映画:パーフェクトプラン完全なる犯罪計画

「パーフェクトプラン完全なる犯罪計画」のネタバレあらすじと結末

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画の紹介:2011年公開のアメリカ映画。雪に覆われた町を舞台に、予想のできない大惨事に巻き込まれる保険セールスマンの姿を描いている。グレッグ・キニア主演で贈るクライムサスペンス。脇を固めるのはアラン・アーキン、ビリー・クラダップ、リー・トンプソンなど豪華俳優陣。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

パーフェクトプラン完全なる犯罪計画の主な出演者

ミッキー(グレッグ・キニア)、ランディ(ビリー・クラダップ)、ゴルヴィー(アラン・アーキン)、ボブ・イーガン(デヴィッド・ハーバー)、ジョー・アン(リー・トンプソン)、レオナード(ボブ・バラバン)

パーフェクトプラン完全なる犯罪計画のネタバレあらすじ

【起】- パーフェクトプラン完全なる犯罪計画のあらすじ1

保険セールスマンのミッキーは、大会で今回も受賞して講習会を開いています。まずはカモを見つけることが大事だと説明します。そして賠償責任を問われ、恐ろしい目にあった人の例を紹介をすることで、成績を伸ばすことができるのです。
ミッキーは講習会に出席していたボブ・イーガンという男性とバーで会います。ボブは両替を頼んだ後に去っていきますが、現金を床に落としていきます。
拾ったミッキーに話しかける女性がいました。彼女は先程スロットで負けたことから、そのお金を有効活用しようと提案してきます。
ミッキーは彼女と飲みまくり、流れでモーテルの部屋に通すことにします。ここは、路面が凍結している真冬のウィスコンシン州です。彼女の友人の車は中々来ませんでした。
明日は早朝から会議で寝たいミッキーでしたが、彼女に体を許すことにします。目が覚めたミッキーは財布の中の現金を盗まれていました。
チェックアウトしていると、ミッキーは再びボブと会います。ボブは盗まれたことを聞いて、現金ならまだあると分けてくれます。
ボブはフィル・ピーターの代理人になる予定でしたが、ミッキーは自分ならもう5%は上げれると提案します。ミッキーとボブは、一緒にセールスに回ることにします。
ボブは最近、トラック運転手のフランクの補償内容を改善させてあげました。フランクはとても喜んでいて、友人で高齢のゴルヴィーに保険の紹介をします。
ゴルヴィーの家には、10万ドルで売れた絨毯など競売に出す様々な物がありました。ミッキーは家財に関する保険を提案しますが、ゴルヴィーは大事なのは犬のピーティーだけだと断ります。
ミッキーは妻のジョー・アンと別居中で、宿泊代やローンで金銭的に厳しくなっていました。
ミッキーの事務所にはカーラという事務職員がいました。ミッキーは会社だけでなく、個人の財務管理まで彼女に任せます。昇給のことを言われても、ミッキーははぶらかして彼女を小間使いにします。
カーラも将来は代理人になるのかなとボブが言っても、ミッキーは事務が向いているし女性だからと認めませんでした。

【承】- パーフェクトプラン完全なる犯罪計画のあらすじ2

ゴルヴィーから突然契約したいとの電話があり、ミッキーは自宅に向かうことにします。テレビが壊れたのが理由でしたが、ただコンセントが抜けただけでした。
ミッキーは30万ドルの補償プランを勧め、月々100ドルで良いのだと説明します。大量に集めた小銭でゴルヴィーが払おうとするので、ミッキーは記録が残ることから小切手のほうが良いと勧めます。
事務所に戻ったミッキーは、再びゴルヴィーに呼び出されます。またもやテレビが壊れたとのことで、補償で何とかするようにと言ってきます。これは受信料を払い忘れてるのが原因でした。
シカゴからバイオリン職人のレオナードがゴルヴィーの家を訪ねてきます。ミッキーはゴルヴィーを呼びますが、彼はうたた寝をしていました。
ゴルヴィーが出したバイオリンは貴重なものでした。後日2万5千ドルで購入の書類が来ていて、ミッキーはバイオリンで大儲けだなと言います。
ゴルヴィーはバイオリンなんてないと分かっていませんでした。目の前にあることに気づいてバイオリンをがさつに扱います。
ミッキーが10ドルで売ってくれと言うと応じてくれます。その代わり、銀行まで小銭の入金の手伝いを条件に出されます。
ミッキーは会社の3万ドル全てを妻と自分の口座に入れます。これで家に戻ることができて、妻とも上手く行きます。しかしカーラは怒ります。ミッキーは大口の仕事が見つかったから大丈夫と上機嫌です。
銀行の帰り道で、ゴルヴィーはレオナードからの手紙を見て売ることにしたと言い出します。ミッキーは息子が楽しみにしていて、自分に売ってくれと頼みます。
ゴルヴィーは、そうするとレオナードに何と言ったらいいのか困ります。ミッキーはレオナードに話しをつけに工房まで行きます。
レオナードは買い手の人物が貴重なバイオリンを所持していて、盗品さえも扱っていると言います。彼が3万ドルで購入し、レオナードは手数料として5千ドルをもらう予定でした。ミッキーは保証金として10%を受け取ります。
ミッキーは家に入れなくなってしまいます。大会の時に利用したホテルから、女性のイヤリングが忘れ物として家に届いたのです。それを見たジョーが激怒しました。

