映画:ダンケルク

「ダンケルク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ダンケルクの紹介:第二次世界大戦におけるダンケルク救出作戦を描いたクリストファー・ローラン製作・監督・脚本による2017年製作のイギリス・アメリカ・フランス・オランダ合作映画。フィン・ホワイトヘッドを始めとする若手新人俳優に加え、ケネス・ブラナ―、キリアン・マーフィー、トム・ハーディーら実力派キャストが出演している。

あらすじ動画

ダンケルクの主な出演者

トミー(フィン・ホワイトヘッド)、ピーター(トム・グリン=カーニー)、コリンズ(ジャック・ロウデン)、アレックス(ハリー・スタイルズ)、ギブソン(アナイリン・バーナード)、ウィナント陸軍大佐(ジェイムズ・ダーシー)、ジョージ(バリー・コーガン)、ボルトン海軍中佐(ケネス・ブラナ―)、謎の英国兵(キリアン・マーフィー)、ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)、ファリア(トム・ハーディー)

ダンケルクのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

舞台となるのは1940年、ドーヴァー海峡を望むフランスの港町ダンケルク。イギリス・フランスの連合軍はナチスドイツとの戦闘に敗れ、ダンケルクに追い詰められていた。イギリスは兵士を救出すべく大規模な救出作戦を決行する。兵士の数はおよそ40万人、この膨大な数の人命を救うために軍用だけでなく民間の船舶までもが戦禍のダンケルクへと旅立った。この作戦を援護するために、イギリス空軍は戦闘機スピットファイアをダンケルクへ派遣。追い詰められた兵士たちの一週間、民間船ムーンストーン号の一日、スピットファイアの一時間、陸海空三つの視点から物語はダンケルク救出作戦を描いていく。

【起】– ダンケルクのあらすじ1

防波堤:一週間の出来事

一人の兵士がダンケルクの防波堤に辿り着くことから物語は始まります。青年の名前はトミー、ドイツ軍からの追撃を生き残った若き兵士です。市街地から逃げ延びたトミーが目にしたのは、曇天の下救出の船を待つ40万人の連合国兵士の姿でした。そんな中、トミーはギブソン、アレックスら若い兵士たちと行動を共にし、なんとか海軍の船に乗り込むことに成功します。船の中で支給されるパンに食らいつくトミーでしたが、安心したのも束の間、船はドイツ軍の魚雷攻撃を受けてしまいます。船内から逃れ、救命ボートに助けを求めるトミーたち。しかし、救命ボートに乗った将校はトミーたちの乗船を拒否します。乗船ボートの定員はすでにオーバーしていたのです。水温がさほど低くはなかったことが不幸中の幸いでしたが、トミーたちの気力と体力は衰弱し続けていました。

そして、トミーたちは再びダンケルクへと流れ着きました。ドイツ軍の進撃が刻々と迫る中、トミーたちはしばし茫然と砂浜に座り込んでいました。すると、そこでトミーたちは砂浜の外れに向かう高地連隊の姿に気づきます。彼らについていくと、そこには民間の船舶が砂浜に乗り上げていました。それはオランダ人の船長が連合軍を救うために用意した船でした。

一行は早速その船に乗り込み満潮時間まで待つことにしますが、突然船外から何発もの銃撃を受けてしまいます。オランダ人船長はこの攻撃で死亡、動揺したアレックスは無口なギブソンをドイツ軍のスパイと決めつけ、外に出て攻撃の的になるよう脅しをかけてきました。トミーからかばわれてギブソンはやっと言葉を発しますが、それは同盟国であるフランスの言葉でした。イギリス軍から救出してもらえるように、ギブソンという名の兵士の服を盗んで着ていたのです。こうしたやりとりをしているうちに満潮の時間が訪れ、船は動き出しました。しかし、何発もの銃弾を浴びた船は浸水が原因で間もなく沈没。トミーとアレックスはなんとか海中に逃げたものの、ギブソンは逃げ遅れ船とともに海へと沈んでいきました。

トミーたちはその後、イギリス軍の掃海艇に救助されますが、その船も爆撃を受け沈没。トミーたちは重油まみれの海へと落ちて行きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ダンケルク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×