「ドッグヴィル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「ドッグヴィル」の感想

ライターの感想

トリアー監督の実験的作品の一編です。実際にセットでも家が建っている訳でも、犬が居る訳でもない。 人が動き、眠り、何をしているのかもすぐに視覚的には見える。だけど見ていくと、いつも曇っていて(むしろ灰でも降っていて)薄暗いボロ屋ばかりが立ち並ぶ村が見えてくる気がした。 圧倒的に美しい逃亡者役のニコールキッドマンを初めとして、役者達の熱演っぷりが凄まじく、最後の焼き払いにはむしろ胸がスカッとした。 トムの「道徳」も蓋を開けてみれば、自尊心と小さな征服欲を満たす為のものだったということで、グレースの決断には拍手。 でも、彼女は自ら、一番嫌っていた世界の扉を開いてしまった事で、ずぶずぶギャングの跡継ぎになるんだろうな、それを思うとやるせない。
    1 2 3 4 5

    「ドッグヴィル」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×