映画:バタフライエフェクト2

「バタフライエフェクト2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

バタフライ・エフェクト2の紹介:2006年公開のアメリカ映画。シリーズ第2弾。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が翻弄される様を描く。

あらすじ動画

バタフライエフェクト2の主な出演者

ニック・ラーソン(エリック・ライヴリー)、ジュリー・ミラー(エリカ・デュランス)、トレバー・イーストマン(ダスティン・ミリガン)、アマンダ(ジーナ・ホールデン)、デイヴ・ブリストル(デヴィッド・ルイス)、ロン・キャラハン(アンドリュー・エアリー)、テッド(クリス・ゴーチェ)、キャサリン・ラーソン(スーザン・ホーガン)

バタフライエフェクト2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ニックは恋人・ジュリーと、親友・トレバーとその恋人・アマンダの4人でジュリーの誕生会を開く。直後、交通事故で他の3人を失ってしまった。1年後、楽しかった頃の写真を見たニックは過去にワープし、皆のピンチを救う。現在に戻ると3人は生きていた。 ②過去を改変できると知ったニックは、自分にとってよい未来を選ぼうと過去の改変を行なう。しかし悪い方へ転がるばかりで、他の3人を救ったニックは交通事故で死んだ。

【起】– バタフライエフェクト2のあらすじ1

バタフライエフェクト2のシーン1

画像引用元:YouTube / バタフライエフェクト2トレーラー映像

アメリカ(バーモント州リッチモンドあたりか、不明)。

ニック・ラーソンは仕事も順調な26歳の男性です。恋人ジュリー・ミラーとの仲も順調でした。

ジュリーはプロの写真家を目指す女性でしたが、大学院に進学するとニューヨーク行きになるため、500キロの遠距離恋愛になります。そのことだけがニックとジュリーの間での、唯一のもめごとでした。

ある日、ニックは恋人ジュリーと、同僚の親友男性トレバー・イーストマンとその恋人・アマンダの4人でダブルデートします。

その日はジュリーの24歳の誕生日で、4人は湖のほとりで祝いました。

気の置けない仲間と楽しく過ごし、ニックはジュリーにネックレスをプレゼントします。

思い出の場所でジュリーと2人きりになると、会社での嫌な上司デイヴ・ブリストルから電話がかかってきました。急な会議が開かれることになり、ニックは帰らねばならなくなります。

来年はここのホテルに泊まりに来ようとジュリーを説得し、ニックは帰りを早めました。

ニックがハンドルを握り、4人で車に乗り込みます。

おしゃべりに夢中だったニックは、車線数減少の標識を見落としました。

その直後、車のタイヤがパンクします。

崖への衝突を避けると大型トレーラーがニックたちの乗る車に接触しました。

病院で目覚めたニックは、自分以外の3人が全員亡くなったことを知らされ、ショックを受けます。ニックもケガでしばらく入院します。

退院後もしばらくは、3人がいないことがニックには信じられませんでした。

ニックは恋人・ジュリーと同棲していました。ジュリーの荷物を片づけながら、少しずつ実感がわいてきて、ニックは泣きます。

…1年後。

同僚の太め男性・テッドに「ブリストルが探している」と言われたニックは、仕事のミスを注意されました。

会議でプレゼンをしている最中に、ニックは写真を見るとめまいに似た症状を起こすことに気づきます。ふと気づくと鼻血が出ていました。

ロン社長に注意力が散漫だと注意され、帰宅したニックは、1年前の楽しかった頃の写真をパソコンで閲覧していると、突然頭痛に襲われます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バタフライエフェクト2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