映画:デッドゾーン

「デッドゾーン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

デッドゾーンの紹介:手に触れた人の未来を見ることのできる超能力を得た男性の孤独と苦悩、その生と死を描いたクローネンバーグ監督の作品。アボリアッツ・ファンタスティック映画祭批評家賞受賞のサスペンス映画です。

デッドゾーンの主な出演者

ジョニー(クリストファー・ウォーケン)、サラ(ブルック・アダムス)、スティルソン(マーティン・シーン)

デッドゾーンのネタバレあらすじ

【起】– デッドゾーンのあらすじ1

高校教師だったジョニーは、ある日突然の交通事故にあい、5年間もの間昏睡状態に陥ります。

5年後に奇跡的に目覚めた彼には、手を握った相手の人の未来を見ることができるという超能力が備わっていました。

けれども、5年間のうちに、婚約者だったサラは他の男性と結婚し、職も失ったジョニーは、父と一緒に自宅にひきこもる生活を送ります

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「デッドゾーン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×