「チング 永遠の絆」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ジュンソクは2010年、親友ドンスを殺害した罪で17年の服役を終え出所した。 しかし、かつてジュンソクがいた組織は、ジュンソクの弟分だった今は副会長となったウンギが仕切っており、ジュンソクは父であるチョルジュが作り上げた組織を取り戻すため、かつての仲間達を呼び集め、刑務所で出会った若者・ソンフンも一緒にウンギ一味との抗争に入って行く。 父親の顔も知らず育ったソンフンは、周りの大人を誰一人信用しようとせず荒くれた人生を送って来ていたが、まるで父親のように関わってくれるジュンソクをリスペクトして行くが、ジュンソクが自分の父親・ドンスを殺したと知ると・・・ ヤクザ社会を生きる男たちの切なくてハードな生きざまが描かれるこの作品は、監督:クァク・キョンテクによる2014年公開の韓国映画。

あらすじ動画

チング 永遠の絆の主な出演者

・イ・ジュンソク:ユ・オソン・・・釜山のヤクザ組織の幹部 ・チェ・ソンフン:キム・ウビン・・・ジュンソクが刑務所で知合った青年、ヘジの息子 ・イ・チョルジュ:チュ・ジンモ・・・ジュンソクの父、組織の創立者 ・パク・ウンギ:チョン・ホビン・・・ジュンソクの弟分、組織の現副会長 ・チェ・ヘジ:チャン・ヨンナム・・・ソンフンの母親、ジュンソクの高校時代の友だち ・ヒョンドウ:キ・ジュボン・・・組織の現会長 ・ハン・ドンス:チャン・ドンゴ・・・ジュンソクの親友

チング 永遠の絆のネタバレあらすじ

【起】– チング 永遠の絆のあらすじ1

チング 永遠の絆のシーン1

画像引用元:YouTube / チング 永遠の絆トレーラー映像

親友のハン・ドンスの殺害を指示した罪で服役していたイ・ジュンソクに、幼いころ遊んだこともあるチェ・ヘジが面会に来てヘジの一人息子であるソンフンを刑務所の中で巻モテやってほしいと頼んだ。

ソンフンは27歳。ジュンソクの組織の人間とも揉め事を起こしていた。

ソンフンの肝が据わっていることに感心した出所間近のジュンソクは、9月に出所するソンフンに、出たら連絡して来いと言う。

ジュンソクは刑務所の中でもめごとを起こすソンフンに、「強いと思ってんのか? 能ある鷹は爪を隠すだ」と諭す。

刑務所に17年間服役したジュンソクの出所の日が来た。

刑務の外には大勢の組の舎弟たちがジュンソクの出所を、頭を垂れて出迎えた。

ジュンソクは、弟分だったパク・ウンギが出迎えに来ていないことに不快感を表し、またウンギが今は副会長になっていると知り驚きを隠せない。

釜山で行われた放免祝いの席でジュンソクは、何故面会に来なかったとウンギに問うたが、ウンギは何かと忙しくてと口を濁す。

何の商売をやっているのかと聞いてもウンギははっきりした答えを言わない。

それどころかウンギは「お疲れでしょうから暫く海外でゆっくり過ごされては?」とジュンソクに促すと、「このクソったれが」とウンギを睨みつけた。

ジュンソクには出所を同じにしてジュンソクに仕えたいと言うコ・ジュテに、うるさく尾行してくるウンギの子分を痛い目に合わせて来いと命令する。

分かりましたと走り出したジュテをジュンソクは、すぐに冗談だと制止した。

ジュンソクはヘジに連絡し、薬物依存リハビリセンターにやって来た。

ここにはジュンソクと一緒に裁判を受けたギホが入所していた。

面会室にやって来たギホはジュンソクに、もう過ぎた話だから帰ってくださいと言う。

ギホは10年ぶりに出所して与えられたのは薬だけだった。

一度だけウンギには向ったことがあると言うギホは、その結果どうなったか腹の傷を見せた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「チング 永遠の絆」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×