「パイロマニアック炎の中の獣」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

パイロマニアック~炎の中の獣~の紹介:2016年製作のノルウェー映画。北欧の鬼才、エーリク・ショルビャルグ監督が衝撃の実話を映画化したサスペンス。1978年、ノルウェーの小さな村。兵役を終え帰郷したダグは、消防団長の父・アルフレッドの手伝いで消防団に入る。そんな中、平和な村を次々と火災が襲い…。

予告動画

パイロマニアック炎の中の獣の主な出演者

ダグ(トロン・ニルセン)、アルマ(リヴ・ベルンホフト・オーサ)、インゲマン(ペル・フリッシュ)、レンズマネン(ヘンリク・ラファエルソン)、エルサ(アグネス・キッテルセン)、アルフレッド(オドゲイル・トゥーン)、ヨハンナ(ゲルディ・シュヘデルプ)、オラフ(ペル・トフテ)、アグネス(カリ・オンスタッド・インゲ)

パイロマニアック炎の中の獣のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①青年・ダグは父・インゲマンが地元の消防団の隊長であることが誇りだった。ダグも消火活動に積極的に参加し、褒められることが嬉しい。火事を望むようになったダグは、自分で火をつけて回るように。 ②連続放火が続いたことで、土地カンのある人物が犯人だと絞り込まれる。火をつける現場を見られたダグは逮捕された。

【起】- パイロマニアック炎の中の獣のあらすじ1

1978年、ノルウェーの小さな村。
オラフとヨハンナの老夫婦の家が燃えました。
気付いたのは妻のヨハンナです。寝室から出て台所への扉を開けると、すでに火が燃え盛っていました。ヨハンナは「あいつよ」と言います。
通報しようとしても電話線はすでに通じず、夫婦で逃げます。
一旦家に戻ったヨハンナは貴重品だけ持ってまた家の外へ出ました(この火災については後にまた出てくる)

…さかのぼること、3週間前。

ダグは19歳の青年です。徴兵を終えて戻ってきたばかりで、まだ就職先は決まっていませんでした。
ダグは母・アルマと父・インゲマンと3人で暮らしています。
父・インゲマンは地域の村の消防隊長でした。地元の消防団に所属しています。
大規模な火災が起きると本部から応援がやってきますが、小さな火事だと消防団が消火活動を行ないます。
ダグが10歳の頃から、父・インゲマンは消防隊長をしていました。
ダグは幼い頃から父の活躍を見ており、父親に憧れています。
幼い頃から父の手伝いをしていたダグは、青年になって体力がついてからは、父・インゲマンの助けになろうと、より努力しています。

いつも火事が起こるわけではありません。
ある時、ダグは山奥でこっそりマッチに火をつけて、木切れを燃やしました。そのまま車で立ち去ります。
ダグが家に帰りついた頃、山火事の知らせが入りました。ダグは父・インゲマンと一緒に出動します。
インゲマンが消防隊長なので、家の横のガレージに消防車を置いていました。父と一緒にダグも乗り込み、現場に着いてからは消火活動を熱心におこないます。
鎮火の後、現場検証が行なわれますが、出火原因は分からないとされました。
戻って消防用ホースを手入れし、片付けたダグは、父・インゲマンに褒められて嬉しくなります。

仕事ぶりが評価されればされるほど、ダグは嬉しく思いました。
そして…いつも火事が起こるわけではないと気付いたダグは、積極的に放火を始めます。

【承】- パイロマニアック炎の中の獣のあらすじ2

こうして、ダグが自分でつけた火を、自分たちが消して回る事態が続きました。
ダグは内気な青年でもありました。同じ年頃の男女が集まるパーティーに参加しても、ろくに会話に加われません。
その孤独もあり、ダグはよけいに放火と消火活動にのめりこみました。
警察は次第に、この放火犯が「土地カンのある、地元民の誰か」ではないかと考えます。
しかし小さな村なので、村民はみんな「通りすがりの旅行者が、火の始末を忘れて起こしたもの」と思う風潮が広まっていました。

徴兵から戻っても就職していないことを案じ、母・アルマはダグに仕事を勧めます。
ダグは言われるまま、郵便局員の仕事を始めました。仕事ぶりは真面目です。
郵便局員の仕事を始めたことで、郵便配達もすることになります。つまり、空き家がどこか、ダグは分かるのです。
ごく初期の頃は、ダグは森や雑木林に火をつけていました。

その頃、父・インゲマンが身体を壊し、消防隊長を引退すると言い出しました。
ダグは活躍できなくなったインゲマンの代わりに、余計頑張ろうと思います。
ある時、郵便配達に行ったダグは、空き家に火をつけて立ち去りました。その後、火災出場がないことがなぜなのだろうと考えたダグは、見に行くと火が消えているのに気づきます。
中途半端な火の付け方だと消えてしまうと考えたダグは、ガソリンを購入して、それを撒いて火をつけることにしました。
それでもまだこの段階では、無人の家ばかりです。

連続放火が相次ぎ、地元の消防士たちが取材に取り上げられました。ダグも写真にうつります。
本部の応援が必要なほどの、大規模な火災でないことが問題でした。新聞記事にはなりますが、本腰を入れて捜査されるほどではありません。
ダグは周囲の大人たちに「若いのによく活躍している」と言われ、褒められました。これはダグの虚栄心を満たします。
同じ年頃の男女に相手にされないダグは、消火活動に励むことで、自分の地位を確固たるものにしようとしました。

