「ナイト・ストーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– ナイト・ストームのあらすじ4

ナイト・ストームのシーン4

画像引用元:YouTube / ナイト・ストームトレーラー映像

外で話を聞いている女性捜査官。すると、そこへ妻がやってくる。取り調べ室で話すように案内されてくる。

バディは殺人罪で疑われているが、自分は無実だと話すが、ファンシーのことについて聞かれ何も言えなくなってしまうバディ。あとで必ず全部話すから今は協力してくれと話す。

外で女性捜査官は他に行方不明になっている女の子がバディの証言したようなプリントの洋服を着ていたと話し、嘘じゃないかもしれないと捜査官に訴える。

取り調べ室に入り、バディに模様を確認すると、礼状をとりにいく刑事達。

ウォルターの家にやってくる捜査官たち。令状を提示しなかに入っていく捜査官達。

地下を調べていると、閉じ込められている女の子の声が聞こえる。ウォルターは早々に逃げ出し、残ったファンシーは取り押さえられる。

バディは釈放だと言われ、何あったかを捜査官に尋ねると、悪夢だと言われる。

バディが家に帰ると、妻は姉の家に行くと家を出ていってしまう。

ハリケーンの被害は甚大だったと言う報道と、若者の拉致事件の主犯のウォルターはまだ逃げているというニュースが流れている。

一人で寝ているバディ。夜中に物音がして銃を持っておきだすが、何もない。

ダイナーでコーヒーを飲んでるバディ。外で銃声がして外に出ると、バディの妻を人質にしたウォルターが軍服を着て銃を持っている。

バディの秘密を話せと責め立てるウォルター。バディは相棒を助けようとしたのは嘘で、燃え盛る相棒を見て自分は逃げ出したと話す。すると、ウォルターはバディは自分と似たもの同士だと思ったが、違うなと話し、妻は解放してバディの腹に銃を突きつける。

そこへ警察が到着し、ウォルターは要求があるといい、ファンシーを釈放すあるように言うが、病院に入りとても外に出られる状態ではないと言われる。更に政府の軍人に対する扱いにも触れ、自分の隊の名前を大声で叫び始める。何かに気づいたバディはウォルターにやめるように囁くが、ウォルターは拳銃を警察官にむけ、撃たれて死んでしまう。

事件の報道。ファンシーは若者を攫って子供をつくらせていたと言う報道が流れている。ファンシーの声『常に次の手はあるわ』地下室の扉が閉まる。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナイト・ストーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×