「パーフェクト・センス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– パーフェクト・センスのあらすじ4

パーフェクト・センスのシーン4

画像引用元:YouTube / パーフェクト・センストレーラー映像

マイケルが務めるレストランの上の階で感染者が出て、ビルが封鎖されレストレランも当局から閉鎖されてしまう。

その代わり何千といる隔離者のために3度の食事を作ることになった。

封鎖のため自宅へ帰れなくなったスーザンは、マイケルの家に身を寄せることになった。

マイケルの家へ向かう途中、二人は街中から聞こえてくる鐘の音や風の音、人々の叫び声を味わって聞いた。

思いがけず同棲することになった二人は、部屋に入るなりマスクを着けたままキスをした。

だがそれはつかの間の甘い時間だった。兆候が表れ始めたのはマイケルからだった。

マイケルの顔つきが変わって行き、スーザンを罵り始めた。

「特別だと思うな、君には価値はない。君とはセックスして食事しただけ」とスーザンに言い放ち、それは次第にエスカレートし、手あたり次第物を壊し始めるとスーザンはマイケルの部屋から逃げ出し車に乗り込んだ。

我に返り、聴覚が失われたマイケルはスーザンに電話し、「あれは本心じゃない。病気のせいで正気を失っていた」と語り掛けるが、スーザンは携帯を投げ捨て一人泣わめき、ものを壊し始めた。

耳が聞こえなくなったスーザンは姉のもとに身を寄せた。

マイケルはオーナーと店を再開させ、隔離感染者たちに弁当を作った。

次第に人々は耳が聞こえなくても手話や筆談でコミュニケーションをとる方法を考え、そうやって新しい日常を取り戻しつつあった。

やがて人々は次に来るであろう最悪な喪失に備え、目を覆って歩く練習を始めた。

そしてそれはある兆候をもって訪れた。

人々は言いようのない幸福感に包まれ皆誰かに温もりを与えようとした。

マイケルとスーザンはお互いに会いに行きすれ違うが、遂に出会う。

そして歩み寄る二人から次第に光が消えていき暗闇が訪れる。

しかし二人は息遣いで気持ちを通わせ、キスをしてお互いの頬に流れる涙に気付くのだった。

「パーフェクト・センス」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

パーフェクト・センスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

パーフェクト・センスのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パーフェクト・センス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×