「ダイヤルM」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

「ダイヤルM」は1998年のアメリカのサスペンス映画。1954年のアルフレッド・ヒッチッコク監督の「ダイヤルMを廻せ」のリメイク作品です。「逃亡者」などのアンドリュー・デイヴィス監督、マイケル・ダグラス、グウィネス・パウトロウ、ヴィゴ・モーテンセンが出演しています。会社が破産に追い込まれたスティーブンは妻エミリーの不倫相手のデイビッドを金で釣り、妻の殺害を依頼する。しかしスティーブンが考えた殺害計画は失敗に終わってしまう…。

あらすじ動画

ダイヤルMの主な出演者

スティーブン・テイラー(マイケル・ダグラス)、エミリー・ブラッドフォード・テイラー(グウィネス・パルトロウ)、デイビッド・ショー(ヴィゴ・モーテンセン)、カラマン刑事(デビッド・スーシェ)

ダイヤルMのネタバレあらすじ

【起】– ダイヤルMのあらすじ1

会社を経営し成功を収めているスティーブンと美しい妻エミリーは資産家の娘で国連で働いています。しかし、エミリーは若い画家デイビットと不倫をしており、スティーブンはそのことに勘付いていました。

ある日、エミリーは美術館で開かれるパーティーにデイビットを招待し、2人で逢引をする約束をしていましたが、予定が変わり、急きょ夫スティーブンもパーティーへ参加することになります。

パーティーでエミリーはスティーブンの目を盗みデイビッドと2人で会い話をしていると、スティーブンがそこにやって来ます。エミリーはごまかし夫にデイビッドを紹介します。

数日後、エミリーとデイビッドは彼のアトリエで逢引をし、ベッドで愛し合います。するとスティーブンから絵を見せてほしいと電話が入り、怪しまれないためにデイビッドは仕方なく了承します。

その夜、デイビッドのアトリエをスティーブンは「妻と不倫していることを知っている」と話します。そして、デイビッドにあるお願いをします。

それは「50万ドルと引き換えに妻を殺してほしい」ということでした。スティーブンは仕事で失敗し、会社は破産寸前で、エミリーの財産を目当てにしていました。

本当にエミリーを愛していたデイビッドは断ろうとしますが、スティーブンはデイビッドの過去も調べていました。デイビッドは過去2度、未亡人の女性から金を騙し取った詐欺で捕まって服役しており、出所後は名前を変え画家として活躍してたのでした。

さらに、出所後3度目の詐欺をしていたことも掴んでおり、このことが警察に知られれば3度目は厳罰で仮釈放なしの懲役になると脅します。

そして、明日の12時家に来いと言い残し、スティーブンは帰って行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダイヤルM」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×