーズの紹介:1993年製作のアメリカ映画。3つの河川が合流するスリー・リバーズ・シティと別称されるピッツバーグを舞台に、五代続いた警官一家の一員である刑事が、連続殺人事件のに挑む姿を描くサスペンス・アクション。スリー・リバーズ自体はオハイオ川を指す。

予告動画

スリーリバーズの主な出演者

トム・ハーディ(ブルース・ウィリス)、ジョー・クリスマン(サラ・ジェシカ・パーカー)、ニック・テディロ(デニス・ファリーナ)、ダニー・テディロ(トム・サイズモア)、ジミー・テディロ(ロバート・パストレリ)、エディ・アイラー(ブライオン・ジェームズ)、トニー・サッコ(ティモシー・バスフィールド)、ヴィンス・ハーディ(ジョン・マホーニー)、フレッド・ハーディ(トム・アトキンス)、キム・リー(ジョディ・ロング)、ペンデルマン(マイク・ホッジ)、フランク・モリス(アンドレ・ブラウアー)、シド(ロスコー・オーマン)、ダグラス・ケサー(ロバート・グールド)、チック・チカニス(ギャレス・ウィリアムズ)、ヘレン・クレイマー判事(ジュリアナ・マッカーシー)、ニュースキャスター(サリー・ウィッキン)

スリーリバーズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①警察一族のトミーは相棒ジミーの暴行が許せず、証言をした。ジミーはトミーの目の前で自殺。同じ頃金髪女性を絞殺する連続殺人が起こりトミーは警官の犯行だと思うが、犯人は別人だった。 ②2年後またも女性ばかりを狙った殺人事件が発生。犯人は2年前も同じく死んだはずのジミーで、トミーに罪を着せようとしていた。トミーは容疑を晴らす。

【起】- スリーリバーズのあらすじ1

(映画の原題である『Striking Distance』は「すぐそば」という意。
邦題である『スリー・リバーズ』は、アルゲイニー川、モノンガヘイラ川が合流してできるオハイオ川のことを指し、合流地点一帯が映画の舞台にあたる。3つの川(スリー・リバーズ)が物語の舞台のため、このようなタイトルとなった)

1991年、アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグ。
ハーディ家とテディロ家は親戚同士であり、代々警官を務める一族です。
トーマス・ハーディ、通称:トミーは警官一家の五代目にあたります。
相棒は従兄弟のジミーでした。
ジミーとジミーの弟・ダニー、トミーの3人は、昔から一緒に遊ぶ仲間でした。気心も知れています。

その頃、世間ではある大きな事件が一帯を賑わせていました。
金髪女性を絞殺し、川に捨てるという連続猟奇殺人鬼がいたのです。
この事件は〝ポーリッシュ・ヒルの絞殺魔〟と呼ばれ、第4の遺体が揚がっていました。

同じ頃、相棒のジミーが暴行事件の容疑者として裁判沙汰になっており、トミーは相棒のジミーの暴行を認める証言をしました。
従兄弟であり相棒である警官仲間に不利な証言をするのは裏切りに近いですが、トミーは正義に従ったのです。
警官である父・ヴィンスは「常に誠実たれ、それが正義だ」とトミーを慰めてくれますが、親戚一族がこの地域一帯の警官になっていることがあだとなりました。
トミーは裏切り者、鼻つまみ者扱いされます。

そんな中、不審な車が発見され、追走劇が始まりました。ピッツバーグのパトカーがたくさん出動し、取り囲みます。
しかし逃走車は包囲を突破しました。出勤途中の自家用車に乗っていたトミーと父・ヴィンスも追いかけます。
トミーとヴィンスは不審車と共に、川べりの坂を横転しました。
置いて行かれたパトカーが追いつくまでに、父・ヴィンスは射殺され、トミーは車の中で動けなくなっており、犯人を取り逃します。
不審な車のトランクには、5人目の被害者の遺体が入っていました。

後日、一連の犯人が逮捕されます。
逮捕されたのはケッサーという男ですが、トミーはひと目見て「ちがう」と思いました。ケッサーは小男で、とても連続殺人をするような人物ではありません。
しかしチケイニスという目撃者の男が現れ、ケッサーは有罪になります。調べると、ケッサーの部屋に犯行の証拠が見つかりました。
トミーは〝ポーリッシュ・ヒルの絞殺魔〟の犯人は、警察官だと考えていました。いつも警官が使うスタンガンを使って被害者は気絶させられており、警察無線を使って犯行を予告するからです。
しかし「裏切り者」のトミーの言い分を聞く者は、誰もいませんでした。むしろ「犯人は警官」とマスコミのいる公の場で口にしたために、トミーに処分が下されます。
さらにトミーを不幸が襲いました。
トミーが有罪に追い込んだ相棒のジミーが、目の前で川に飛び込み、自殺を図ったのです。
トミーはジミーの父である警官・ニックに「お前のせいだ」と責められました…。

