映画:デジャブ(2017年韓国)

「デジャブ(2017年韓国)」のネタバレあらすじと結末

デジャブ(2017年韓国)の紹介:2017年製作の韓国映画。ひき逃げ事故を起こしてから、恐ろしい幻覚を見るようになったジミン。警察や同乗していた婚約者からは、事故などなかったと言われるのだが…。

あらすじ動画

デジャブ(2017年韓国)の主な出演者

シン・ジミン(ナム・ギュリ) 、チャ・インテ刑事(イ・チョニ)、ソン・ウジン(イ・ギュハン)、チェ・ヒョンソク(チョン・ギョンホ)、チュ・ドシク理事(チョ・ハンソン)

デジャブ(2017年韓国)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①婚約者・ウジンが女子高校生を撥ねた。その交通事故を隠匿したせいで繰り返し同じ夢を見るジミンは、警察にウジンの罪を話す。しかしウジンが撥ねたのはシカだった。ジミンの幻覚はエスカレートしていく。 ②遺体は別の場所に隠されていた。ジミンはウジンに薬を盛られ、そのせいで幻覚を見ていた。被害者はインテ刑事の妹、インテ刑事はウジンを殺し、自分もビルの崩落で死亡。

【起】- デジャブ(2017年韓国)のあらすじ1

デジャブ(2017年韓国)のシーン1 韓国、現在。

シン・ジミンは若い女性です。
婚約者の男性ソン・ウジンの運転する車の助手席に乗っていたジミンは、ある夜、交通事故に遭います。

それは…夜のことでした。
ウジンが運転し、ジミンは体調不良で助手席で薬をのみ、うつらうつらしていました。
ウジンがよそ見をした時に、車は制服姿の女子高校生を撥ねたのです。

事故をもみ消したいウジンは、被害者の女子高校生を車のトランクに入れ、事故を隠蔽しました。
ジミンはウジンと結婚する予定でしたので、ウジンの起こした事件を黙っています。
しかし、目の前で起きたことを黙っておくのが、ジミンはつらくなってきました。
事件のあと、ジミンは繰り返し交通事故のことを、夢に見るようになります…。


何度も何度も女子高校生を撥ねる夢を見て苦しんだジミンは、婚約者のウジンに窮状を訴えました。
事故の晩からろくに眠れない、眠ると夢を見てしまうことを、ジミンはウジンに告げます。

このままだとおかしくなりそうだと思ったジミンは、警察署に出頭しました。
チャ・インテという刑事に会い、「婚約者が人を轢いた」とジミンは言います。
ジミンが体調不良で病院へ行った帰りに、車で人を轢いたとジミンはインテ刑事に報告しました。

ジミンの話を聞いたインテ刑事は、ウジンのところへ行き、事情聴取をします。
ウジンは交通事故を起こしたことを認めましたが、「シカを轢いた」と言い、遺体を遺棄した場所まで案内しました。
確かにウジンの言うとおり、その場所にはシカの遺体が埋められています。

ウジンは「野生動物を殺すと、罰金刑になると思った。だから隠した」と言いました。
シカの遺体が出てきたことから、インテ刑事はジミンの証言を疑います。
ジミンが精神的に弱っているのだと思い、インテ刑事はジミンに、精神科のチェ・ヒョンソク医師を紹介しました。

【承】- デジャブ(2017年韓国)のあらすじ2

デジャブ(2017年韓国)のシーン2 ジミンはウジンと婚約をしていますが、ウジンの紹介で投資のアドバイザーをする男性チュ・ドシク理事は、ジミンに言い寄ってきます。
呑みの誘いを断ったジミンは、ひとりオフィスで残業をしますが、ますます幻覚を見るようになっていました。
オフィスで原因不明の停電が起こり、タクシーを使ってジミンが帰ろうとすると、途中のバス停に女子高校生を見ます。
精神科にかかっても、病状がよくなるわけではなく、幾度となく襲ってくる幻覚に、ジミンは苦しみました。

ウジンとの結婚が迫り、ジミンは引っ越しをしました。新居でウジンといっしょに暮らし始めます。
それでもジミンは、幻覚を見続けました。それを知ったウジンは医者のところへ行き、薬を増やしてくれと頼みます。

ジミンの苦しむ様子を見たウジンは、「(投資でできた)借金を返して会社を辞めろ」と、ジミンに大金を融通しました。
ジミンはその言葉に甘えて、ウジンから受け取った金を会社に突きつけ、辞めて帰ってきます。

ウジンの母親と会食したジミンは、これから義理の母親になるウジンの母に、快くなく思われていると感じました。居心地の悪い思いをします。


ジミンから話を聞いたインテ刑事は、ヤクザまがいの仕事をするドシク理事に、目をつけていました。
ドシク理事が共同住宅の新築工事に関係していると知り、捜査します。
その過程でインテ刑事は、ドシク理事がウジンと知り合いであるという事実を突き止めました。
ジミンの言っていた「ウジンの交通事故の話」は、ジミンの心神耗弱が見せる妄想だと思っていたインテ刑事ですが、ドシク理事とウジンの関係を知り、ウジンをうさんくさいと感じ始めます。

