映画:ハムレット・ゴーズ・ビジネス

「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

ハムレット・ゴーズ・ビジネスの紹介:1987年のフィンランド映画。シェークスピアの『ハムレット』を1980年代のフィンランドに置き換え、大胆に翻案したサスペンス・コメディ。監督・脚本は鬼才アキ・カウリスマキ。大企業の社長が殺害される。社長の息子であるハムレットは、会社を乗っ取ろうとする叔父に対抗しようとするのだが…。

あらすじ動画

ハムレット・ゴーズ・ビジネスの主な出演者

ハムレット(ピルッカ・ペッカ・ペテリウス)、クラウス(エスコ・サルミネン)、オフェリア(カティ・オウティネン)、ハムレットの母 (エリナ・サロ)、ポロニウス(エスコ・ニッカリ)、ラウリ (カリ・ヴァーナネン)、シモ(プンティ・ヴァルトネン)

ハムレット・ゴーズ・ビジネスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ハムレット・ゴーズ・ビジネスのあらすじ1

とある巨大企業。会社の重役で社長の弟であるクラウスは、兄を殺害して社長の座を乗っ取ろうと画策しています。兄の妻とも愛人関係にあるクラウスは、彼女には目論見を隠したまま、兄が使うグラスを毒薬入りの物とすり替えて殺しました。机に伏せた社長。その姿を見た息子ハムレットは、何かを知っているのか、グラスに残った毒を拭き取りました。
社長の死の早々、クラウスは同じく重役のポロニウスと結託します。会社の株51%を所有するハムレットが頼りないボンボン息子だと見立てる2人は、彼にポロニウスの娘オフェリアとの縁談を持ち掛け、恋にうつつを抜かさせようと企みました。

2ヵ月後。クラウスたちの予想通り、ハムレットはオフェリアに夢中に。しかしオフェリアは父と交わした戦略で、ハムレットに体は預けぬよう貫きます。
一方、母がクラウスとの再婚を決めたため、ハムレットは怒り狂いました。まんまと社長にのし上がったクラウスは、ポロニウスを副社長に迎え、マフィアまがいのローゼンクランツらを会社に入れます。早速クラウスは会社の製材所と造船所をノルウェーの企業に買収させ、相手を倒産させたのちに多額の保険金を受取ろうと考えました。ハムレットが会社の経営には関与しないと見くびって事を進めるクラウスでしたが、実はハムレットは彼とポロニウスの会話を盗聴し、計画を把握していたのです。
同じころハムレットは運転手のシモや守衛から、亡き父の亡霊を見たと聞いて目撃現場へ。その夜ハムレットの前にも現れた父の霊は、生前の悪行から現在は地獄にいることや毒殺されたことを明かし、自分の仇を取って欲しいとハムレットに訴えました。

【承】- ハムレット・ゴーズ・ビジネスのあらすじ2

ハムレットは幼馴染かつ社員で、オフェリアの双子の兄であるラウリに、妹に近づかないで欲しいと要望されます。今やラウリの上司となったハムレットは、指図は受けないと高飛車に言い放ちました。正直者で真面目なラウリはハムレットの態度に落胆し、勉強のために1年間休暇がほしいとクラウスとポロニウスに申し出ます。そしてラウリは、ハムレットの誘いに乗るなとオフェリアに忠告し旅立ちました。ハムレットに本当に愛されている気がし始めていたオフェリアは、政略結婚に良心が咎めていました。それでもポロニウスは、結婚さえしてしまえばカトリック教徒だから離婚も出来ず、こっちのものだと言って、ハムレットを焦らせるだけ焦らすよう娘に言い渡します。

誰にも本音をこぼせないハムレットは、シモに一方的に心を開き、あるプランを進めていることを打明けます。計画遂行のため、ハムレットは体調不良を演じることにしました。
役員会議が行われ、クラウスは買収案を提示。そのうえ鉄鋼品ではなく、新規事業としてプラスチック製品を売出すと言い出します。役員が満場一致で賛成するなか、会議からは蚊帳の外という立場を装っていたハムレットが反論を始めました。株の過半数を所有する自分に会社の決定権があり、製材所も造船所も閉鎖させないと断言したのです。これを受けてクラウスとポロニウスは、ハムレット殺害の臍を固めるのでした。