【承】- スリーリバーズのあらすじ2

…2年後。
〝ポーリッシュ・ヒルの絞殺魔〟の犯人とされたケッサーは、死刑の判決が下されています。
殺人課を外されたトミーは、リバー・パトロール隊に配置換えになっていました。水上警察です。
父・ヴィンスも2年前の事件で亡くなったので、トミーは飼いネコとボートハウスで暮らしていました。
トミーは操縦専門で、相棒はダイバーの資格を持つ者でした。相棒は口うるさい男性・サッコです。
ある日、シェナンゴ鉄鋼所から事件の知らせを受け、トミーはサッコを置いて現場へ向かいました。鉄鋼所に、シェリルという女性の遺体が揚がっていました。女性は心臓を撃たれて亡くなっていました。
その頃、従兄弟のダニーがカリフォルニアから戻ってきます。ダニーはトミーのかつての相棒・ジミーの弟です。
ダニーはカリフォルニアにはもう行かず、この地に住むと言いました。

翌日、出勤するとトミーの相棒はジョー・クリスマンという女性に変更されていました。ジョーは金髪女性です。
いたずらをしかけようとして「もやいを取ってくれ」とトミーは言います。もやいを取るタイミングで急発進させ、船からいつも相棒のサッコを落としていました。しかしジョーは手すりをきちんと持っており、トミーのいたずらは通用しません。
徐行区域を飲酒しながらスピード違反している若者たちをトミーは注意しますが、切符は切らずにいました。見かねて、ジョーが切符を切ります。
船の中で暴力が振るわれているのを見たトミーとジョーは、強盗だと思い、咄嗟に気付かなかった振りをして通過し、トミーが橋の陰から船に乗り込みました。ジョーは通報します。
船上強盗を逮捕したトミーは、相棒のジョーを褒めました。愛想が悪かったことも詫びます。女性の相棒は初めてで、勝手が分からなかったと言いました。

その頃、勤務終わりの女性看護師が裏口から外へ出る時に、スタンガンで気絶させられます。
トミーに電話がかかってきて、2年前に犯行予告でかけられたのと同じ曲が流れます。
それを聞いたトミーは、やはり2年前の事件の真犯人は別にいると思い、翌日、ピッツバーグ警察署へ行きます。
2年前に相棒を売ったということで、警察官は白い目を寄越すばかりで誰も話を聞いてくれないので、トミーはポーリッシュ・ヒルの資料を持ち帰りました。
さらにトミーは管轄区域外へ出て行くと、友人に会うと言って船を立ち去ります。ジョーは船番です。
トミーは2年前の目撃者・チケイニスを探しに行っていました。捕まえて銃を向け、真相を聞いていると、それを見たジョーがトミーに銃を向けます。チケイニスは取り逃がしてしまいました。
その時、リバー・パークの北岸で、また遺体が揚がったという知らせが入ります。

【転】- スリーリバーズのあらすじ3

遺体は慈善病院の女性看護師・ポーラでした。トミーの叔父(ジミーとダニーの父)・ニックは、ポーラがトミーの元カノだと知っていました。
ジョーは今回の連続殺人事件が2年前と関係しており、それをトミーが追っていると気付きます。

叔父のニックがトミーに話を聞きにきました。トミーは、警察に行ったのは2年前と関連があることを知らせるためだと言います。
2年前は絞殺でしたが、今度は銃殺でした。しかし首を絞められた跡と、前回同様、縛られた跡もあります。
さらにトミーは、自分の家に電話があったと告げました。
記者がやってきたので、話はそこまでになります。

市警のパーティーが開かれました。トミーは白い目で見られながらも出席します。
ジョーは喜びました。いっぽうで、トミーの一族が警官ばかりなのを驚きます。
その夜、ジョーが誘ってトミーと関係を持ちました。

勤務をしながら、トミーはジョーに、なぜ警官になったのか質問します。
ジョーの大学の親友がレイプされました。しかし大学は事を穏便に済ませようとします。
怒ったジョーは該当する男性たちをすべて写真に撮り、レイプ犯を特定しました。それがきっかけになったそうです。
その時、2人は死体遺棄の瞬間を見つけました。不審な車を川沿いに追います。
列車のレールが川に沿って敷かれているため、車はその横の車道を直進するしかありません。
ジョーは通報し、トミーは銃撃しました。照明弾も使います。
犯人は車を乗り捨てて逃亡しました。しかも捨てられたものはただのジュウタンでした。
警官たちは冷やかしますが、トミーは犯人がやはり警官だという確信を深めます。警官であれば、トミーのパトロール区域を知ることができるからです。
ジョーが「秘密にしていたことがある」と、弁護士との離婚歴があることを打ち明けました。ジョーは4歳の娘・サラの子持ちです。