【転】- パーフェクトプラン完全なる犯罪計画のあらすじ3

ミッキーはバイオリンを店で購入し、ゴルヴィーのバイオリンに仕立てあげます。
ゴルヴィーが遠くに行くことから、ミッキーはピーティーをペットハウスまで連れていき、彼をバス停まで送り届ける役を申し出ます。
当日、ゴルヴィーは警報業者に警報装置の依頼をしていました。やってきたのはランディという男性です。
ミッキーはゴルヴィーを送り届けて戻ります。そしてランディを呼び出して、保険の書類を置き忘れたから警報を切って欲しいと頼みます。
バイオリンをすり替えていると、フランクが戸締まりの確認に家にやってきます。誤魔化すミッキーでしたが、持っているバッグを見られてしまい、警察に通報されそうになります。
ランディは衝動的になり、フランクを背後からトンカチで殴り殺します。重罪になることは確実で、ミッキーを道連れにすると脅し、カメラで写真を撮っておきます。
ミッキーは、死体を湖に沈ませる手伝いをさせられます。穴が大きくできないことから、死体をバラバラにしなければならなくなります。気持ち悪くてミッキーは吐きに戻ります。
モーテルから小切手が不渡りになったと連絡があり、ミッキーはカーラに持っていた現金を渡します。
モーテルにいた時に、現金を盗まれただけでなくカードも使われていました。2万ドルもの大金を使われ、限度額をオーバーしていました。
さらにランディから呼び出されて、車の中が血まみれでめちゃくちゃなことから、用具を新品にするので5千ドルを出すように脅されます。
ミッキーは金を貸してくれと妻に頼みますが駄目でした。車を売りに出しても、在庫があるので目標額に達しません。
レオナードはバイオリンを再査定してもらっていました。なんと125万ドルの価値があることが分かります。
ミッキーはそのことをボブから聞きます。丁度ボブが事務所にいた時にFAXが届いていたのです。そしてゴルヴィーにも連絡していました。
そこでボブはバイオリンの貸出をすることを提案しました。ミッキーはボブを解雇しますが、業者は既にゴルヴィーの家へと向かっていました。
ゴルヴィーは業者から、このバイオリンがオーストラリア製ではなく中国製だと聞きます。落胆していると、ピーティーの歯型がバイオリンにないことに気づきます。盗まれたと考えて警察を呼ぶことにします。

【結】- パーフェクトプラン完全なる犯罪計画のあらすじ4

ミッキーは警察に隣人のフランクが怪しいと話します。警察が調べたところ、フランクは書類上12年前に死んでいたことになっていました。やっぱりなと、彼はプロの泥棒か何かだったんだとミッキーは言います。しかしカーラは、あんなオマヌケな細工で、バイオリンを偽物に仕立てているのよと反論します。
ランディは一体バイオリンにどれだけの価値があるんだと追求します。
ミッキーが100万ドルと答えると、工房に忍び込むことにします。そこで書い手であるストーラー氏の連絡先を見つけます。
バイオリンを置いていた場所を調べると、フランクの長靴の足跡ではありませんでした。バイオリンの盗難の補償がおりて、ゴルヴィーは125万ドルの補償金をもらうことができます。
ランディはもうじき湖から死体が浮き上がってくるから、バイオリンを売るべきだと主張します。
ストーラー氏に連絡をし、駅で待ち合わせをすることにします。しかし、そこで死体の記事が新聞に載っていて、ランディはミッキーに引き上げるぞと急がせます。
ランディは怪しまれてはいけないため、外にあった大きなゴミ箱にバイオリンを捨てます。ミッキーは写真を渡すように頼みます。するとランディは写真を燃やして去っていきます。
ゴルヴィーに会いに行ったミッキーでしたが、本物のゴルヴィーと会います。彼は29年もの間、この家に妻と住んでいて、誰にも貸したことはないのだと言います。家具など全て変わっていました。
フランクも死んではいませんでした。頭に鉄板をつけていて、湖に沈める前に車から出ていっていました。湖に沈めたのは毛皮を剥いだ動物でした。
ゴルヴィーは全ての罪をミッキーになすりつけようとしたのです。活動資金はミッキーのカードの2万ドルでした。2万ドルはゴルヴィーのトウモロコシの会社の口座にいっていたのです。
ミッキーに代わり、カーラが彼の席に座っています。125万ドルはどこにいったのか分からなくなっていました。どうやら1万ドル以下の農場を細かく購入したようです。いわゆる資金洗浄が行われてたのです。
全ての黒幕はゴルヴィーであり、計画したのも彼でした。また、ボブも参加者の1人になります。
今回の大会で受賞したフィルに話しを聞きに行くと、ボブなんて知らないよとミッキーは言われます。ボブは監視役であり、事務所に侵入したり尾行する役割を担っていたのです。
参加者は全員で5人になり、ミッキーは最後の5人目のレオナードに掴みかかります。金について聞いても、レオナードはバイオリンが消えた以上、どうしようもないのだと言います。
ミッキーは暖かい南に行くことにし、出会った観光客に良い物件を紹介しています。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、どんでん返しな結末に驚かされてしまうことです。関わっていた人たちがグルで、まさか全て仕組まれたものだったとはと唖然となります。
また、最後だけでなく、途中から追い込まれていくミッキーの姿も面白くなっています。悲惨な出来事がどんどん重なっていくミッキーの慌てように目が離せなくなります。彼を演じたグレッグ・キニアの演技力が存分に発揮されていました。
全体を通して、ストーリーの作りが素晴らしかったと思いました。念入りに作り込まれていることから、展開が多くなっていて刺激的で面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「パーフェクトプラン完全なる犯罪計画」の商品はこちら