【転】- パイロマニアック炎の中の獣のあらすじ3

父・インゲマンは息子・ダグの働きぶりを喜びます。
しかし、たびたび家をあけるようになったダグの変化に、母・アルマは不安を抱いていました。アルマだけは、自分の息子が火をつけているのではないかと、疑うようになっています。
しかし母・アルマも疑いだけで、本人に聞いて確かめる勇気を持ち合わせていませんでした。

空き家だと思ってガソリンを撒くと、奥から老女・ヨハンナの悲鳴が聞こえて、ダグが慌てて退散した家がありました。これが冒頭の、オラフとヨハンナの家です。
ヨハンナは警察から事情聴取を受け、「背が高くてハンサムだった」と言いますが、その近所の山小屋の火事を消火するダグが犯人とは、思いもしません。
ダグを見てもヨハンナは無反応でした。

その頃、放火魔が捕まったという知らせが入ります。掃除の仕事をする母・アルマは、犯人が「よそもの」と聞いて、息子のダグではないと知り、ほっとしました。
ところがその「よそもの」は後に、飲酒運転をやましく思って逃げただけだと分かり、釈放されました。

地元の若者が集まるパーティーに参加したダグは、若い女性2人に話しかけられて、どぎまぎします。
パーティーのあと、3人で湖に泳ぎに行きました。
ダグは学生時代、成績優秀でした。それを覚えていた女性に「その気になれば何でもできた」と言われたダグは、有頂天になります。
しかし女性2人は別の男たちに呼ばれ、ダグを置いて去っていきました。ひとり残されたダグは屈辱的な気持ちになります。
「その気になれば何でもできた」…そう考えたダグは、憂さを晴らすために、とうとう人がいる家に放火をしました。それまでは無人で被害も軽微な火災でしたが、初めて人が住んでいる家に火をつけたのです。
それが、オラフとヨハンナの夫妻の家でした。(ここがオープニング)

車で帰る途中に消防車とすれ違ったダグは、帰宅した折に父・インゲマンに帰りが遅いと叱られます。
ダグも火災現場に取って返しました。

【結】- パイロマニアック炎の中の獣のあらすじ4

住人のオラフとヨハンナは家の裏手に避難していると聞いたダグは、ねまきで避難した2人に上着をかけにいきます。
その後、濡れるのもかまわず熱心に消火活動をしたダグは、洋服が濡れているのを地元消防団に言われ、着替えのために家に帰りました。
帰宅したダグは、「この前の言葉を思い出せないんだ」と近所の女性に質問し(この女性に褒められていた)、「もしここで火事が起きると、消防隊は遠いところにいるから何もできない」と意味深長な言葉を吐きます。

そのままダグは家の裏手にまわり、納屋に火をつけました。その瞬間を見た母・アルマは黙って立ちつくします。ダグも、母・アルマに火をつけた現場を見られたと気付き、黙って立っていました。
父・インゲマンも察して「理解してやりたいが無理だ。警察へ行って何もかも話せ」と声をかけました。

ダグのところに警察がやってきますが、ダグはホースを干す手を止めません。
整備をすべてし終えてから、ダグはパトカーに乗って警察署へ行きます。
「ありえない。僕は火を消す仕事なんだ」と言うダグですが、地元の警察官が「犯人は頭のいい奴だ」と言うと、素直に犯行を認めます(それほどまでに、他者に認められたい)。
ダグは「あんたが解決したんだ。本部の奴に手柄を譲るなよ」と念押ししました。
母・アルマはわが子が放火魔になってしまったことを嘆きますが、どうしようもありません。車から出ると、その場から立ち去りました。
(タイトル『パイロマニアック』の「パイロマニア」とは、放火犯・放火魔のこと。但し「パイロマニア」とは精神病の一種でもあり、「火を見て興奮する」という習性を持つ人物が該当する。
今作品でのダグは火を見て興奮する人物ではなく、むしろ「つけた火を消火することにより、自分を認めてもらいたい」という意欲のほうが強い。
だから、厳密な意味でいうと、パイロマニアックという言葉の意味からは外れることになる。
消火活動での働きぶりで、他者から認められたいという歪んだ思いを切に抱く青年の孤独を描いた作品)

みんなの感想

ライターの感想

悲しい&哀しい映画。タイトルでネタバレするな~と言いたい。
そもそも、こんな安っぽいタイトルにしてほしくなかった…。
あらすじの最後で触れたが、この映画で描きたかったのは「自分で火をつけて自分で消火活動をする」「そのことで他者から認められたい」若者の話。
裏を返せば、そうまでしないと自尊心を保つことができないダグの孤独、淋しさが描かれている。
何が悪いわけではない。ダグが内気すぎただけ。誰かひとりでもいいから、同じ年頃の女性がダグを認めてくれさえすれば、こうならなかったのではないかと思わせる作品。
派手さはないが、主人公の孤独が寒帯の景色とうまい具合にマッチしていて、芸術性は高いと思う。

映画の感想を投稿する

映画「パイロマニアック炎の中の獣」の商品はこちら