映画:デンジャーコール

「デンジャーコール」のネタバレあらすじと結末

デンジャー・コールの紹介:原題は「Operator」、2015年にアメリカで制作されたクライムサスペンスです。監督は「アンノウン・コール」「デンンジャラス・ボディ」でお馴染みのアマリヤ&オービン・オルソン兄弟で、ルーク・ゴスとミーシャ・バートンのダブル主演となっています。銃撃戦あり、ド派手なカーチェイスありのスピーディーでスリリングな展開、そして予測不能なストーリーはラストまで息つく暇もありません。

あらすじ動画

デンジャーコールの主な出演者

ジェレミー・ミラー(ルーク・ゴス)、パメラ・ミラー(ミーシャ・バートン)、ハワード(マイケル・パレ)、リチャード(ヴィング・レイムス)

デンジャーコールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デンジャーコールのあらすじ1

デンジャーコールのシーン1 911のコールセンターでオペレーターをしているパメラは、夫のジェレミーとは別居し、娘のキャシーと二人で暮らしています。

1年前の夜、パメラの自宅は何者かによって放火されました。この時、家に居るはずだったジェレミーが仕事に出かけてしまい、危うくキャシーが火事に巻き込まれるといったことがあったのです。この一件があって以来、夫婦仲はぎくしゃくし、パメラはジェレミーとは別に暮らすようになったのです。
なおこの時、コールセンターで放火犯から「お前の家が燃えている」と通報を受けたのは、ほかでもないパメラ自身でした。

それから1年の月日が流れたある日、娘のキャシーは社会科見学の最中に、誘拐されてしまいます。

同じ頃、コールセンターのパメラのもとに、一件の不審な通報が入ります。それは今から10分後に恐ろしい事故が起こるから、その現場に警官を急行させろというものでした。
パメラは半信半疑ながらも夫であり警官でもあるジェレミーに無線連絡をし、現場へ行くよう指示を出します。

パメラから連絡を受けたジェレミーと同僚のハワードは現場へ駆け付けますが、特に異常はありません。
ところがホッとしたのも束の間、次の瞬間、巨大なトレーラーがジェレミーの乗るパトカーに突っ込んでくるのでした。幸いにもたいしたケガもなく難を逃れたジェレミーでしたが、これで通報者の予告は本物だと証明されたわけです。

【承】- デンジャーコールのあらすじ2

デンジャーコールのシーン2 一方のコールセンターでは、パメラと通報者とのやり取りが続いています。トレーラー事故の知らせを受けて混乱するパメラに、通報者はさらに追い打ちをかけます。なんとパメラが仕事で使用していたパソコンに誘拐したキャシーの映像を送りこんだのです。
自分の娘が誘拐されたことを知って愕然とするパメラに、通報者はあるルールを突きつけます。すべての着信を無視し、常に俺と通話ができるようにしておくこと。余計な詮索はせず、質問には必ず答えること。絶対に俺に従うこと。同僚に助けは求めないこと。そしてパメラの行動はすべて監視していると、通報者は冷酷に告げます。

その頃、ジェレミーはトレーラーの車内を確認していたのですが、そこは無人でした。

さてパメラには通報者から次の指示が出されます。それはさっきの警官を次の場所に向かわせろというものでした。
パメラはまたもやジェレミーに連絡をし、次の現場へ向かうように伝えます。
こうしてジェレミーとハワードが向かった先は、無人の工事現場でした。この時こっそりパメラはジェレミーに「通報ダイヤルを乗っ取られた。キャシーが人質に取られている」とメールを出します。このメールでようやく事態を把握できたジェレミーでした。が、その直後、工事現場が爆発します。
この爆発で応援に駆け付けた一人の警官が犠牲になるものの、ジェレミーとハワードは無事でした。

それからまた次の現場へ向えと犯人から指示があります。ジェレミーは「犯人の指示に従え。手掛かりは俺が見つける」とパメラにメールをし、また次の現場へ向かいます。

【転】- デンジャーコールのあらすじ3

デンジャーコールのシーン3 やがて到着したのは火事で燃える家でした。その炎の中から男が飛び出してくるのを発見したジェレミーはすぐにその後を追いかけます。しかしやっとのことで捕まえた相手は「ここで火事を起こせと見知らぬ男に頼まれただけで、俺は何も知らない」と言い張ります。なおも詳しい話を聞こうとしたジェレミーでしたが、その前にハワードがその男を撃ち殺してしまいます。
男の口から娘キャシーの居所を聞き出せるかもしれないと思っていたジェレミーでしたが、それは叶わぬものとなってしまいました。

そこで何とか娘キャシーに繋がる手掛かりはないものかと男のカバンを探ります。するとそこには大量の紙幣が入っており、その紙幣がジョージア国立銀行のものであることが分かりました。そこでジェレミーは犯人の真の目的は銀行強盗だと推測します。
そのため、急きょジョージア国立銀行に向かうことにしました。

到着したジョージアとハワードが銀行内に入ると、そこには拘束された銀行員たちと覆面をつけた銀行強盗が待ち受けていたのです。強盗犯は女性を人質に取ります。しかしジェレミーは強盗犯を刺激しないよう説得し、徐々に距離を詰めていきます。
ところがまたもハワードが強盗犯を撃ち殺してしまったのです。ジェレミーは二度も娘キャシーの情報を聞き出せなかったことでハワードを責めるもどうにもなりません。そこで強盗犯が持っていた携帯電話の履歴に残っていた電話番号をパメラに伝えるのでした。

【結】- デンジャーコールのあらすじ4

デンジャーコールのシーン2 一方でパメラは通報者からゲームはおしまいだと告げられました。ジェレミーたちが自分の指示を聞かず、ジョージア銀行に行ったことで、命令違反だというのです。そして「娘を返してほしければ、銀行の金を持ってオーソン通りへ来い。そこで娘と引き換えだ」とパメラに言い、電話を切りました。

通報者との電話を切った後、次々と911通報が入ります。それらの通報はすべてあちこちの銀行が強盗に襲われたというものでした。ここでパメラは通報者の目的がジョージア国立銀行だけではなく、辺り一帯すべての銀行であったことに気づきます。それをすぐさまジェレミーに伝えます。

ジェレミーは金を持ってオーソン通りの取引現場へ向かいます。そこは古びた建物でした。すぐ中に入るジェレミーでしたがそこもまた無人で、キャシーの姿はありません。肩を落とし建物から出たジェレミーが目にしたのは、ハワードがその建物を爆破させる瞬間でした。
そう、同僚だったハワードも通報者とグルだったのです。

一方、パメラもまたジェレミーから伝えられた電話番号を追跡し、持ち主がコールセンター内に居ることを突き止めます。その正体はパメラの上司リチャードでした。1年前のパメラ宅の家事も彼が仕組んだもので、その目的はジェレミーの持っていた銀行の防犯資料だったのです。

リチャードは銀行から奪った大金と共に車で逃走を図ります。
ジェレミーとパメラの乗った車がそれを追います。そして激しいカーチェイスの末、ジェレミーがハワードを、パメラがリチャードを撃ち殺します。こうしてリチャードの車に乗せられていたキャシーを救出し、事件は解決したのでした。

みんなの感想

ライターの感想

テンポの良い展開で最後まで惹きつけられました。犯人とのやり取りも緊迫感があり、一体何を目的として主人公の女性をターゲットにしたのかなど、色々と謎もあって面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デンジャーコール」の商品はこちら