映画:ソロモンの偽証(前篇・事件)1

「ソロモンの偽証(前篇・事件)1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ソロモンの偽証 前篇・事件の紹介:2015年公開の日本映画。学校内で転落死した同級生の死の謎を巡り、中学生たちが生徒のみの校内裁判で隠された真実を暴こうとする姿を描く。宮部みゆきの同名小説を、2部作として映画化したサスペンス・ミステリー。

あらすじ動画

ソロモンの偽証(前篇・事件)1の主な出演者

藤野涼子(藤野涼子)、神原和彦(板垣瑞生)、三宅樹里(石井杏奈)、大出俊次(清水尋也)、浅井松子(富田望生)、野田健一(前田航基)、柏木卓也(望月歩)、森内恵美子(黒木華)、藤野邦子(夏川結衣)、藤野剛(佐々木蔵之介)、津崎正男(小日向文世)、中原涼子(尾野真千子)

ソロモンの偽証(前篇・事件)1のネタバレあらすじ

【起】– ソロモンの偽証(前篇・事件)1のあらすじ1

東京都、江東区城東第三中学校。

女性教師の中原(旧姓・藤野)涼子は、母校の中学校に赴任が決まります。

正門を見た後に通用門へ回った涼子は、狭い門を抜けて桜の木の下を通り、屋上を見上げました。

赴任の挨拶で校長室に通された涼子は、女性校長の上野素子に「あの伝説を語り継ぐのが、代々の校長の務めなのだ」と聞かされます。

そして涼子は促されるままに、23年前の伝説の「校内裁判」の話を始めました…。

「あの頃は、バブルがはじけようとしていた時期で、大人たちはどこか浮ついていました…」

…1990年12月25日。

前の夜から降り始めた雪によって、その日の東京は積雪が観測されました。観測史上6番目の積雪を記録します。

中学2年の藤野涼子と同級生の野田健一は、うさぎ小屋の掃除をするために早めに登校しました。正門に苦手な先生が立っていたので、涼子たちは通用門を乗り越えて学校に入ります。

そこで涼子は、雪の中に人間の手首が出ているのを見つけました。野田と涼子が一心に雪を掘ると、そこに同級生・柏木卓也の死体が出てきます。死体の目は見開いたままでした。

「誰かに知らせなきゃ」と、涼子と野田は急いで知らせに走ります。

柏木卓也の死因は転落死で、当初は自殺と目されました。11月14日以来、柏木は不登校を続けてはいたものの、いじめの事実はなく、遺書はないものの警察は自殺と断定します。

冬休みに入って3日目に葬儀がしめやかに執り行われ、一見、事件は解決したかのように思われました。

しかし…年明けの冬休み最後の日、涼子の家に赤い文字で宛先が書かれた速達状が届きます。中の封筒には、定規を使って書いたと思われる字が並んでいました。

『告発状

城東第三中学校二年A組の柏木卓也君は、自殺したのではありません。

本当は殺されたのです。

クリスマスイブのあの夜、ボクは現場を目撃してしまいました。

助けを求める柏木君を、屋上の金網の向こうに押し上げ、突き落としたのです。

二年D組の大出俊次です。

橋田祐太郎と井口充も手伝いました。

三人は笑いながら柏木君を殺したんです。

お願いします、もう一度事件を調べて下さい。

このままでは柏木君があまりにも可哀想です。

お願いします。警察に知らせて下さい。』

涼子の父・藤野剛は警視庁の捜査一課に勤める刑事でした。それを知っている者が、涼子宅に送りつけたものと思われます。

父・剛と相談した涼子は、当時の校長・津崎に知らせました。同じ内容の書状が、津崎校長の元にも届いていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ソロモンの偽証(前篇・事件)1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