映画:パニックルーム

「パニックルーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

パニック・ルームの紹介:2002年公開のアメリカ映画。デビッド・フィンチャー監督&主演ジョディ・フォスターで贈る密室サスペンス。侵入不可能な避難用小部屋を舞台に、凶悪な強盗団に挑む母と娘の奮闘がスリリングに展開される。

あらすじ動画

パニックルームの主な出演者

メグ・アルトマン(ジョディ・フォスター)、サラ・アルトマン(クリステン・スチュワート)、バーナム(フォレスト・ウィテカー)、ラウール(ドワイト・ヨアカム)、ジュニア(ジャレッド・レト)、スティーブン・アルトマン(パトリック・ボーショー)

パニックルームのネタバレあらすじ

【起】– パニックルームのあらすじ1

メグ・アルトマンは製薬会社勤務の夫・スティーブンが若い三流モデルの女性と浮気したため離婚し、10代前半の娘・サラと家を出ました。夫・スティーブンは現在、その愛人のモデルと暮らしています。

離婚のあてつけのために、メグはアメリカ・NYにある、4階建て(1階は半地下っぽい)の390㎡もある豪邸を夫・スティーブンに慰謝料として買わせました。娘・サラとの2人暮らしには広すぎる家です。

家は南向きの表庭だけでなく裏庭もあり、マンハッタンの中央にあるエレベータつきの家でした。前の住人が老人の資産家・パールスティンだったので、とにかく豪華な家です。

寝室は4階で、3階にはゲストルームの他にメインルームもあり、そこには隠し部屋がありました。パニック・ルームと呼ばれる緊急避難部屋です。災害や強盗対策に一時的に避難できる場所で、壁はコンクリート製、電話は別配線で換気ダクトもあり、開閉扉は電池で動くので停電時にも作動します。

パニック・ルームの中には監視カメラのモニターがありました。外の音声は聞こえませんが、ルームから外にはマイクでメッセージを伝えることができます。

豪邸を購入した日、メグとサラは早速引っ越しをしました。メグは娘・サラに、新生活を2人で始めようと言います。メグはコロンビア大の仕事に戻るつもりでした。

夕食を宅配ピザで済ませ、パニック・ルームの設定を途中まではしたものの、設定が面倒なので監視カメラがついたところでメグは切り上げ、電話配線などは後日おこなうことにします。

メグはお酒を軽く飲み、ベッドで寝ます。外は雨が降っていました。

深夜、男たちがメグとサラの引っ越した家を覗き込み、鍵穴に鍵を差し込みます。鍵が合わないので裏口に回りますが、そちらも鍵が合わず、外の非常階段とはしごで天井までのぼり、天窓から通風口をこじ開けて侵入しました。

男たちは3人の侵入者です。ジュニアと呼ばれる男を中心に、元警備会社勤務でこの家の警備も担当していた黒人男・バーナムと、マスクをつけたバス運転手のラウールの3人でした。

ジュニアはこの家に住んでいた富豪・パールスティン氏の甥です。パールスティンの財産の一部がパニック・ルームの金庫の中に隠されていると知り、盗みに入ったのです。

法律で売買してはならない「第三者保管期間」の14日以内だとジュニアは言いますが、ジュニアは土日をカウントしていませんでした(計算ミス)。第三者保管期間は過ぎて、メグたちに家が売られていたのです。

ジュニアたちは空き巣に入るつもりだったので、武器はラウールが拳銃を1丁持っているだけでした。ジュニアとバーナムは親しい間柄ですが、ラウールは今回の強盗のために初めて組む間柄です。

空き巣のつもりが住人がいたことで、計画を中止しようというバーナムと続行したいジュニアの間で、揉めます。

メグはベッドに入ったものの寝つけず、小用を足した後にパニック・ルームの電気を消しに行って、階段にいる侵入者を監視カメラで気付きました。

さらにそのタイミングでジュニアがうっかり床のボールを蹴ってしまい、ボールが1階まで転げ落ちる音がします。強盗の3人組も気づかれたかと、階上を気にしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(4件)

ライターの感想

突き詰めると割に謎の多い作品。
パニック・ルーム…こんなに広い家だったらば、各階に設置しておいたらいいのに…と思う。
主人公・メグの目線で話が進んでいくわけですが、黒人男性・バーナムは強盗犯でありながら、本当に紳士的です。そもそも「空き巣じゃない」と判明した瞬間から、もうやめようと最初に言い出してますし。
仕方なく始まってしまった犯罪、メグとサラの安否をひたすら願いながら観客は見るわけですが、一方でこの黒人男性・バーナムのことも「いい奴だなあ」と思ってしまいます。少なくとも私はそう思った。
メグがルームから追い出され、強盗犯2人がルームに入り、立場が逆転してからの行動。メグが監視カメラを壊しまくった行動を見て「なるほど!」な犯人2人の顔は、サスペンスなんだけど、ここだけ笑ってしまった。
迂闊にも「監視カメラ壊して回る」って発想、私もこの段階まで思いつかなかったもんな。
ラスト、包囲されたバーナムは、最初は銀行債が飛ばないように胸に手を当てていましたが、両手をあげろと言われて素直に指示に従います。
当然、銀行債は風に吹かれて空に舞う…空に舞う銀行債を映したあと、必要以上にメグの「あっ!」という驚愕の表情を長回ししているシーンがあります。非常に判断が難しい。
デビット・フィンチャー監督なので、「バーナムは降伏したが、警官隊により射殺されてしまった。強盗犯ながら自分たちを救ってくれたり、娘・サラに最後まで紳士的だったバーナムが射殺されるのを見て、メグは胸中複雑な心境であった」ということを表現しているのかな。そう思いました。
但しこれはあくまで私見なので、本編には書かずにおきます。
  • jo6421さんの感想

    ジョディフォスター演じるメグと強盗たちの息詰まる攻防戦に、見ているこちらもハラハラドキドキしっぱなしでした。正義と悪との攻防戦というのは正義側に都合の良い状況が用意されているのが定番ですが、この作品はそこも気にならず、最後まで楽しめました。
    娘のサラに持病があるがゆえに時間や行動が制限されるという設定も、緊迫感を高めてくれました。

  • 通りすがりさんの感想

    バーナムは死んでないような

  • ゆうみさんの感想

    ほとんどが家の中のシーンだけど、糖尿病、元夫、警官、あの手この手で飽きさせず、よく練られたストーリーだと思う。家族のドラマとかは入れずに、一貫して強盗との心理戦に徹して、終始緊張感を保っている。カメラワークが印象的。
    強盗3人組がネタのようなキャラ設定でちょっと笑えた。
    ジョディ・フォスターが強い。彼女がママなら負ける気がしない。

映画の感想を投稿する

映画「パニックルーム」の商品はこちら

IMAGE

パニック・ルーム [DVD]

DVD > 外国のミステリー・サスペンス映画
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ジョディ・フォスター(出演),フォレスト・ウィテカー(出演),ドワイト・ヨーカム(出演),ジャ…

Amazonで見る