「デスノート(the Last name)後編完結編」のネタバレあらすじと結末の感想

デスノート the Last nameの紹介:2006年公開の日本映画。2部連続で映画公開された『デスノート』の後編ならびに完結編にあたる。死神のノートを手に入れた青年と、名探偵・Lとの頭脳対決が始まった。原作とは異なる結末にも注目。

予告動画

デスノート(the Last name)後編完結編の主な出演者

夜神月(藤原竜也)、L〔竜崎〕(松山ケンイチ)、弥海砂(戸田恵梨香)、高田清美(片瀬那奈)、出目川裕志(マギー)、西山冴子(上原さくら)、夜神幸子(五大路子)、夜神粧裕(満島ひかり)、リュークの声(中村獅童)、レムの声(池畑慎之介)、ワタリ(藤村俊二)、夜神総一郎(鹿賀丈史)

デスノート(the Last name)後編完結編のネタバレあらすじ

【起】- デスノート(the Last name)後編完結編のあらすじ1

死神・リュークのデスノートを拾ったエリート大学生・月(ライト)は、ノートに犯罪者・容疑者の名を書いて殺します。人々は凶悪犯が不審死を遂げるのを『救世主キラ』のおかげだとし、キラの行動を支持する者が増えてきます。
しかし一方でキラによる『大量殺人』とみなす警察側は、謎の名探偵・Lに捜査を依頼して、キラがいるとみなされる日本に、キラ捜査本部を立ち上げました。
Lの顔と本名を知りたい月は捜査本部へ入ることを希望し、月を疑うLはそれを許します…(『デスノート 前編』参照)。
アイドル・海砂(みさ)はストーカー・坂城良太郎に心中を迫られました。その坂城が心臓麻痺で死に、傍らに黒いノートが落ちてきます。
ノートを拾った海砂は、そこに死亡した坂城の名が記されているのを見ました。見上げると翼を持つ大きな白い死神・レムの姿があり、驚きます。
しかしそれと共に、世間で話題になっている『救世主キラ』のからくりを理解した海砂は、キラに協力する手段が手に入ったことを喜びました。
デスノートは一見何の変哲もない黒い大学ノートですが、最初のページに英文でルールが記載されています。
〝このノートに名前を書かれた人間は死ぬ〟
〝デスノートは書く人物の顔が頭に入ってないと効果は得られない。ゆえに、同姓同名の人物は死なない〟
〝名前のあとに人間界単位で40秒以内に死因を書くと、その通りになる。だが、死因を書かなければ、すべてが心臓麻痺になる〟
〝死因を書くと更に6分40秒の詳しい死の状況を記載する時間が与えられる〟
〝デスノートの所有者以外でも、顔と名前の認識を持って名前を書き込めば、所有者が使う時と同じ効果がある〟(『デスノート(前編)』で判明しているルール)
これに加え、新たな条件も分かります。
〝デスノートの所有権を放棄したら、デスノートにまつわる記憶を失う。だが、デスノートの一部にでも触れば、記憶はすべて蘇る〟
〝デスノートで操れる死の時間は人間界単位で23日以内である〟
〝デスノートに一度書かれたことは変更することができない〟
…キラ対策室は専用の施設で地下にあり、入口で携帯電話などの通信手段は一時預かりになります。
Lはいきなりキラが月だと思ったという発言をしました。月に死神・リュークが「死神の目を持てば、Lの本名が分かる」と囁きます。
世間では一般市民に加えて議員までがキラを容認する発言をしていました。
さくらTVが臨時番組『キラからのメッセージ』を放送し始めます。さくらTV祭りが行なわれている最中に「第2のキラ」を名乗る者からのビデオが届いたと言い、TV局自体を人質にされた状態で放送していると告げました。
第2のキラは、同時刻に他局・太陽TVでゲスト出演しているコメンテーター・日々間の死を予告します。予告どおり、日々間は番組出演中に胸を押さえて死にました。
巨大スクリーンで映像を見たさくらTV祭りの参加者は、一転して「キラ祭りだ」と喜び始めます。祭りにはたまたま居合わせた月の妹・粧裕がおり、キラを讃える周囲に戸惑いの目を向けていました。
キラ対策室の一員・模木が局の前に到着し、解散しろと発言して心臓発作で倒れます。また駆け付けた警察官2似院も死にました。第2のキラは、放送を邪魔する者を殺害しています。
この時点でLは、第2のキラは顔を見ただけで相手を殺せると悟ります。