インテ刑事はジミンから聞いた交通事故のことを、改めて捜査しなおしました。
ドシク理事が所持している廃車処理工場に行き、手がかりがないか探ります。

【転】- デジャブ(2017年韓国)のあらすじ3

デジャブ(2017年韓国)のシーン3 同じ頃。
ジミンがいる家にドシク理事が押し掛け、ジミンに薬をかがせると乱暴しようとしました。
ジミンは反抗し、コップをドシク理事の頭にぶつけ、包丁を持って部屋を移動します。
そこでジミンは、意識が遠のきました。

再び目覚めたジミンは、部屋が血まみれなのに気づきます。
リビングには、大量の血痕が残っており、人が死んだだろうと推測されました。
ジミンは、自分がドシク理事を殺したと思います。

そこへインテ刑事がやってきて、ジミンに「警察署へ同行を」と言います。
血の付いた服を着ていたジミンは、とっさにコートを羽織ってごまかしました。
警察署へ行きます。

警察署には、ウジンの母親もやってきていました。
呼び出しの内容は「ウジンが行方不明になっている」ということでした。知っていることがないか聞かれますが、ジミンは答えられません。

インテ刑事に「幻覚は続いているか」と聞かれたジミンは、肯定します。
するとインテ刑事は、ジミンの知らなかったことを教えてくれました。


…ジミンに処方されていた薬は、重症患者用の薬でした。
その薬とは、ウジンの持病…重度の衝動制御障害の治療薬…でした。
つまりジミンは病気とは関係ないのに薬を服用させられて、その薬のせいで幻覚を見ていたのです…。


インテ刑事から婚約者・ウジンの病気を聞かされたジミンは、交通事故の直前に、ウジンが担当の先生と話をしていたことを思い出しました。
なぜ自分に幻覚を起こさせる薬を服用させていたのか、婚約者・ウジンの挙動が信じられなくなったジミンは、ウジンを探そうとします。

【結】- デジャブ(2017年韓国)のあらすじ4

デジャブ(2017年韓国)のシーン2 インテ刑事が同じマンションに住んでいると知ったジミンは、刑事が何かを隠しているのではないかと考えました。
インテ刑事はジミンと同じ階に住んでいたのです。とても偶然とは思えません。
刑事の目を盗んで部屋に入ったジミンは、張られている写真を見て、被害者が刑事の妹チャ・ジェイだと知ります。
その直後、ジミンは気絶させられました。


…チャ・ジェイは女子高校生で、インテ刑事の年の離れた妹でした。
この日、妹は携帯電話で兄のインテ刑事と口論している最中に、ウジンの運転する車に轢かれます。
ウジンは発覚を恐れ、そのまま車のトランクにジェイを入れて運びました。
共同住宅の工事現場に連れて行きますが、ジェイはまだ息がありました。
ウジンはジェイを殺害し、遺体を隠そうとします。
嫌がるジミンには自分の薬を服用させて朦朧とさせ、ウジンは犯罪を隠そうとしていました…。


インテ刑事はウジンが妹を殺したと気づき、ウジンを拉致していました。
ウジンに、妹の遺体をどこにやったか聞いています。
意識を取り戻したジミンは、血まみれのウジンがインテ刑事に拷問を受けているのを見ました。
上からコンテナが落ちてきて、ウジンは下敷きになって死亡します。

インテ刑事はジミンに銃を突きつけると、遺体の場所を聞きました。ジミンは案内します。
工事現場の地下に案内したジミンは、隙をみて逃げようとします。
もみ合いになり、横のレンガが崩れました。そこに妹の遺体があり、それを見た刑事はショックを受けます。
インテ刑事は事件当夜のことを思い出します。


…その夜、インテ刑事は妹のジェイに、保護者面談を忘れたことを怒られていたのでした。
妹は靴を買ってくれと電話で駄々をこねており、その最中に交通事故に遭います。
事故現場に朝方たどりついた刑事でしたが、スマホしかありませんでした…。


工事現場が崩落を始めます。
ジミンはインテ刑事をひっぱって、逃げようと促しますが、インテ刑事は泣いて妹の遺体を抱きしめ、残る決意をします。
ジミンはひとりで逃げました。

後日。
建設中のビルが倒壊して、4人が死亡したというニュースが流れます。
(ウジン、ドシク理事、インテ刑事、チャ・ジェイの遺体)
ニュースを聞きながら、インテ刑事とジェイの知人だったヒョンソク医師は、複雑な表情を浮かべました。

みんなの感想

ライターの感想

ドシク理事はけっきょく、だれが殺したんだろうなあ。うーん。
インテ刑事の必死の捜査は買う。しかしわざわざ同じマンションに越すほどではないような…(笑)。
新築の工事現場が崩落しちゃっていいのかな。
ジミンはけっきょくどうなったかとか、細部が煮詰まっていないので、見終わったあと若干もやもやする。
スリラーとしては割にハラハラさせられた。が、目新しい感じはなく。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デジャブ(2017年韓国)」の商品はこちら