映画:パニックルーム

「パニックルーム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

パニック・ルームの紹介:2002年公開のアメリカ映画。デビッド・フィンチャー監督&主演ジョディ・フォスターで贈る密室サスペンス。侵入不可能な避難用小部屋を舞台に、凶悪な強盗団に挑む母と娘の奮闘がスリリングに展開される。

あらすじ動画

パニックルームの主な出演者

メグ・アルトマン(ジョディ・フォスター)、サラ・アルトマン(クリステン・スチュワート)、バーナム(フォレスト・ウィテカー)、ラウール(ドワイト・ヨアカム)、ジュニア(ジャレッド・レト)、スティーブン・アルトマン(パトリック・ボーショー)

パニックルームのネタバレあらすじ

【起】– パニックルームのあらすじ1

メグ・アルトマンは製薬会社勤務の夫・スティーブンが若い三流モデルの女性と浮気したため離婚し、10代前半の娘・サラと家を出ました。夫・スティーブンは現在、その愛人のモデルと暮らしています。

離婚のあてつけのために、メグはアメリカ・NYにある、4階建て(1階は半地下っぽい)の390㎡もある豪邸を夫・スティーブンに慰謝料として買わせました。娘・サラとの2人暮らしには広すぎる家です。

家は南向きの表庭だけでなく裏庭もあり、マンハッタンの中央にあるエレベータつきの家でした。前の住人が老人の資産家・パールスティンだったので、とにかく豪華な家です。

寝室は4階で、3階にはゲストルームの他にメインルームもあり、そこには隠し部屋がありました。パニック・ルームと呼ばれる緊急避難部屋です。災害や強盗対策に一時的に避難できる場所で、壁はコンクリート製、電話は別配線で換気ダクトもあり、開閉扉は電池で動くので停電時にも作動します。

パニック・ルームの中には監視カメラのモニターがありました。外の音声は聞こえませんが、ルームから外にはマイクでメッセージを伝えることができます。

豪邸を購入した日、メグとサラは早速引っ越しをしました。メグは娘・サラに、新生活を2人で始めようと言います。メグはコロンビア大の仕事に戻るつもりでした。

夕食を宅配ピザで済ませ、パニック・ルームの設定を途中まではしたものの、設定が面倒なので監視カメラがついたところでメグは切り上げ、電話配線などは後日おこなうことにします。

メグはお酒を軽く飲み、ベッドで寝ます。外は雨が降っていました。

深夜、男たちがメグとサラの引っ越した家を覗き込み、鍵穴に鍵を差し込みます。鍵が合わないので裏口に回りますが、そちらも鍵が合わず、外の非常階段とはしごで天井までのぼり、天窓から通風口をこじ開けて侵入しました。

男たちは3人の侵入者です。ジュニアと呼ばれる男を中心に、元警備会社勤務でこの家の警備も担当していた黒人男・バーナムと、マスクをつけたバス運転手のラウールの3人でした。

ジュニアはこの家に住んでいた富豪・パールスティン氏の甥です。パールスティンの財産の一部がパニック・ルームの金庫の中に隠されていると知り、盗みに入ったのです。

法律で売買してはならない「第三者保管期間」の14日以内だとジュニアは言いますが、ジュニアは土日をカウントしていませんでした(計算ミス)。第三者保管期間は過ぎて、メグたちに家が売られていたのです。

ジュニアたちは空き巣に入るつもりだったので、武器はラウールが拳銃を1丁持っているだけでした。ジュニアとバーナムは親しい間柄ですが、ラウールは今回の強盗のために初めて組む間柄です。

空き巣のつもりが住人がいたことで、計画を中止しようというバーナムと続行したいジュニアの間で、揉めます。

メグはベッドに入ったものの寝つけず、小用を足した後にパニック・ルームの電気を消しに行って、階段にいる侵入者を監視カメラで気付きました。

さらにそのタイミングでジュニアがうっかり床のボールを蹴ってしまい、ボールが1階まで転げ落ちる音がします。強盗の3人組も気づかれたかと、階上を気にしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パニックルーム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×