映画:テイクシェルター

「テイクシェルター」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

テイク・シェルターの紹介:2011年公開のアメリカ映画。竜巻への異常な恐怖を感じた男が、家族を守るためにシェルター作りに没頭していく姿を描いている。カンヌ国際映画祭など、様々な映画祭で受賞やノミネートした作品。

あらすじ動画

テイクシェルターの主な出演者

カーティス・ラフォーシュ(マイケル・シャノン)、サマンサ・ラフォーシュ(ジェシカ・チャステイン)、デュワート(シェー・ウィガム)、ナット(ケイティ・ミクソン)、サラ(キャシー・ベイカー)、カイル(レイ・マッキノン)、ケンドラ(リサ・ゲイ・ハミルトン)、ジム(ロバート・ロングストリート)

テイクシェルターのネタバレあらすじ

【起】– テイクシェルターのあらすじ1

カーティスは掘削の仕事をしていて、妻のサマンサと娘のハンナとマイホームで暮らしています。室内には愛犬のレッドがいます。ハンナは耳の病気で、手術日を待っている状態です。

近頃、カーティスは悪夢を見るようになります。巨大な雨雲がやってきて、エンジンオイルのような色と粘り気のある雨が降ってきます。別の日には雷が落ちてきて、レッドが縄をちぎって食いかかってくる悪夢も見ます。

また、カーティスがハンナと車で移動してると、雨のために前が見づらくなります。突然、人が立っていて避けると、何かにぶつかって停まります。気がつくと、ハンナが住人に連れて行かれる悪夢も見ます。

何者かが扉を叩いてきて、自宅に押し入ろうとしてくる悪夢もあります。ハンナを守ろうとして抱きかかえると、家具などが持ち上がります。

現実では、雨のせいで掘削の仕事が遅れていました。上司のジムは納期があることから、なんとかするようにと機嫌が悪いです。

悪夢を見たことで、カーティスはレッドを外で飼うことにします。厳重に柵も取り付けておきます。また、庭にある地下へと続くシェルターの確認もしておきます。

テレビのニュースでは、ガスにより11時間も行き場を失った人がいると報道されていました。カーティスは心身に受け止めます。

悪夢を見続けるカーティスは、その余りにも現実感がある恐怖に、おねしょをしてしまいます。医師のシャノンを頼ろうとしますが、今日は休診だとサマンサに言われます。

サマンサが教会に行く間、カーティスはハンナの面倒を見ることになります。図書館に行って、精神疾患の本を借ります。帰り道では、非常時に備えて缶詰などを購入します。

その夜、カーティスは遅くまでシェルターの整理を行います。そして借りてきた本を読んで病院に行きます。

シャノンに4日ほど眠れないと言って、悪夢を見るからだと説明します。シャノンは軽い鎮静剤をくれて、コロンバスの精神科医を紹介してくれます。

保険がきいて、ハンナの耳の手術日が決まります。カーティスの会社の保険が良いこともあり、サマンサはカーティスを抱きしめます。

しかし、カーティスの症状は悪くなる一方で、薬代は保険で負担してもらっていても47ドルと高い金額でした。

薬を飲んで眠ると、悪夢を見なくなりました。よく眠れて、カーティスの体調は良くなります。

と思いますが、仕事中に晴れているのに、自分だけが雷の音を聞いてしまいます。同僚で親友のデュワートが心配しますが、カーティスはどこかに行って吐いてしまいます。そして車で逃げ出し、トランクが売られているのに気づいて見続けてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「テイクシェルター」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