映画:パッセンジャーズ

「パッセンジャーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

パッセンジャーズの紹介:2008年制作のアメリカ映画。ある飛行機事故の生存者たちをめぐる謎を追う、若い女性セラピストの奮闘と不安を描いたサスペンス・スリラー映画。サスペンスタッチだが、意外なラストはファンタジー仕立てである。

パッセンジャーズの主な出演者

クレア・サマーズ(アン・ハサウェイ)、エリック・クラーク(パトリック・ウィルソン)、アーキン(デヴィッド・モース)、ペリー(アンドレ・ブラウアー)、シャノン(クレア・デュヴァル)、トニ(ダイアン・ウィースト)

パッセンジャーズのネタバレあらすじ

【起】– パッセンジャーズのあらすじ1

クレアは博士号を2つ持つ優秀なセラピストですが、それを実践に生かせずにいます。

ある夜、恩師・ペリーから電話を受けたクレアは、飛行機墜落事故で奇跡的に生き残った生存者5名の、トラウマ治療を依頼されました。その時ペリーは「生存者の1人、エリックには気をつけろ」と言います。

クレアは生き残った乗客たち(パッセンジャーズ)とグループカウンセリングをすることにしました。しかし病院で面会したエリックだけはグループカウンセリングを拒否し、自宅での個別カウンセリングを希望します。

航空会社の代表・アーキンに訊くと、公式発表では、事故の原因はパイロットの操縦ミス、いわば人的ミスだということでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パッセンジャーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