映画:チームバチスタの栄光

「チームバチスタの栄光」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

チーム・バチスタの栄光の紹介:チーム・バチスタの栄光は医師であり作家でもある海堂尊によって2006年に出版され、ベストセラーとなった同名小説を映画化した作品です。不定愁訴外来の田口と厚生労働省の白鳥が病院内の事件を解明する物語としてシリーズ化もされている作品ですが、映画版では原作とは異なり田口が女性として描かれているのも特徴です。医師でありながら血を見るのも苦手という田口が相手の話しを聞きながら事件の真相に迫っていきます。

あらすじ動画

チームバチスタの栄光の主な出演者

田口公子(竹内結子)、白鳥圭輔 (阿部寛)、桐生恭一(吉川晃司)、鳴海涼( 池内博之)、垣谷雄次 (佐野史郎)、酒井利樹(玉山鉄二)、羽場貴之(田口浩正)、氷室貢一朗(田中直樹)、大友直美(井川遥)、黒崎誠一郎(平泉成)、高階権太(國村隼)

チームバチスタの栄光のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- チームバチスタの栄光のあらすじ1

チームバチスタの栄光のシーン1 物語の舞台は東城大学付属病院。
この病院には拡張型心筋症に対するバチスタ手術をいくつも成功させてきた医師たちである「チーム・バチスタ」がおり、とりわけ執刀医を務める桐生恭一は、病院に赴任してから難易度の高いバチスタ手術をことごとく成功させている名医でもありました。
しかし最近になってバチスタ手術が立て続けに失敗する事態が発生しており、手術に落ち度が認められないことから、桐生は他に原因があるのではと高階病院長のもとへ相談に訪れます。
不定愁訴外来に勤める田口公子は高階病院長からの要請により今回の件を調べることとなり、「チーム・バチスタ」への聞き取り調査を開始するのでした。
チーム・バチスタの医師は7名おり、執刀医を務める桐生のほかに第1助手を務める経験豊富な外科医・垣谷雄次、同じく外科医の第2助手・酒井利樹、麻酔医・氷室貢一朗、臨床工学技士の羽場貴之、看護師の大友直美、病理医であり桐生の義弟でもある鳴海涼でした。
田口はそれぞれの医師に最近の手術で不審な点はなかったかと聞いて回りますが、誰に聞いても特に異常は見当たらない様子でした。
そんな中、病院にバチスタ手術を必要とする新たな患者が運びこまれてきます。
その患者はこれまでの患者とは少し事情が異なり、西アフリカの少年兵をしていたという子どもでした。
政治的な理由からアメリカでの手術を断られ、日本で手術を受けることになった患者に、チーム・バチスタによるバチスタ手術が行われることになります。
田口も立ち会った手術は滞りなく行われ、手術のために一度止めた少年の心臓は再鼓動を始め、バチスタ手術は成功するのでした。
失敗が続いていたチーム・バチスタのメンバーは、一様に安堵の表情を浮かべます。
田口は麻酔医である氷室からの聞き取りで、桐生先生は子どもの手術となると滅法強いという話しを耳にします。
もともと成功率の高くない難手術であるバチスタ手術が失敗したのは偶然なのではとの思いを巡らせ、問題は見つけられなかったと結論づけた田口の前に、厚生労働省の白鳥がやってきます。
白鳥は田口に会うなり「あなたを助けにきました」と告げるのでした。

【承】- チームバチスタの栄光のあらすじ2

チームバチスタの栄光のシーン2 白鳥はこれまで田口が行なってきた聞き取り調査を批判し、自らチーム・バチスタやその関係者らに対して聞き取り調査を行ないます。
白鳥の強引で陰湿な聞き取りの手法に、調査された側はみな顔を曇らせ、怒りをあらわにする者も出るなか、白鳥は相手の反応から犯人を絞り込んでいきます。
白鳥が病院を留守にしているあいだに、不定愁訴外来の田口のもとへバチスタ手術を受ける予定の患者・小倉がやってきます。
手術を前に不安が強いという患者の話しに耳を傾け、励ましていた田口のおかげか手術を受けることになった小倉でしたが、手術前日の夜に容態が急変し緊急オペになってしまいます。
それを知った白鳥は止めるように田口に言いますが、白鳥の言葉もむなしく手術は行われ、桐生らは完璧な手術を行なったにもかかわらず一度止めた小倉の心臓が再び動き出すことはありませんでした。
手術の失敗に落胆するチーム・バチスタや田口たちのもとへ白鳥が駆け付け、今すぐにオートプシー・イメージングを行なうようにと指示します。
オートプシー・イメージングは「死体画像診断」とも呼ばれ、死体をMRIなどの機械で撮影することで死因や病状などを特定する方法で、日本では一般的とは言えない方法ながら白鳥は高階病院長らを説得し、小倉の遺体をMRIで撮影して徹底した調査を行ないます。
田口は自身の患者でもある小倉の手術に立ち会い、失敗してしまった現場に居合わせたことで一度止めた心臓を手術し再び動かすというバチスタ手術の恐ろしさを初めて体験するのでした。
白鳥は病院の一室を占領し、バチスタ手術の映像を見ながら調査を続けていました。
病理医である鳴海の手首にある大きな傷に着目し、彼は桐生と同じ外科医であり、桐生よりも将来を嘱望される存在だったことを突きとめます。
しかし鳴海は手術中のミスによって手を傷つけ、外科医の道を諦めざるを得なくなってしまうのでした。
しかもその傷は、桐生によってつけられたものだったのです。
白鳥は、鳴海には桐生を陥れる動機があるとにらみます。

