映画:ナンバー23

「ナンバー23」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

ナンバー23の紹介:2007年公開のアメリカ映画。小説に登場する探偵と自分の半生を重ねた男が、次々と不気味な事件に巻き込まれていくミステリー。ジム・キャリー扮する夫が23にこだわり始め、家族の運命をも狂わせるさまをスリリングに演じる。

あらすじ動画

ナンバー23の主な出演者

ウォルター・スパロウ&フィンガリング(ジム・キャリー)、アガサ・スパロウ&ファブリツィア(ヴァージニア・マドセン)、ロビン・スパロウ(ローガン・ラーマン)、アイザック・フレンチ&マイルズ・フェニックス(ダニー・ヒューストン)、ローラ・トーリンズ(ローナ・ミトラ)

ナンバー23のネタバレあらすじ

【起】– ナンバー23のあらすじ1

(・ラテン語は23文字

・テンプル騎士団の歴代総長23人

・魔女の宴 6月23日

・タイタニック号の沈没 1912年4月15日(足すと23)

・TWA機の事故 座席番号23で爆発

・元大統領クリントンとブッシュの名 23文字

・米国、ドイツに宣戦布告 1941年12月11日(12+11=23)

・ヒトラー自殺1945年4月(足すと23)

・シーザーの刺し傷 23

・古代マヤ人が信じた世界の終末 2012年12月23日

・C(チャールズ)・マンソンの誕生日 11月12日

・死の陰の谷を歩く時… 聖書の詩編23 以上オープニング)

〔2月3日〕

ウォルターは動物管理局に勤める動物捕獲員です。妻・アガサはケーキ屋を経営しており、息子・ロビンは思春期真っ盛りの十代半ばです。

この日が誕生日のウォルターは犬が暴れているとの通報を受けて飲食店の裏庭に行き、捕獲用の首縄棒を持って近寄って捕獲した犬「NED(ネッド)」に左腕を噛まれました。ネッドは首に名札がついていました。

逃亡したネッドは墓地に行き、ローラ・トーリンズという墓の前で座ります。店からいなくなったので捕獲する必要はなくなりましたが、時間を取られたせいで、ウォルターは妻・アガサとの待ち合わせに遅れました。

アガサはその間に古書店で立ち読みしていた〝ナンバー23〟という本を買い、ウォルターにプレゼントします。作者はトップシー・クレッツという名でした。

両親が留守の間にガールフレンドを連れ込んでいた息子は、父・ウォルターにマグカップをプレゼントします。ウォルターは幸せな家庭を築いていました。

その夜、ウォルターは早速アガサから貰った本を読み始めます。それは不思議な話で、第1章では主人公が幼少期に憧れた本の主人公に憧れて、フィンガリング探偵と名乗るところから話が始まりました。

ウォルターも幼少期はフィンガリングが主人公の『動物園のフィンガリング』の愛読者でした。ウォルターは主人公に自分を重ね合わせながら、本を読み進めます。

〔2月4日〕

ネッドに噛まれたウォルターは、動物管理局の決まりでカウンセリングを受けねばなりませんでした。モーティマー博士は問題も危険性もなしとみなし、今日は休みにしていいと言います。

ウォルターは本の第2章を読み進めます。

フィンガリング探偵は砂嵐で有名なアメリカ中部の町で生まれ育ち、友達もいましたがいつも孤独でした。父は会計士で、息子にも会計士になってもらいたいと思いますが、主人公は8歳の時に探偵になりたいと思います。

それは隣家の〝アルフィ〟という犬を追いかけて隣家に入り、夫人の死体を発見したからでした。警察は自殺と判断しましたが、主人公は納得がいかず、そしてフィンガリング探偵が生まれたのです。

本を読みながらウォルターは、主人公と自分との共通点を探していました。しかしほとんど読み終えたアガサは、ウォルターが「僕の思い出を読んでいるようだ」と言うのを笑って流します。

フィンガリング探偵には恋人・ファブリツィアがおり、ウォルターはファブリツィアと妻・アガサを重ねて読み進めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ナンバー23」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