【承】- デスノート(the Last name)後編完結編のあらすじ2

月の父で警視庁勤務、キラ対策本部長・総一郎が車のバンで乗り付け、ヘルメットを着用した状態でカメラの配線コードを撃ちました。娘・粧裕をかばって放送局内に入り、放送を中止させました。
第2のキラは、言うまでもなく海砂です。海砂はキラとコンタクトを取りたくて、その日さくらTVで仕事が入っていたことから局にビデオを送りつけました。
死神・レムと契約して「死神の目」を得た海砂は、集団の中から月(キラ)を見つけます。死神の目を持つと相手のフルネームと共に寿命も分かりますが、月の寿命が記されていなかったことから、海砂はキラだと見抜きました。
Lは「第1と第2のキラが手を組んだら厄介なことになる」と危惧しますが、予感は的中します。海砂は早速インターネットで月の名を検索し、その日の夜に月の自宅へ押し掛けました。
「私があなたの目になる」と言う海砂を部屋に通した月は、海砂を信用してよいのか判断に困りました。海砂は自分のデスノートを渡し「不要になれば私を殺してもいい」とまで言います。
海砂のノートに触れた月は、死神・レムを見ました。レムは海砂の献身ぶりの詳細を明かします。
実は海砂は3年前に家族を強盗犯に殺された被害者でした。海砂は犯人を目撃して犯人・太村は逮捕されましたが、海砂の目撃証言だけでは立件できず太村は釈放されます。
その太村を殺したのがキラでした。以来、海砂は憎い相手を殺したキラを神と崇め、信奉していました。
海砂はLを殺す代わりに交際してくれと迫ります。月はLと海砂が出会う機会を作るから、それまでは軽率に動くなと言いました。
ある日Lが東応大学に来て、月に「第1と第2のキラは繋がったのかも」と発言します。直後、海砂が月に会いに大学に来ました。焦りながらも月は、海砂とLが対面したのは好都合だと思いました。
しかし直後に海砂は容疑者として拘束されます。さくらTVに送られたビデオに、海砂の衣服の繊維が付着していたことが逮捕の決め手となりました。
第2のキラは顔を見ただけで殺せるからという理由で厳重に警戒された海砂は、拘束&監禁されながらも何も言わずに過ごします。食事も拒否します。
衰弱する海砂を見た死神・レムは月に「必ず救い出せ」と脅しました。
死神・レムの友人にジェラスという小さな死神がいました。ジェラスは親を殺された海砂をひそかに見守っていました。
ストーカー・坂城にナイフを向けられた日、海砂の寿命は尽きる予定でした。それを避けるためにジェラスはデスノートに坂城の名を記します。死神が「人間の寿命を延ばすために」ノートに記入したことでジェラスは灰になり、ジェラスの思いを引き継いだレムは海砂を守ろうと決意したのです。
月は海砂と自分にかけられた容疑をかわす方法を熟考すると、レムに指示を出し「作戦どおりにするように」と言いました。それと共に自分のノートは樹の根元に埋め、死神・リュークに「次に僕が『捨てる』と言った時は、所有権を放棄する時だ」と告げます。

