映画:ナポリ熟れた情事

「ナポリ熟れた情事」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ナポリ、熟れた情事の紹介:2017年製作のイタリア映画。芸術の街・ナポリで繰り広げられる美をめぐる官能ミステリー。魅力的な青年・アンドレアと関係を持った検死官アドリアーナは、直後、アンドレアの遺体と対面。死を受け入れられないアドリアーナの前に、アンドレアそっくりの青年が再び現れる…。

あらすじ動画

ナポリ熟れた情事の主な出演者

アドリアーナ・コッツォリーノ(ジョヴァンナ・メッゾジョルノ)、アンドレア・ガルデリシ&ルカ(アレッサンドロ・ボルギ)、アデレ(アンナ・ボナイウート)、パスクアーレ(ペッペ・バーラ)、アントニオ(ビアージョ・フォレスティエリ)、カテーナ(ルイーサ・ラニエリ)

ナポリ熟れた情事のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

検死官のアドリアーナは魅力的な青年・アンドレアと恋に落ちるが、翌日アンドレアは遺体となって発見。直後からアドリアーナの周辺で異変が起き、しかもアンドレアの双子の弟・ルカも出現。

【起】– ナポリ熟れた情事のあらすじ1

ナポリ熟れた情事のシーン1

画像引用元:YouTube / ナポリ熟れた情事トレーラー映像

(最初にネタバレです。

エロティックなタイトルですが、内容的にはミステリーです。

ベッドシーンはありますが、それよりも謎解きミステリー要素のほうが大きくなっています。

さらにラストはオカルト的展開…そして意味深長…)

〝ナポリに捧ぐ〟

えんえんと続くらせん階段…。

男性が撃たれつつ、部屋から現れました。

男性を撃ったのは、女性です。

女性は銃の弾がなくなるまで男性を撃ちました。

振り返った女性は、自分の娘が一部始終を目撃していたと知ると、思わず銃を取り落としました…。

娘である少女は、母をひたすら凝視します。

(このシーンは重要で、映画の終盤に明らかにされる)

2017年6月24日。

イタリア・ナポリ。

芸術の都・ナポリで、「これは古代の物語」といわれる重厚な芝居の幕が開きます。

中年女性アドリアーナ・コッツォリーノは、芝居を見に行った場で、魅力的な青年アンドレア・ガルデリシに惹かれました。

それはアンドレアも同じでした。

アンドレアはアドリアーナに「明日、用ある?」と質問します。

アドリアーナが「明日は日曜よ。なぜ?」と訊くと、「一夜を共にするから」とアンドレアが答えました。

ふたりはすぐにベッドインします。

アンドレアは下腹に特徴的なタトゥーがありました。アドリアーナは、芸術的なタトゥーに魅入られます。

翌朝、アンドレアはアドリアーナと、考古学博物館で会う約束をし、帰っていきました。

アドリアーナは昼間、叔母の家へ行く予定だったので、出かけます。

叔母のアデル宅へ行ったあと、約束通り考古学博物館へ行ったアドリアーナですが、いつまで待ってもアンドレアは来ませんでした。

遊ばれたのか、振られたのかと思い、アドリアーナは惨めな気持ちで博物館を去ります。

そんな彼女の携帯電話に、翌朝、仕事を頼む用事が入りました。

当直の当番だったピスコポが熱を出してしまい、アドリアーナが出かけます。

アドリアーナは、検死官でした。

その日(6月26日)、顔が潰されて身元確認のできない男性の遺体が運ばれます。

検視を開始したアドリアーナは、あるものを見て動揺しました。

遺体の下腹には、特徴のあるタトゥーがありました。

前の夜、博物館にアンドレアが来なかったのは、殺されていたからでした。

ショックを受けたアドリアーナは、検視を中止して、報告を次席検事に回します。

同じ頃、警察と検察側でも、被害者の身元がアンドレアだと突き止めていました。

遺体の所持品のスマホに、「眠っているアドリアーナのヌード画像」があったからです。

アンドレアの遺体は、博物館の裏口で発見されていました。

つまりアンドレアは、待ち合わせのすぐ近くまで来たところで、殺されていたのです。

遺体は眼球が抜き取られており、死因は出血多量でした。

アンドレアは、見てはならないものを見て、殺されたと思われます(眼球が抜き取られたことの意味)。

これから愛をはぐくんでいこうとした矢先に、アンドレアを失い、アドリアーナは実感が湧きませんでした。

アンドレアの葬儀にも出ますが、たった一日だけの恋人だったので、茫然自失に陥ります。

アンドレアの喪失感が得られないアドリアーナは、さらに不思議な体験をしました。

アンドレアと瓜二つの男性を、駅で目撃したのです。

名前を呼びかけながらアドリアーナは追いましたが、男は少しもこちらを見ずに、去っていきました。

その夜、アドリアーナの家に訪問者がありますが、インターフォンの死角に入り、カメラには映りません。

気になったアドリアーナは外へ出てみますが、訪問者の正体は分からずじまいでした。

ただ、アンドレアと関わった途端に、アドリアーナの周辺にも何者かの影が忍び寄っています。

背景になにか陰謀の陰があると、アドリアーナは感じます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナポリ熟れた情事」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×