映画:バタフライルーム

「バタフライルーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

サスペンス映画

バタフライ ルームの紹介:2012年製作。美しい蝶の標本部屋を持つなど、可憐な一人暮らしをする老女が、感情を抑えられなくなる様を描いている。「ピラニア」のバーバラ・スティールや、「エルム街の悪夢」のヘザー・ランゲンカンプなど歴代の恐怖映画クイーンが共演をした作品。

あらすじ動画

バタフライルームの主な出演者

アン(バーバラ・スティール)、ドロシー(ヘザー・ランゲンカンプ)、ニック(レイ・ワイズ)、クローディア(エリカ・リーセン)、オルガ(カミール・キートン)、レイチェル(エイドリアン・キング)、ローレン(P・J・ソールズ)

バタフライルームのネタバレあらすじ

【起】– バタフライルームのあらすじ1

アンは家に帰る途中、木の伐採をしていたクリスの梯子を蹴ります。上司のニックはアンに怪我がないか心配してきます。そして落っこちそうなクリスに、伐採機の修理代を給料から天引きしておくと言います。

家に帰ってくると、廊下で母を待っていた隣の家のジュリーがいました。アンはクロロホルムを使って、蝶を死なせる方法を教えてあげます。娘を心配して、ジュリーの母・クローディアが訪ねてきます。

お礼もかねて、クローディアはアンを招待します。また、度々大きな音がすることを話してきます。

防虫剤の大袋や防腐剤などをアンは買いに行きます。帰ってくると、管理組合に無断で改装してはならないと、一枚の用紙が入っていました。

クリスが先日のお詫びにと、窓の修理にやってきます。クリスはアンが膝をついて、すごい剣幕でアリスに話しているのを見て心配していました。

アンに通された部屋は、バタフライ・ルームと呼ばれています。そこでクリスは顔面にアンから液をかけられてしまいます。

1ヶ月前、アンは少女・アリスとショッピングモールで出会います。彼女は人形を買うためのお金をとられて泣いていました。アンが代わりに買ってあげます。

アリスはお金を返すからと連絡先を聞いていきます。帰り際、アリスは人形をゴミ箱に捨てていきます。

ある日、アンの家にアリスがやってきます。アリスは似顔絵を描いた紙を渡し、バタフライルームに入れてもらいます。バタフライルームには、蝶がたくさん額に収められていました。

その後、アンの亡くなった娘のドロシーの話しを聞きます。人形のお金を返そうとすると、アリスはもらっていい?と聞きます。アンはお小遣いにすると良いと承諾します。

アンはアリスに娘の服を着させてあげます。アリスはアンが母親だと言います。アンはアリスにフランス語を教えてあげることにします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バタフライルーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×