「ダブル・ジョパディー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– ダブル・ジョパディーのあらすじ3

ダブル・ジョパディーのシーン3

画像引用元:YouTube / ダブル・ジョパディートレーラー映像

そのままリビーはヒッチハイクで実家へと向かいます。そこで母親から資金として大金を受け取ります。リビーは小学校から盗み出したアンジーの社会保障番号から、アンジーたちがコロラド州に住んでいることを知ります。

リビーはアンジーの住む住所へ向かいます。しかし家にはアンジーとニック、マティはおらず、知らない住民が住んでいました。

リビーは近所の人にアンジーたちのことを訪ねてみると、少し前に自宅でガス爆発が起こり、アンジーは巻き込まれ亡くなってしまったと聞きます。ニックとマティは留守にしていたため、巻き込まれずに済んだのでした。

さらに、ニックは偽名を使っていたことが分かります。リビーはニックがアンジーを殺したのではないかと疑います。

リビーはアンジーの死亡記事を調べると、写真の背景にニックが気に入っていた画家の絵画が写っていることに気が付きます。

そこでリビーは古美術商に行き、写真に写っていた絵画の所有者を確かめます。するとニックはジョナサン・デブローと名乗っていることを知り、住所を突き止めます。

しかし、古美術商にリビーを追って来たレーマンが現れます。リビーは間一髪でレーマンから逃げ出し、彼の車を大破させて逃走します。レーマンはリビーがジョナサン・デブローという人物を追っていることを入手し、ニューオリンズへ向かいます。

ジョナサンとなったニックは事業で成功し、ニューオリンズのホテルを買い取っていました。その日はちょうど、そのホテルでパティーが行われるようです。

リビーは高級ドレスを調達し、美しく着飾ってパーティー客に紛れ込みます。そこで、ついにニックと対峙します。

まさかのリビーの登場に動揺するニックは、リビーに借金を帳消しにするには仕方なかったと言い訳をします。そんなニックにリビーは「マティを返さなければ、身の破滅が待っている」と脅します。ニックは明日ラファイエット墓地にマティを連れて来ると約束をします。

そこにリビーを追って来たレーマンと警察が到着、リビーは何とか追跡を逃れ、姿をくらませます。

レーマンはニック(ジョナサン)に「リビーという女性があなたを狙っている」と忠告をします。ニックは「そんな女性に心当たりはない…」としらを切ります。ニック(ジョナサン)の様子に違和感を覚えたレーマンは、ニック(ジョナサン)のことを調べることにします。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダブル・ジョパディー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×