【転】- ハムレット・ゴーズ・ビジネスのあらすじ3

オフェリアへ想いを募らせるハムレットですが、「愛してもないのに…」と彼女に言われ落胆しました。本当はオフェリアも少しずつハムレットに惹かれていたのに、2人の心はすれ違ってしまいます。ショックを受けたハムレットが1人でバーに行くと、ローゼンクランツたちが現れました。彼らの魂胆を見透かしていたハムレットは、身の危険を察知しその場を去ります。帰宅したハムレットは八当たるように、シモの恋人でメイドのヘレナに強引にキスをしました。そんなハムレットをシモが無言で睨みつけました。

父の死から4ヵ月。体調不良で心配をかけた詫びにと、ハムレットは母とクラウスを舞台に招待しました。実はこれはハムレットの企みで、役者に金を渡し父の毒殺現場を再現させ、客席の母とクラウスに照明を当ててやったのです。
その夜、守衛が寝ている間にピストルを奪ったハムレットは、クラウスの部屋に忍び込みますが、タイミングを外し殺害に失敗します。直後母に呼び出されたハムレットは、クラウスの殺害を宣言。その時クローゼットから物音がし、クラウスだと思い込んだハムレットが発砲しました。ところが中にいたのはポロニウスでした。ハムレットがクラウスを狙う理由が分からず、母は混乱します。ハムレットはポロニウスの遺体を外へ運び出し、偽装工作しました。ポロニウスの死を受けクラウスは、ロンドンへ逃げるようハムレットに指示します。しかしそれはハムレットを始末するための手立てでした。

【結】- ハムレット・ゴーズ・ビジネスのあらすじ4

オフェリアは父を失ったことで、もう政略結婚ではないはずとハムレットの意思を確かめますが、ポロニウス殺害の張本人である彼はオフェリアの気持ちに応えることなどできません。「もう愛していない」とハムレットに告げられたオフェリアは絶望し、錠剤を大量に飲んだ後バスタブに入水し、自ら命を絶ちました。

船に乗り込んだハムレットをローゼンクランツたちが付けていました。それに気付いていたハムレットは、彼らを海へ落とし殺害します。
父の死の報せを受けて帰郷したラウリは、オフェリアも亡くなったことを知り泣き崩れます。一方、あっという間に戻って来たハムレットもオフェリアの死に傷心しました。
全てはハムレットの仕業とのクラウスの虚言を信じたラウリは、復習を決意。クラウスと共にハムレットが食するだろう鶏肉に毒薬を仕込みます。ところが事情を知らないハムレットの母が肉を口にしてしまい、命を落としました。もともと彼女に対し愛などなったクラウスは動揺することもなく、ハムレット殺害計画を続行します。クラウスはハムレットを部屋に呼び出し、背後からラウリに刺殺させようとしますが、見抜いたハムレットはラウリを殴打。その後クラウスにも発砲し、2人を殺害しました。ハムレットはクラウスとラウリが争ったと偽って通報するのでした。

事件続きで執事も辞職し、会社にはもう役員もいません。淋しくなったハムレットは、“友人”だと思い込んでいるシモに、会社を身売りする意思を告げ、真実を語り出しました。クラウスが少しずつ毒を飲ませて父を殺そうとしていたことを、父に反発していたハムレットは見過ごしていました。ところが業を煮やしたハムレットは、クラウスが用意した毒を強力なものにすり替え、父の殺害に手を加えたのです。そして本当にオフェリアを愛していたことも吐露しました。造船所などを守りたいと思っていたシモは、ハムレットに毒入りの酒を差し出します。疑いもなく酒を飲んだハムレットが死んだのを確認したシモは、身売りの契約書を破り捨てました。そしてシモはヘレナと共に、逃げるように屋敷をあとにするのでした。

みんなの感想

ライターの感想

現在のカウリスマキ監督ほど爽快な展開ではありませんが、シニカルさは抜群で脚本も秀逸です。サスペンスながら存分に笑わせてもらいました。原作『ハムレット』から大幅にアレンジされているので、原作の大まかなあらすじを知ってから鑑賞した方が、よりカウリスマキワールドを堪能できるかと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」の商品はこちら