【転】- デスノート(the Last name)後編完結編のあらすじ3

本部へ行った月は、自分を監禁&拘束するよう言います。「無自覚で殺したのかも」と言い、24時間の監禁状態で新たな犯罪が起これば、身の潔白が証明されると告げました。Lは承諾し、月も監禁されます。
海砂と月を監禁すると犯罪者は殺されなくなりました。監禁途中で月が「みっともないが、プライドは『捨てる』」と発言し、デスノート所有者の権利を放棄します。
月が監禁されてから2週間後に、再び犯罪者が殺され始めました。
…これは死神・レムがさくらTVのレポーター・高田清美にノートを託したからでした。キラについて調査する清美は、他者よりもキラの犯罪の傾向を知る立場にあり「キラの代理人」に任命されたことを喜んで犯罪者を抹殺し始めます。清美は第3のキラになりました。
第3のキラが現れたことで月と海砂の立証は難しくなり、2人は解放されます。但し海砂に関しては物証の件があるので、引き続き監視します。
月はデスノートの所有者の権利を一時放棄したことでデスノートの記憶が消え、Lと協力してキラを探します。
データを分析した月は、自信を喪失したLに殺害傾向の変化を提示しました。新たな殺害は以前よりも微妙なズレが発生しています。それを解析すると「話題度(より世間が注目する人が殺されるようになっている)」「ジェンダー度(女性問題を扱ったものが多くなっている)」「ある報道機関によってリードされている(さくらTV)」…これでかなりキラは絞り込めるのではないかと、月はLに指摘しました。
清美はマスコミの立場にあることを利用し、テレビの前でわざと容疑者を殺すことによって現場スクープを次々に挙げていました。そしてライバルを事故死に見せかけて殺害してメインキャスターにのしあがります。
キラ対策本部は清美を容疑者としてマークし、部屋に監視カメラを設置しました。清美がノートに人物名を書き込む行動を見たLと月は、そのノートに書かれた者が死ぬという事実を突き止めます。
脅迫者をまず清美に接近させ、ダミーの放送を清美に見せ、脅迫者が死なないことで焦った清美がノート持参でさくらTVに駆け付けたところを包囲し、逮捕にこぎつけました。
清美は逮捕され、月の父・総一郎がノートを手にします。死神・レムが見えた総一郎が驚き、捜査員たちはノートを次々に触りました。月も触り、その瞬間、すべての記憶が戻ります。
記憶が戻った月はノートを手に持ったまま(ノートの所有者ではないから手を離すと記憶が失われるため)、腕時計に仕込んだノートの切れ端に自分の血で清美の名を針で書き、清美を殺しました。
「記憶が戻っている間に他の所有者を殺すと所有権を移せる」ので、レムのノートの所有権は月に移ります。
キラ対策本部が入手したレムのデスノートには、月によって新たなルールが記されていました。対策本部を欺くための偽ルールです。
〝ノートに名前を書いた者は、13日以内に名前と書きこまなければ死ぬ〟
これにより、2週間以上監禁されていた海砂と月の無罪が立証され、2人は監禁を解かれました。

