映画:デジャヴ

「デジャヴ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

デジャヴの紹介:2006年のアメリカ映画で、監督は『トップガン』『クリムゾン・タイド』などのトニー・スコット。プロデューサーは『アルマゲドン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多くのヒット作を生み出したことでも知られるジェリー・ブラッカイマー。初めて体験することなのに、何故か記憶があるという現象「デジャヴ(既視感)」をテーマで、細部のディティールを緻密に積み上げられた物語で観る者の興味を最後まで惹きつける作品となっている。

あらすじ動画

デジャヴの主な出演者

ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)、クレア・クチヴァー(ポーラ・パットン)、ポール・プライズワーラ(ヴァル・キルマー)、 アレクサンダー・デニー博士(アダム・ゴールドバーグ)、キャロル・オースタッド(ジム・カヴィーゼル)、ジャック・マクレディ(ブルース・グリーンウッド)

デジャヴのネタバレあらすじ

【起】– デジャヴのあらすじ1

デジャヴのシーン1

画像引用元:YouTube / デジャヴトレーラー映像

ニューオリンズのミシシッピー川を渡るフェリーで爆破され、543名もの人が犠牲になるという事件が起きました。

調査にやってきた連邦捜査官のダグ・カーリンが川岸で爆弾の破片を見つけたことから、捜査主任のジャック・マクレディはこれがテロであるとマスコミに発表します。

ダグは保安官からクレアという女性の水死体の発見の報告を受けます。その死体を調べたダグは、彼女の口元にガムテープが貼られていた痕跡を発見します。

彼女の自宅を訪れたダグは、壁に「お前は彼女を救える」というメッセージや、部屋のあちこちに血痕に気づきます。彼は留守番電話のメッセージから、彼女が何者かの訪問を受けたことを知りました。さらにメッセージを続けて聞いたダグですが、そこにはダグ自身からのメッセージが録音されていました。

ダグはマクレディにクレアが爆発前に殺された事を報告し、それが事件解決の糸口になるという推理を伝えました。

その時、ダグは捜査本部の近くに相棒ラリーの車がある事に気づきます。それは事故の犠牲者の車でした。相棒のラリーも犠牲になっていたのです。

捜査に協力していたFBIのプライズワーラ捜査官は、ダグの有能さを認め、新しい捜査チームへの協力を求めます。その捜査は「白雪姫」というハイテクシステムによるものでした。人工衛星や街中の監視カメラによる情報を統合して作られたデジタル再現映像によって市内近辺の4日前からの映像を観て、手がかりを掴もうというものです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「デジャヴ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×