映画:ソウ5(SAWⅤ)

「ソウ5(SAWⅤ)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(8件)

ソウ5(SAWⅤ)の紹介:2008年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラー『ソウ』シリーズ第5弾。今作品では、密室に閉じ込められた5人の男女を主軸に展開する。

あらすじ動画

ソウ5(SAWⅤ)の主な出演者

ジョン・クレイマー〔ジグソウ〕(トビン・ベル)、マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)、ピーター・ストラム(スコット・パターソン)、ダン・エリクソン(マーク・ロルストン)、ブリット(ジュリー・ベンツ)、マリック・スコット(グレッグ・ブリック)、ジル・タック(ベッツィ・ラッセル)

ソウ5(SAWⅤ)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①機転を利かせて生き残ったFBIのストラム捜査官は、同じく生き残ったホフマン刑事をジグソウの後継者ではないかと疑う。廃屋で5人の男女が生き残りをかけてゲーム開始。 ②5人は放火事件に関与する者たちで、協力すれば全員助かったのだが、生き残ったのはブリットとマリック。ストラム捜査官はホフマン刑事に嵌められ、捜査途中に死亡、罪を着せられる。

【起】– ソウ5(SAWⅤ)のあらすじ1

ソウ5(SAWⅤ)のシーン1

画像引用元:YouTube / ソウ5(SAWⅤ)トレーラー映像

…ジグソウと呼ばれる連続殺人犯がいました。その正体は末期の脳腫瘍患者・ジョンで、命を軽んじる人物、懲りもせず罪を重ねる人物を拉致してはゲームを仕掛けました。

ゲームにはルールが決められていて、クリアするには痛みを伴ったり何かを失ったりします。耐えれば生還可能ですが、クリアできる人は今まで殆どいませんでした。

ジョンもジョンの後継者候補の女性・アマンダも死に、ジグソウによるゲームは終わったはずでしたが、ひそかにホフマン刑事がジグソウの仕事を引き継いでいました…(映画『ソウ』シリーズ参照)。

…大の字に寝かされている男性が、目を覚まします。

その男性セス・バクスターは殺人鬼で逮捕されたのですが、証拠不十分として釈放されていました。

テレビ画面にジグソウ人形が現れると、ゲームの内容が明かされます。

セスは両手、両足、首を拘束されていました。天井にはセスの腹部にあたる位置に巨大な斧があり、振り子のように左右に揺れながら徐々に下がってくる仕組みです。

30秒で振り子が降りてきて、60秒で死に至るゲームを回避するには、罪を犯した両手を潰すしかありません。

手を入れると万力(両側から締めつけて圧縮させる装置)が作動します。

セスは両手を万力に入れて犠牲にしますが、斧は止まりませんでした。

セスは腹を裂かれ、死亡します。

(犯人はセスを許す気がなかった。ジョン以外が仕掛けたゲーム)

…「ギデオン」という倉庫に踏み込んだFBI・ストラム捜査官は、容疑者だと思ったジェフを殺し、ジョンやアマンダの死体を見つけます。

奥の扉を開けたストラム捜査官はカセットテープを見つけ、「これ以上奥へ進むな」という忠告を無視し、奥の部屋へ進みました。

ストラム捜査官は、背後からブタのマスクをかぶった人物に襲われます。

ストラム捜査官が目覚めると、ガラス張りのケースを顔にかぶせられていました。所持品の銃と携帯は、届かないドラム缶の上に並べて置かれていました。

ガラス張りのケースに、上に伸びたホースから水が注がれます。

溺死しそうになったストラム捜査官ですが、ポケットを探って見つけたペンを自分の喉に差し込んで気道を確保し、助かりました。

被害者・ジェフの娘・コルベットを救出して生還したホフマン刑事は、見守るマスコミに笑顔で対応していました。

(これが映画『ソウ3』『ソウ4』の直後にあたる)

警察からは「殺人鬼ジグソウによる連続殺人事件が終結した」という宣言が出されます(FBIからのコメントはありません)。

これで安心できると、世間ではホフマンを讃えるムードでした。

しかし後ろでストラム捜査官が救助されるのを見たホフマン刑事は、内心ではしくじったと思いました。ストラム捜査官が生還することは、全くの計算外でした。

生き延びたストラム捜査官は、当然のことながら、ホフマン刑事を疑います。

ホフマン刑事も、ストラム捜査官に疑惑の念を持たれただろうと、警戒していました。

ホフマン刑事は、ジグソウことジョン・クレイマーの後継者です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ソウ5(SAWⅤ)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×