【結】- デスノート(the Last name)後編完結編のあらすじ4

監禁を解除された海砂に月は指示し、海砂は樹の根元に埋められたリュークのデスノートを掘りだします。触った瞬間に記憶が蘇った海砂は、リュークのノートの所有者になりました。
海砂はノートを使って再び犯罪者の処刑を始めます。月は海砂にLの本名を記して葬れと言いますが、Lを見た直後に逮捕され監禁された海砂は、Lの本名を忘れてしまっていました。騒動で立て込んでいたのと、死神の目を持ったことで毎日何百、何千もの名を見続けていたのですから、やむをえないことです。
海砂は月の役に立ちたいと思い、半分の寿命が更に半分になることを知った上でリュークと死神の目の契約をかわしました。
Lはノートの最後の項目(偽ルール)を疑い、FBI(アメリカ連邦捜査局)で死刑囚2人を使って実験させようと考えます。アメリカへは月の父・総一郎が持っていくことになり、ノートはトランクに厳重保管され移送されました。
キラ対策本部に残ったLと月の所に、海砂の訪問があります。海砂はLの本名を見て、殺すつもりでした。
本部のあらゆる場所に監視カメラがあり、Lが死んだらすぐ総一郎に連絡が届いてノートを焼却処分する手筈になっていると、Lは月に言います。
それを聞いた死神・レムはあせり、海砂を助けるために自らがノートにLとワタリの名を書きました。レムは灰になりますが、一緒にノートも焼却処分します。
ワタリが死に、Lも倒れました。月は高らかに笑い、勝利宣言します。
さらに月は、あらかじめ父・総一郎の名も海砂の持つノートに記していました。「ノートを求める者に手渡して死亡」と書きます。
戻ってきた父・総一郎はトランクを開きますが、中にノートはありませんでした。Lも死んでいません。
実は海砂が樹の根元から掘り返したノートは初日のみ本物で、2日目からは偽物にすり替えられ、嘘の報道がなされていました。
Lは今回の作戦を決行するにあたり、自分で自分の名と死亡時期をデスノートに記します。そしてそれを見せることで、最後まで月の無実を信じる父・総一郎に決死の覚悟を示し、協力を仰いでいました。
Lが先に死を書いたことで〝一度書いたものは変更できない〟ルールにより、後でレムがLの死を書いても効果がありませんでした。
月の行動はすべて総一郎と捜査員に見られていました。銃を持った捜査員に包囲された月は、腕時計に仕込んだノートの切れ端を触ろうとして時計を銃撃され、さらに足を撃たれます。
追いつめられた月は死神・リュークに「もっと面白いものを見せてやるから、こいつらの名を書け」と言いますが、リュークが書いたのは月の名でした。「俺に頼るようならお前も終わり」と言ってリュークは笑います。
月は死にました。海砂は所有権を放棄させられてノートにまつわる記憶が消え、ノートは焼却処分されます。
キラ事件は解決したとICPOに報告しますが、長官は半信半疑です。キラの死は報道されないことになり、月も表向きはキラとの戦いで死んだことになりました。
死ぬ予定が決まっているLは総一郎に「あなたは立派な父だった」と言います。総一郎が去った後、Lは静かにソファで亡くなりました。
…1年後。
月の誕生日に母・幸子と妹・粧裕がケーキを作ります。キラがいなくなったことにより、また犯罪が増えていました。
ノートの記憶はなくとも月への愛情は残った海砂は、部屋で月の誕生日を祝っていました。
東京タワーの周りを舞いつつ、リュークが哄笑します…。

みんなの感想

ライターの感想

映画冒頭に前編の内容がぎゅっと凝縮された後、すぐ本編が始まります。
上映時間140分と、当時にしては長めの内容ですが、前編と同じく次々に話が展開していくので退屈することはありません。
対峙する2人の天才、月とLとの駆け引きが絶妙で、どっちが勝ってもおかしくないと思わせます。
海砂の献身ぶりがけなげです。「3年前のあの時に、私は家族と一緒に死んでいた」そう思う海砂は最後まで月に尽くし、寿命を減らしながら貢献しようとします。
途中からデスノートの所有者が入れ替わったり、所有権一時放棄など発生するので、混乱しそうになります。
…ところで。あらすじでは触れられませんでしたが、Lは甘いものばかり食べてます。マシュマロ、チョコ、大福…甘党じゃない者にとっては、見てて「うえ~」と思うシーンもあるかも。
紅茶には角砂糖をいくつも入れるし、かき氷には練乳をこれでもかとばかりに、ぶちゅーっとかけます。
個人的にこの「甘いものシーン」がツボで、Lが出てくるたびに画面に甘いお菓子がないか探しちゃいました。
いちばん好きなのは「甘いものだけを串刺しにした」やきとりみたいな串です。Lはこれを総一郎にも手渡しますが、総一郎は困った顔で横の捜査員に渡します。
この甘いものの持ち方も変! 親指と人差し指だけで持つから、ちょっと見「汚物をつまみあげてる」感じ。そういう持ち方です。
うちではこれを「L持ち」と称し、甘いものを食べるときに披露するのが流行しました。
  • downmhhmさんの感想

    最後まで結末がわからない展開に目が離せませんでした。途中、本来敵同士である月とLの関係が、月がデスノートの記憶をなくしたことによりLと一緒に協力して捜査する展開はなぜかワクワクしました。個人的にはここのシーンが一番楽しいので好きでした。当時、小学生だった自分が今でも楽しめるのでこれこそ子供から大人まで楽しめる作品だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「デスノート(the Last name)後編完結編」の商品はこちら