【転】- チームバチスタの栄光のあらすじ3

チームバチスタの栄光のシーン3 田口は鳴海がそんなことをするはずがないと白鳥に語ります。
手術の前に切除範囲を決めているのも鳴海であり、桐生は鳴海の所見を目をつぶりながら聞いていたことを思い出します。
それを聞いていた白鳥は、桐生と鳴海、そして高階病院長を呼び集めます。
白鳥は3人にチーム・バチスタが初めて行った手術の様子を見せ、次に看護師が変わってすぐの手術の様子を見せました。
看護師が変わってからの手術は呼吸が合わず、ぎこちない動きにも見えますが、理由はそれだけではありませんでした。
次の映像を流しながら田口が解説していると、桐生は映像がどこにも映っていないと口にします。
田口や高階病院長が不思議そうに見つめるなか、桐生はやはり映像が映っている場所を見つけることができずにいました。
田口が流した映像は桐生の目線の下にあるテレビに映されており、桐生は田口に教えられてようやく映像を見つけ、観念したかのように自らの視野が狭くなっていることを告白するのでした。
鳴海をはじめチーム・バチスタの医師たちもその事実を知っており、それでもなお桐生の腕を頼って全国から集まってくる患者を前に、告白することができなかったと話します。
そして自らバチスタ手術の調査を依頼したのは、自分の視野のせいで手術が失敗したのかどうかを確かめて欲しかったのだと言います。
もし他に原因があるのであれば、それを取り除けば自分はまだ医師を続けることができるのではないか、そんな思いを胸に、桐生は調査を依頼したのでした。

【結】- チームバチスタの栄光のあらすじ4

チームバチスタの栄光のシーン2 桐生はチーム・バチスタのメンバーを集め、自らバチスタ手術の執刀医を辞することを伝えます。
第1助手である垣谷の技術を認め、彼を執刀医とすることを任命します。
後日、垣谷が執刀医を務めるバチスタ手術が行われ、そこには桐生も立ち会っていました。
桐生のときと同じように鳴海も所見を的確に伝え、垣谷が執刀したバチスタ手術は成功に終わるのでした。
止まった心臓が再び動き出した瞬間、チーム全員が安堵し、垣谷は極限のプレッシャーから解放されて思わず後ろへと倒れ込んでしまいます。
そして手術を終えたチーム・バチスタのもとへ、白鳥がやってきます。
白鳥はオートプシー・イメージングの結果を伝えにきたと話し、検査結果を目の前で提示します。
遺体の画像診断の結果、心臓ではなく脳に異常が見つかったことが明らかになるのでした。
脳がずれるほどの圧迫を加えられたことが死因となっており、白鳥はこんなことが可能なのは麻酔医の氷室だけだと話します。
氷室は毎回の手術の直前に、カテーテルから液状の吸入麻酔薬を流し込むことで麻酔薬を脳内で気化させ、患者の脳を圧迫させて死にいたらしめていたのでした。
今回の手術でも同様の手口を使うつもりでしたが、白鳥の指示により直前で田口が注射器をすり替えていたため、手術は無事に終わったのです。
その注射器に入っていた吸入麻酔薬が動かぬ証拠となり、氷室は自分が故意で人を殺したことを認めます。
また子どもの手術の際には大人と同様の吸入麻酔薬を用いないことから、同じ手口を使うことが不可能だったと言います。
氷室はストレス発散として殺人を行なっており、チーム・バチスタの医師たちが目の前で慌てふためく様子を見て楽しんでいました。
「人を殺しても遺体を調べられない方法は、医者の前で殺すことだ」と氷室は得意げに語るのでした。
氷室は警察に逮捕され、一連の事件は医師による故意の殺人として幕を閉じます。
桐生は自分の視野が原因となり手術が失敗したわけではないことが証明されたものの、今回のことを受けてメスを置く決意を固めます。
下側が見えない桐生に気を使い、田口は桐生の目線の高さまで手を持ってくると、2人は握手を交わして別れるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

全体的にやや淡々とした印象を受ける作品ですが、田口と白鳥の人間的な対比や病院内で発生した事件など、サスペンスとして見ごたえのある作品になっていると思います。
シリーズ作品の1作目となる本作は、続編でも同様の人物が登場したりエピソードが触れられていることもあるので、見ておくと続編をより楽しむことができる作品にもなっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「チームバチスタの栄光」の商品はこちら