映画:バタフライエフェクト3最後の選択

「バタフライエフェクト3最後の選択」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

バタフライ・エフェクト3/最後の選択の紹介:2009年公開のアメリカ映画。過去にタイムスリップする能力を持つ青年を描いた、シリーズ第3弾。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。

あらすじ動画

バタフライエフェクト3最後の選択の主な出演者

サム・リード(クリス・カーマック)、ジェナ・リード(レイチェル・マイナー)、レベッカ・ブラウン(ミア・セラフィノ)、リズ〔エリザベス・ブラウン〕(サラ・ハーベル)、ハリー・ゴールドバーグ教授(ケヴィン・ヨン)、ダン・グレン(リンチ・R・トラヴィス)、アニータ・バーンズ(シャンテル・ジャカローン)、ビッキー(メリッサ・ジョーンズ)、ロニー・フレノンズ(リチャード・ウィルキンソン)、家主(リンダ・ボストン)、パコ(ユリシーズ・ヘルナンデス)、看守(ダニエル・スピンク)

バタフライエフェクト3最後の選択のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①過去にタイムスリップして犯行現場を見て事件を解決する、若い男性の私立探偵・サム。サムの能力を知る協力者は妹・ジェナとゴールドバーグ教授。火事で死ぬ筈だったジェナを救いに行ったことで両親を殺した過去から、教授に「過去の改変は駄目」とサムは言われ厳守する。 ②ある日元カノの姉・リザから妹・レベッカの事件の再捜査を依頼されたサムは、過去に戻った時に暴漢者に徹しなかったことから、未来が激変したと知る。事態を納めようと過去に飛ぶたびにサムの立場は不利に。 ③サムの妹・ジェナも同じ能力を持っており、兄を愛するジェナは兄と恋愛関係になりそうな女性を片端から殺していた。火事の現場に飛んだサムはジェナを助けず軌道修正をはかった。

【起】– バタフライエフェクト3最後の選択のあらすじ1

バタフライエフェクト3最後の選択のシーン1

画像引用元:YouTube / バタフライエフェクト3最後の選択トレーラー映像

アメリカ・ミシガン州デトロイト。

ブランコをこぐ少年・ジョシュと、ベンチに座って編み物をする母が公園にいます。

しばらくして母はジョシュを連れて車に入れると、帰ろうとしました。そこへ男が近づきます。

男は母に近づくと、迷うことなくレンチで頭を殴りつけました。その一部始終を若い青年サム・リードは見ていました…。

…次にサムが目覚めた時には、氷水の入ったバスタブにトランクス一枚でつかっています。頭には脳波計をつけ、妹・ジェナが付き添っていました。すぐに氷水から出ると身体を温めます。

サム・リードは、過去にタイムスリップ(別名・ジャンプ)して依頼された殺人の犯行現場を観察して、今までに22もの事件を解決してきた私立探偵です。

今回も見て来た犯行現場を参考にして、馴染みの黒人中年男性・グレン刑事に犯人を示すと「殺害目的は車と財布目当てではなく、母親の命」「犯人は立ち去りながら午後7:12に電話をしていた男」と言います。

殺害されたジョシュ少年の母と元夫は、親権で揉めていました。後日、元夫が殺し屋を雇って妻を殺害したと判明します。

サムは自分のことを『霊能者』と誤魔化していますが、あまりにも細かなことを知りえるサムを、グレン刑事は怪しいと思っていました。そこでその日、別れ際に「じゃ、俺と女房のなれそめを透視してみろよ」とサムに声をかけます。

サムの能力を知っている人物は2人だけで、サムはこの2人に全幅の信頼を寄せていました。

1人は過去にジャンプする時に付き添う相手、妹・ジェナ、もう1人は自分の能力に詳しいハリー・ゴールドバーグ教授です。

サムは私立探偵の仕事をして、一定の成功を得ています。

妹・ジェナはうつ病で、現在ひきこもりに近い生活を送っていました。ジェナを訪ねてきたサムに「隣が夫婦喧嘩してたから、もし離婚して引っ越して去ったら、隣に住みなよ」と言います。

ジェナがひきこもりをしているのは、自分が幼い頃に遭遇した火事が原因でした。火事で両親は死にましたが、その詳細を知らないことを気にしています。

また、幼いジェナを救出してくれた時、兄・サムの手際がよすぎたのも、ジェナの気にかかることでした。もしかしたら自分は過去に一度死んでいて、兄がジャンプして救ったから現在の自分があるのではないか…そうジェナは疑っていました。

実はジェナの思う通りでした。本当は両親とサムが生き残り、ジェナは死にました。サムが15歳の時です。

後日、サムはジャンプして妹・ジェナを助けたのですが、その結果今度は両親が死んでしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バタフライエフェクト3最後の選択」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