映画:パレード

「パレード」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

直木周五郎賞を受賞した吉田修原作を行定勲監督が映画化。都会でルームシェアをして過ごす若者たち。近所で起こる婦女連続暴行事件。社会の中で埋もれてしまいそうな若者の心の中が今明らかになる。

パレードの主な出演者

伊原直輝(藤原竜也)、相馬未来(香里奈)、大河内琴美(貫地谷しほり)、小窪サトル(林遣都)、杉本良介(小出恵介)

パレードのネタバレあらすじ

【起】– パレードのあらすじ1

5人の男女が恋愛関係もなくルームシェアしている。

一人は会社員の直輝。

自称イラストレーターの未来未来は酒癖が悪く、ある日サトルをこの家に連れ込んでしまう。

フリーターの琴美、大学生の良介。

4人のルームシェア生活にサトルが加わり、今までの気楽な雰囲気が少しずつ変化していく そんな中、近所で連続婦女暴行事件が発生する。

犯人はなかなか見つからず、不穏な空気は5人の中にも徐々に入り込んでくる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「パレード」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×