「バトル・ロワイアル(特別編)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– バトル・ロワイアル(特別編)のあらすじ3

バトル・ロワイアル(特別編)のシーン3

画像引用元:YouTube / バトル・ロワイアル(特別編)トレーラー映像

三村、瀬戸、飯島の3人は廃墟に陣取ると、そこでパソコンを開いて解決策を練ろうとしていました。そこへ杉村がやってきて、千草貴子と琴弾加代子を探していると言います。ここにいろと誘われますが、杉村は去りました。

首輪を触っていた三村がマイクの存在に気づきました。瀬戸と飯島に「盗聴されている」とパソコンに文字を打ち込むことで知らせ、集めてほしいものをリストアップしました。瀬戸と飯島は三村が欲しい爆弾の材料を調達しに走り、三村はパソコンに齧りついて、ハッキングのプログラムを作成し始めます。

千草貴子は陸上部の選手でした。島でもまだ走る練習をしています。新井田に迫られて顔に傷をつけられた貴子は怒りました。ナイフで逆襲します。

〔新井田和志(残り22名)〕

直後、光子に撃たれた貴子は走って逃げ、好きな男子生徒・杉村と会いました。杉村が自分を好きではないと確認しながらも、その横で亡くなります。

〔千草貴子(残り21名)〕

日没が近づきます。キタノの放送が流れています。

診療所内では、典子が川田に礼を言いました。川田は七原と典子に作った料理を出しました。

事情を聞かれた川田は、3年前のBR法の生き残りであることを話しました。最後まで生き残ったときに好きだった女性・慶子を救えなかったと言い、慶子が死ぬ直前に「ありがとう」と笑顔で言ったことの意味を知りたいと思っていました。その後、留年して拉致されて今回のゲームに連れてこられたと話します。

七原と典子と打ち解けた川田は、この島の脱出方法を知っていると言いながら七原に銃と銃弾を渡します。有事の際には高野神社へ集合することを取り決めます。

そこへ銃声が聞こえました。七原たちは警戒します。

織田が桐原に狙われつつ逃げてきます。織田は防弾チョッキを着ていましたが、それに気づいた桐原に日本刀で殺害されました。桐原は、診療所内に人がいると気づくと、織田の頭部に手榴弾を咥えさせて投げ込みます。診療所は爆破され、七原は桐原をひきつけて典子と川田を逃がしました。七原が桐原を連れて海へ逃げると、杉村が助太刀しました。七原は海に飛び込みます。

廃墟組の瀬戸と飯島は、三村に目的を聞きます。マイクを塞いで聞こえないようにした三村は、外国にいる叔父に教わったことを記したノートを見せると、爆弾を作る方法を示しました。

【第二日 0:30PM】

七原はベッドで目覚めます。見ると、身体のケガは手当てされており、そばに内海幸枝がいました。そこは灯台で、立てこもっている女子生徒たちがいました。杉村が七原を連れてきたあと、「三村が七原を探していた」という伝言を残して去っていました。

七原は、自分が寝ているあいだに4人の生徒が亡くなったと知ります。

〔稲田瑞穂 南佳織 滝口優一郎 旗上忠勝(残り16名)〕

別室では女子たちが食事の準備をしていました。大木が七原との揉み合いで死んだ現場を見た榊祐子が、思い詰めていました。祐子は青酸カリを持っており、七原の食事に毒を盛ろうと考えていました。しかし部屋に戻ってきた有香が奪って食べてしまい、血を吐いて亡くなります。

誰が毒を盛ったのか疑心暗鬼に陥った女子たちは、互いに殺し合いをしました。机の下に隠れた祐子だけが生き残ります。しかし祐子は自分のせいで女子たちが死んだことを気に病み、灯台から下の岩に飛び降り自殺しました。

〔内海幸枝 榊祐子 谷沢はるか 中川有香 野田聡美 松井知里(残り10名)〕

川田と典子は落ち合う場所として指定した神社で、七原を待っていました。うたたねした典子は、キタノと川辺でアイスを食べる夢を見ていました。

本部にいるキタノに、娘・栞が電話をかけてきます。出張だと答えたキタノは、栞に「嫌い。顔も見たくない」と言われます。

七原は同じ頃、自殺直前の父親が追い詰められていたときのことを思い出しました。国信が七原に手を振りながら、典子を守ってくれと頼む声も聞こえます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バトル・ロワイアル(特別編)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×