ニュースでまた遺体発見の知らせが流れました。今回の被害者女性は、いずれもトミーに関連する女性です。
1人目のシェリル、2人目のポーラ、3人目のコンスタンス…いずれも、トミーが知っている女性ばかりでした。警察はトミーを疑い、審問会を開きます。
証人のチケイニスを銃で脅した件で呼ばれたジョーは「援護していました」と嘘をつきました。ありがたいとはいえ、嘘の証言をしたジョーをトミーは怒ります。
帰宅したジョーが留守電を聞くと、電話が鳴りました。電話台に近寄った時、クローゼットから出てきた人物が、ジョーにスタンガンを当てます。
ジョーは気絶しました…。

犯行現場を地図で確認したトミーは、死体が等間隔で捨てられているのを知ります。
次に遺体が捨てられるのは、小屋がたくさん集まっている付近でした。ふとトミーは、幼少期にトミー、ジミー、ダニーの3人で遊んだことを思い出し、ダニーの犯行かと疑います。

【結】- スリーリバーズのあらすじ4

トミーが暮らすボートのベッドに、血の跡がありました。ネコの足跡で知ったトミーは、船の外にキム・リーという職場の同僚の死体を見つけます。
テディロの小屋に行ったトミーは、そこでダニーと出会いますが、ダニーは「お前に呼ばれてきたんだ」と言います。
そこに姿を現した人物がもう1人いました。ジミーです。生きていたのです。
ジミーはトミーとダニーにスタンガンを当て、気絶させました。

目覚めると、トミーとダニー、ジョーの3人は椅子に手錠で拘束されていました。
2年前の〝ポーリッシュ・ヒルの絞殺魔〟も、今回の連続殺人も、ジミーの犯行でした。
では追跡の時に父・ヴィンスを殺したのもジミーかとトミーは詰め寄りますが、ジミーは否定し、こいつだと指さします。
そこにはジミーの父・ニックがいました。

…2年前の追跡時。
2台の車は坂道を横転しました。トミーは車中で動けずにいます。
犯人のジミーは逃げようとしましたが、そこへ一足先にニックが到着していました。
ニックは銃を向けますが、ジミーは「息子を殺すのか。逃がしてくれ」と言い、ニックはためらいます。
(息子が犯人だと分かると、自分も処分が必至であった。また息子を殺したくない気持ちもあった)
ジミーは逃亡しようとしますが、車から出てきたトミーの父・ヴィンスが見つけました。
ジミーを追跡しようとするヴィンスと揉めた際に、ニックがヴィンスを銃殺してしまったのです。

「前も撃てなかったのだから、今回も撃てない」と笑うジミーを、父・ニックは銃撃します。
ところがジミーは防弾チョッキを着用していました。ニックに反撃し、射殺します。
その瞬間を狙い、弟・ダニーが体当たりしました。トミーとジョーも邪魔をします。
パトカーがやってきて、ジミーはボートで逃亡しました。トミーも手錠がかかったまま船を操縦し、追跡します。
川を高速で追走劇していると、ジミーの船が浸水しました。ジミーは陸に寄せ、逃亡します。
追いかけたトミーはレールに追いつめ、揉み合いになりました。
そのまま2人で川に落ちます。
トミーは手錠の金属部分で首を絞め、外して水面に上がりました。続いて水面に顔を出したジミーがスタンガンで襲おうとします。
そのスタンガンを、トミーはジミーの口の中に入れました。ジミーは感電死します。

…後日。
父・ヴィンスの墓参りをしたトミーは、ジョーの娘のサラを「孫だ」と紹介しました。
(ジョーと結婚するという意味。オープニングの車中のシーンで、父・ヴィンスがトミーの結婚をせかし、早く孫の顔を見せろという会話があった)

みんなの感想

ライターの感想

この時代の刑事ものって、こんな感じだよね、という典型的な映画。正義のためには車線逆行でも構わんのです。犯人さえ挙げれば。
犯人がジミーで実は生きてました的な展開は、ご都合主義が過ぎるとは思う。
なぜ2年の間を置いて殺人を繰り返し始めたのかが判らないしね。いえ、もちろん弟のダニーにミスリードさせるため…なんだろうけど、それは製作者サイドの都合なわけで。
2年前の真相が明かされる段で、ジミーの父・ニックも関与していたというのは、ちょっと吃驚させられる。

映画の感想を投稿する

映画「スリーリバーズ」の商品はこちら